SHIINBLOG

うさペンの館

主にアニメの感想置き場です。

アイカツスターズ! 65話 「乗ってこ♪ヴィーナスウェーブ」 感想

アイカツスターズ! 65話 「乗ってこ♪ヴィーナスウェーブ」 感想

f:id:usapen3:20170720211630j:plain

f:id:usapen3:20170720211650j:plain

f:id:usapen3:20170720211702j:plain

f:id:usapen3:20170720211722j:plain

f:id:usapen3:20170720211738j:plain

f:id:usapen3:20170720211757j:plain

f:id:usapen3:20170720211813j:plain

f:id:usapen3:20170720211833j:plain

f:id:usapen3:20170720211845j:plain

f:id:usapen3:20170720211856j:plain

f:id:usapen3:20170720211909j:plain

もっと自由に我道を、ローラの魂の鼓動が星の翼を生み出した今回。
翼先輩からブランドを引き継いでからの続きといった形で物語が始まります。
サポート役に徹したのはゆめちゃんではなく、ドレスに理解がある小春ちゃん
以前の指導からの続きという形からはいり、ドレスをつくる技術とよべる部分をおもにローラに教えていました。
S4になる前まではゆめちゃんと一緒にかけあがってきた彼女でしたが、ことブランドに関してはほとんどゆめちゃんを関わらせていません。これにより、ローラ一人で歩んでつかみとったというのが強調されていましたね。技術を教わるのは小春が適任だけでなく、ローラ自身の歩み方も考えたからこそ、小春ちゃんだけにしぼったのでだと思います。
ただ完全にゆめちゃんとローラの関係は断ち切ってはいない、
やっぱりローラはゆめのことを守りたいし、ゆめはローラのことをすごいとはげませる関係である。そこを描写してあるので彼等は別々の道を歩んでいながらも関係性はなにも変わっていない。安心感を感じるやりとりがあったのは嬉しかったですね。
やはり最終的にはゆめロラですね。そこは絶対遵守です。
ローラが星の翼にいたった理由は、自由な発想で我道をゆこうと決意し、それが人の心を動かしたからです。ローラ好きの子供や、レンの言葉が以前のスパイスコーデやローラというものを思い返す様相になっており、よりローラの自由さがひきたった。
お話の構成のうまさというのもあって、非常にローラの主張というのが解りやすかったです。
ヴイーナスウェーブについては、エルザ主催のイベントであり、彼女が新たな星をみつける舞台である。エルザ自身わくわくするものがないと今までは個人的おもっていたのですが、新たな星をみつけることこそが、エルザのわくわくだと今回きずけました。
ローラのときもすげぇ楽しそうにしてたりして、ご満悦すぎる、彼女は彼女なりの欲求というものがあり、それが本来のエルザさまなのかもしれませんね。
スパイスコーデの後継者に任命から続くローラの物語。
その新たなるスタートの幕明けとしてふさわしい回でした。
次回はまだまだ続くよヴイーナスウェーブ。ゆめちゃんがなにをみせてくれるのか楽しみ。

 

今週のうさぎ

f:id:usapen3:20170720212105j:plain

うさあああああああああああああああ

ゆめちゃんがキングうさぎに。すばらしき王者の風格に心が震えた。うさぎ=王様、やはり素晴らしい。

 

 

 

NEW GAME!! 2話 「これじゃあただのコスプレだにゃー!」

NEW GAME!! 2話 「これじゃあただのコスプレだにゃー!」

f:id:usapen3:20170719202750j:plain

f:id:usapen3:20170719202802j:plain

f:id:usapen3:20170719202815j:plain

f:id:usapen3:20170719202834j:plain

f:id:usapen3:20170719202845j:plain

f:id:usapen3:20170719202856j:plain

f:id:usapen3:20170719202908j:plain

憧れと後悔が渦巻く中で選びとった答えとは。
キャラコンペ回はそれぞれの立場や気持ちがぶつかりあった非常に密度が濃いお話でした。
青葉は憧れでいて欲しいと思いながらも、まだまだ実力が足りないことにもやもやし、後輩でいるからと甘えたことで怒られてしまう。
八神は今まで自分がしてきたことを全否定されて、青葉にやつあたりしてしまう。
青葉と八神、先輩後輩の関係でありながらお互いに嫉妬心だったりもってしまう所が人間味あふれていました。
今までこの二人というのは、作品を通してぶつかりあうことはなかったのですが、今回はキャラコンペというぶつかりあいのなかで、そうならざるおえなかった。
先輩と後輩という関係だけではいられなくなったんですよね。
変わるがわる変化し気持ちがすれ違うのは辛くはあるんだけど、それは乗り越えなきゃいけない壁でもある。けしてフィクションだからと逃げなかったからこそ、今回のような人間味が生まれたのだと思います。
人間味っていう点では、ゆんちゃんも青葉のことを頑張っているのかっこ悪いと思っていたりと暴露してたりしているのもその最たる例です。
そしてその人間味こそが物語の摩擦をより一層高め、物語をより濃密にしてくれていました。
青葉が単純に努力したり、八神さんが先輩として導いてあげたりと、やろうと思えばできる方向性にいかなったのもよりリアリティを高めていたと思う。
企画者が提示している方向性とずれたことをしてしまえば、たとえ実力があったとしても落とされる。仕事ゆえのシビアな対応を盛り込んだことで、八神さんがヒーローでないことを語っていた。
あれはなかなかやれないことですよね。
やっぱり物語の登場人物達はヒーローであったほうが描きやすいし、この作品はきららで連載されている。きゃきゃうふふでも通るわけです。
しかしそれをしなかった。そこにわたしは強く惹かれるものがあった。
仕事としてどう対応すべきか。その中での葛藤とは、そういったものが伝わってくる。
それが別にストーリ上のエゴじゃなくて、キャラクターのエゴとして描かれているのも良かったです。
青葉と八神さんの共同でのキャラデザ。
最終的にお互いの足りない部分を補うラストは、どちらにとっても痛みがともないすぎないもので、良い着地点だったと思う。
あんなけどちらも頑張ってるんだからと肯定してあげるのは、作風にあっていると思えます。
ゆんちゃんの努力した成果はきになる所だけど、そこは尺の都合でカットされている。
ですがあまり不満はないですね。
物語の中心にいたのは青葉と八神さんであり、そこによりそった演出やカットをなされていたからでしょう。
映像、お話、キャラクター、どこをきりとっても良く、見ごたえのある回。
一期含めてみたなかで一番好きになれた回だと言わせるほどのクオリティでした。

NEW GAME!! 1話 「恥ずかしいところを見られてしまいました……」 感想

NEW GAME!! 1話 「恥ずかしいところを見られてしまいました……」 感想

f:id:usapen3:20170712205514j:plain

f:id:usapen3:20170712205531j:plain

f:id:usapen3:20170712205546j:plain

f:id:usapen3:20170712205600j:plain

f:id:usapen3:20170712205614j:plain

f:id:usapen3:20170712205623j:plain

f:id:usapen3:20170712205634j:plain

f:id:usapen3:20170712205645j:plain

f:id:usapen3:20170712205656j:plain

f:id:usapen3:20170712205717j:plain

f:id:usapen3:20170712205728j:plain

ついにやってきました第二期。
初回は、それぞれの目標、新しい意気込み、一年たってこれからなにをしていくかに争点があたった回でした。
青葉は村人以外のキャラを描くこと、キャラコンペに対する意欲をみせ、
ひふみんは意見を言えたと思ったら、キャラリーダーをまかされあわあわ、
はじめちゃんは自分が好きなものを詰め込んだ企画書にお熱、
ゆんちゃんは仕事は楽しめてるけどなんとなくで向上心がたりないことに悩む。
それぞれの主張の違いがみれるのが楽しかったり、フェアリーズトーリ3の成功にひたらず向上し続けようとする彼女達の姿をみていると元気をもらえますね。
大作が終わって小休止に入っても美味しい展開ではあったのですが、まず仕事とぶれないところが芯の強さにつながっているのやもしれません。
仕事に対する考え方とかが誠実で、一期と変わらず好感がもてました。
そうそう向上心といえば、一番驚かせられたのはののっちです。
ののっちがまさか自作のゲームを作って、バグのことを聞こうだなんて。
人って成長するもんやなって、感激してしまった。
これからゲームを作っていく、そういった視点があるとよりレギュラーメンバーのすごさというのも伝わるし、お話的にも膨らみが広がっている部分ですね。
また本作のまったりとした雰囲気は一期と変わらずで癒される。
新人社員がはいることをきにしたり、ひふみんはカメラで硬くなるし、ののっちとうみこさんはパフェデートだし、遠山さんはあいからわずの八神さんに対してのお熱ぷり。
かわいさの安定供給ぷりはあいからわずといった感じでした。
特に変化はないのですけど、それが良いといった作品なのでこれからも安心してみれそうだ。
画づくりについても主な変更点はそこまでないように感じる。
フェチアングルも大変よろしく、ひふみんは大変よい膨らみでした。
八神さんのパンツを映す長いカットはそこまでやるのって感じにはなったけどね.

f:id:usapen3:20170712205437g:plain

藤原監督が好んで使うハイライト回転も変わらず。
変わることも変わらないこともあるけど、期待は十分。
次回はからどうやって目標に向かっていくのか楽しみ。

アイカツスターズ! 64話 「星に願いを」 感想

アイカツスターズ! 64話 「星に願いを」 感想

f:id:usapen3:20170706221335j:plain

f:id:usapen3:20170706222251j:plain

f:id:usapen3:20170706221635j:plain

f:id:usapen3:20170706221402j:plain

f:id:usapen3:20170706221413j:plain

f:id:usapen3:20170706221427j:plain

f:id:usapen3:20170706221439j:plain

f:id:usapen3:20170706221450j:plain


一番星がつなぐ、夢への架け橋。
真昼の成長がレンをも成長させる。どこをきりとっても無駄無い、非常に見ごたえのある回でした。
真昼とレンの回はずいぶんと前に話になり、それまで二人は交流らしい交流もなく、お互いの立場が変わらなまま、シューティングスターとしてレンが活動をしはじめる。
なぜ今までの回で真昼とレンの関係を変えなかったのか。
この点においては、他のキャラも動かしたいというのもあったのだろうけど、レンガいつまでたってもそこに停滞しているということがよりエピソードとして伝わりやすかった。
基本4クールもので、レギュラーキャラと関わりのあるキャラは動かしたくなるものなんですけど、ここまでキュラを動かさなかったというのは、描きたいことにぶれがない証拠です。
他にもいろいろ尺の都合とかあるのだろうけど、それを上手くてつかってレンの停滞を描こうとした。
この回だけでない積重なというのが、停滞という形でだしてきのは、思いっきりの良いことをしたなぁと思います。
レイが活動してからは真昼がレイをもちあげまくるんですけど、以前のアドバイスだったりで実力は認めているので、そこは自然だった。
夜空は月、夜空は星。
共通の視点からそれぞれ違うものがみえている。
なぜこの時違うのかは、やはり目標していたかどうかって所なんでしょうね。
この二人同じようなことをして、同じ人とかかわっているのに、ちょっとずつ違うっていうのが他のメンバーにはない距離感が生まれているのだと思う。
それがまたなんともこの二人がベストパートナーだったり、自然体で二人がいるんだなぁと感じる要因なのだと思います。
「技術はパーフェクト、でもあっとうてきに足りないものがある。これ以上わたしを失望させないで」
エルザの失望宣言は、シューティングスターになった後でも高みを目指そうとしないレンだったからでしょうね。
夜空の発言からつなげていくと、ライバルを欲してるからということに今度なってくと、エルザとレンも熱いものになっていくかもしれんね。
エルザの失望発言をうけてレンはこれまでのことを語る。
レンはエルザをかがやかせることに喜びをみいだし、自分自身が輝くことをあきらめた。
レンというキャラクターはそもそも前回で語られている部分まで含めると、自己の表現ないキャラです。
足して真昼というのは自己表現の塊みたいなキャラ。
そこが真昼とレンの違いを大きく別けているポイントですね。
「自分を犠牲にするひつようはない
強い星があるのならば、自分もその星に負けないくらい輝けばいい」
それは真昼のこの発言でも解りますね。自分が輝くことの大切さとういうのは輝いた真昼がいうからこそ説得力あります。
「エルザさんはすごい。でもあきらめようなんて思いませんでした。
わたしたちは輝く星をみたら、みんなで努力して高めあうんです。いつのまにか自分も輝いているから」
ゆめちゃんは周りと高めあうことで自分も輝けると伝えている。
ゆめも真昼も最終的には自分を輝かせることにつながっているのですが、そこにたどりつくまでの方法が違っている。
こういった所に個性だったり、その人の主張がみえてきて、個性感じるやりとりでした。
真昼に誘われライブをみにいき、夜空と対面。
そこで話したのは真昼をどうみているかということについてでした。
「夜空のことを一番星といっていた。つまり真昼にとっての夜空は、わたしにとってのエルザなんだよ、絶対的な輝きをもつ道しるべ」
「うーん、それは少し違うかな。わたしと真昼はライバルでもあるの。でもエルザちゃんいはライバルはいないでしょ」
「とうぜんだよ」
「だとしたらエルザちゃんって孤独かもね」
「孤独、エルザが」

かつては一番星と新人モデルの関係だったと話し、
「でもね必死の努力を続けて、ついにはわたしを追い越したの。
わたし真昼の成長が嬉しかった
それにあの娘がいたから、必死に追いかけてくる真昼がいたから、わたしも頑張れたの。
ライバルの存在ってとっても贅沢なものなのよ。
いまではわたしは真昼の一番星」

エルザと夜空が同じだというレンに対し、夜空は真昼は一番星になったことを告げるこのやりとりは、言葉のチョイスと共通させている部分といい、まとまり具合がすごいです。
この部分だけみて、このお互いの関係とか、あこがれとかがわかってしまう。あこがれの変異がガンガン伝わってくるんですよね。まずそこがすばらしかったと言っておきたい。
さらに言うとこの部分で大切な言葉というのはライバルの存在ですね。
レンはライバルらしいライバルがいなく、エルザに対しては一ファンとしての存在でしかなかった。それが夜空の言葉によって高めあうライバルの大切さにきずくことができたのは、レンにとって大きな収穫となるでしょう。
これま真昼とも関わってくることなんですけど、ライバルがいるなかで高めあうというのは変わらないでしょうね。
しかし夜空とレンが違うのは、レン側も技術ではなく精神面においてひっぱれる要素も多そうで、この先の姿をみてみたいと思える要素が多かったです。
そこからの真昼のライブでスタープレミアムドレスになるという展開は、非常に驚いけど、逆にそれが当然のことように受け入れられた。
誰かの強いあこがれというのは、人を強くする要素だからなのかな。
理屈のある説得力よりも、展開による説得力の強さが光っており、このあたりの物語の構成力はさすがというほかなかった、まじ熱かったわ~
「夜空わたしも輝くことができるかな」
「あなたの気持ちしだいよ」
真昼のライブが終わった後の締めくくりのレンの憧れをふくらませる言葉も見事でした。。
憧れをいだかずにはいられない、それを二人だけで終わらず、複数の共通点でみせきったのは本当にすばらしい回でした。
最後の夜空と真昼のやりとりも、すげぇよかった。
今後の二人の活躍が楽しみ。レンの覚醒はまた盛り上がりそうだ。

2017年春アニメ 印象に残った作画、うさかわいい 画像&GIFまとめ 《6月版》

2017年春アニメ 印象に残った作画、うさかわいい 画像&GIFまとめ 《6月版》

f:id:usapen3:20170608221939j:plain

 

印象に残った作画

f:id:usapen3:20170702143239j:plain

f:id:usapen3:20170702143254j:plain

f:id:usapen3:20170702143310j:plain

f:id:usapen3:20170702143321j:plain

ローアングルのカット。下品じゃなくて清潔な感じがでてるの良いっすね。後、ゆびの間接とか陰影とかさりげない仕草とか単純に描き方が上手かった。

 

僕のヒーローアカデミア(第2期) 23話 「轟焦凍:オリジン」

f:id:usapen3:20170702121824g:plain

f:id:usapen3:20170702122249g:plain

強力な一撃をぶつけあうシーン。風圧を演出することで迫力をだすのは、この作品の得意とする所ですね。

また手の平の表現により力が入っているのが印象的でした。

 

 

冴えない彼女の育てかた♭ #11 「再起と新規のゲームスタート」

f:id:usapen3:20170702122225g:plain

f:id:usapen3:20170702122339g:plain

 

涙のこぼれかた、眼鏡に貯まる涙。辛い感情を溜め込んでいると解る表現。

そして恵の芝居は今は泣かせてあげってぐっとこらえる。

とにかく動かすのではなく、ぐっと溜めた演技がより感情をひきたたせているのがうまかったです。

 

リトル ウィッチ アカデミア(TVシリーズ) 25話 「言の葉の樹」

f:id:usapen3:20170702134857g:plain

変身しつつもミサイル攻撃を回避する。

激ウマすぎるでしょ。すごかったな~

 

f:id:usapen3:20170702134722g:plain

流星が流れ、朝夕夜へと移りかわる。

タイムラプス撮影(長時間の事象の変化を短時間で表現すること)することで、時間や距離の大きさを表現できている。

画面としての見栄えもとても美しく印象に残った。

 

 

うさかわ作画

冴えない彼女の育てかた♭ #11 「再起と新規のゲームスタート」

f:id:usapen3:20170702151307g:plain

エリリは犬耳なのですけど、さすがのわたしもこのシーンはピックアップ。

これはすごい、耳でビンタというのが……羨ましい!

これがうさみみだったらと妄想するとうさ最高ですね。

 

キラキラ☆プリキュアアラモード 19話 「天才パティシエ!キラ星シエル!」

f:id:usapen3:20170702142437j:plain

ロングデラパン うさぎのたわむれ

上品なうさケーキですね。

 

サクラクエスト 10話 「ドラゴンの逆鱗」

f:id:usapen3:20170702143625j:plain

うさ粘土

 

神撃のバハムート VIRGIN SOUL 10話 「The Way She Was」 感想

f:id:usapen3:20170702144153j:plain

雪うさぎ

 

 

リトル ウィッチ アカデミア(TVシリーズ) 23話 「Yesterday」 感想

f:id:usapen3:20170702142326j:plain

f:id:usapen3:20170702141245j:plain

リスからうさぎに。変身うさぎさん。

 

かみさまみならい ヒミツのここたま OP2

f:id:usapen3:20170702095229j:plain

映画の番宣から変更。ついにOP登場したうさ神様。

毎回みられる幸せというのがうさ嬉しいね。

 

かみさまみならい ヒミツのここたま 86話 「ちちんぷいぷいイリュージョン!?/モグタンただいま修行中?」

f:id:usapen3:20170702100230j:plain

うさ看板。

 

終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? 10話 「いまこの時の輝きを」

f:id:usapen3:20170702150624j:plain

うさぐるみ 

 

ひなこのーと 9話 「がっしゅくします」

f:id:usapen3:20170702095125j:plain

f:id:usapen3:20170702095217j:plain

うさぐるみ。もふもふがうさ良いですね。

 

ひなこのーと 10話 「ぱぱぱれーど」

f:id:usapen3:20170702100350j:plain

f:id:usapen3:20170702100402j:plain

f:id:usapen3:20170702100428j:plain

f:id:usapen3:20170702100527j:plain

f:id:usapen3:20170702100538j:plain

f:id:usapen3:20170702100551j:plain

f:id:usapen3:20170702100601j:plain

あざとすぎるけど突き抜けていたのが良い。

うさバニーがうさエロかった。

 

武装少女マキャヴェリズム 10話 「恐ろしき刃「因幡月夜」」

f:id:usapen3:20170702100923j:plain

うさ気迫。

可愛すぎる月夜ちゃんのギャップもあって、よりうさ強さがひきたっていました。

 

 

アリスと蔵六 9話 「チェシャ猫の笑う場所

f:id:usapen3:20170702143930j:plain

うさ壁掛け

f:id:usapen3:20170702143810j:plain

f:id:usapen3:20170702143955j:plain

うさぐるみ

 

アリスと蔵六 10話 「小さな女王」

f:id:usapen3:20170702141338j:plain

f:id:usapen3:20170702141354j:plain

f:id:usapen3:20170702141415j:plain

f:id:usapen3:20170702141429j:plain

f:id:usapen3:20170702141444j:plain

f:id:usapen3:20170702141106g:plain

f:id:usapen3:20170702141022g:plain

うさマジシャンのうさマジック

 

アリスと蔵六 12話 「ただいま」

f:id:usapen3:20170702141518j:plain

うさくだり

f:id:usapen3:20170702140118g:plain

うさぎ跳びでポストに入る。

f:id:usapen3:20170702140619g:plain

うさもぐら叩き

f:id:usapen3:20170702140705g:plain

うさみみ撫でと、うさ泣き。

うさマジシャンのうさ豊富さに感謝。

アリスの夢の中でしかできないようなうさアクションをしつつも、飛んだり耳をピクピクさせたりうさぎらしさを忘れないのがうさ良かったです。

 

サクラダリセット 11話 「ある日の春埼さん」

f:id:usapen3:20170702144124j:plain

f:id:usapen3:20170702150322j:plain

f:id:usapen3:20170702150412j:plain

未来さん、あいからわず素晴らしいうさみみだ。

もっと登場してくれるとぴょんぴょんしがいがあるのですけれども、贅沢はいえないね。今後の活躍も期待。

 

 

アイカツスターズ! 59話 「あなたにも輝きを」 

f:id:usapen3:20170601213001j:plain

うさああああああああああああああああああああああ

ゆめちゃん、釣りうさぎでたこさうぎさんに。

ただどさえ潮風に揺れるうさみみという妄想うさぎできる状況になのに、さらにそこからたこさんで攻めてくるとは、

 

たこさんも吸いつきたいほどうさみみの魅力がうさ素晴らし。

このうさシチュエーション、やりおるなぁ。

 

f:id:usapen3:20170601213032j:plain

うさああああああああああああああああああああああああ

花とうさ笑顔。どちらも明るくお互いを引き立てる姿が、とてもうさ素晴らしかった。

より自然に近い形がうさぎさんらしい所もポイントですね。

 

 

アイカツスターズ! 60話 「密着!エルザフォルテの世界」

f:id:usapen3:20170609020326j:plain

レンちゃんとうさぎさんは友達!

抱きつきがいのあるうさぐるみさんでした。

 

f:id:usapen3:20170608221939j:plain

f:id:usapen3:20170608221958j:plain

f:id:usapen3:20170608222011j:plain

うさあああああああああああああああああああああああ

美しすぎるうさみみやべぇえええええ。そしてアリスへと憧れをつないでいくうさシチュエーションも強すぎる。

憧れうさぎからうさ百合へとつなぐ、うさコンボがうさ最高でした。

この二人の関わり大好き。ゆめお姉さまとかアリスちゃんがいわせたり、妄想うさぎ的にも美味しい。再び出会って、また百合ってくれるといいなぁ。

 

 

 

アイカツスターズ! 61話 「好きってキモチ」

f:id:usapen3:20170615212223j:plain

f:id:usapen3:20170615212234j:plain

ゆめちゃんとうさデート!

こんなんぴょんぴょんするしかないやん。

素晴らしきうさシチュエーションでした。

 

 

 

アイカツスターズ! 62話 「ゴーイング・マイウェイで♪」

f:id:usapen3:20170622214133j:plain

f:id:usapen3:20170622215127j:plain

f:id:usapen3:20170622215137j:plain

f:id:usapen3:20170622215151j:plain

うさあああああああああああああああああああああ

うれし涙を流しながらローラに抱きつくゆめちゃん。

スパイスベアーでほっぺをおされるローラのアクセントだったりと、やりとりの細かさが光ります。そしてなんといってもうさみみが、そううさみみが強調されております。

うさみみにはじまり、うさみみに終わる。飛び跳ねたくなるほど嬉しいということ伝わるうさぎらしさも、うさ素晴らしいシーンでシーンでした

 

 

アイカツスターズ! 63話 「ツンドラから吹く熱い風」

f:id:usapen3:20170629211627j:plain

f:id:usapen3:20170629211648j:plain

f:id:usapen3:20170629211659j:plain

f:id:usapen3:20170629211712j:plain

うさヒーロー見参。うさかっこええなぁ。

アイカツスターズ! 63話 「ツンドラから吹く熱い風」 感想

アイカツスターズ! 63話 「ツンドラから吹く熱い風」 感想

f:id:usapen3:20170629211458j:plain

f:id:usapen3:20170629211513j:plain

f:id:usapen3:20170629211524j:plain

f:id:usapen3:20170629211541j:plain

f:id:usapen3:20170629211553j:plain

ゆずと一緒に夏を過ごすために奮闘劇となるはずでしたが、いろいろと振り回されすぎて地に足がついていない話になっていた。
戦隊ものにいきなりなったり、リリィ先輩のためにファンが光をともしたり、場面場面が面白いんですけど、リリィ先輩の頑張った成果がみられないのが非常に手痛い。
夢落ちでギャグ方向なんだろうけど、その方向にいきすぎたきがする。
眠れなくなるほどリリィ先輩は頑張ったんだから、多少なりともむくわれて欲しかったと思うのがファンとしての気持ちかな。
ゆずのためにリリィが頑張る抱き合うシーンまでの期待値は高いんですよね。
ちゃんとその方向性でやってくれるだけで良かったのに、どうしていろいろハプニングだらけになってしまったのか解らん。
戦隊のりのふりきれた感じも面白く、話の方向性も良いのに惜しい回としか。まぁこれ以上はぐちになるでここらで終わりにしときましょう。
次回は七夕、レンと真昼。いよいよきましたって感じで楽しみです。

 

今週のうさぎ!

f:id:usapen3:20170629211627j:plain

f:id:usapen3:20170629211648j:plain

f:id:usapen3:20170629211659j:plain

f:id:usapen3:20170629211712j:plain

うさヒーロー見参。うさかっこええなぁ。

ゼロから始める魔法の書 12話 「ゼロから始める魔法の書」 感想

ゼロから始める魔法の書 12話 「ゼロから始める魔法の書」 感想

f:id:usapen3:20170627212308j:plain

f:id:usapen3:20170627212324j:plain

f:id:usapen3:20170627212336j:plain

f:id:usapen3:20170627212349j:plain

f:id:usapen3:20170627212404j:plain

f:id:usapen3:20170627212425j:plain

f:id:usapen3:20170627212437j:plain

f:id:usapen3:20170627212448j:plain

すべてはゼロになり、それぞれの新しい道がはじまる。キャラとのやりとりにより、はじまりと終わりの変化もみせてくれた最終回となりました。

ゼロや傭兵なんかの物語はまだまだ続いていくからかあまり今回の騒動の主役にはなりきれず、最終的にはアルバスとホルデム、そして13番へと物語の主導権が渡ったまま終わりました。
ゼロは魔法を消失するキーとして、傭兵は守るべきものとして、物語には介入しているのですが、この戦争を止めたいという意思はアルバスとホルデムよりかは劣る。
ゼロの魔導書が事件の発端というので理由にはなっているのですが、どうしてもソーレナとの絡みが薄いせいで、エピソードとしてなにか与えられているわけではない。
ホルデムとアルバスはソーレナとの関わりが深いだけあって、最後まで葛藤するし、13番の処遇にもリンクしている。許されざる敵がいながらも許し、それぞれの道を歩んでいく。ほぼ理想の形を体現してくれていたと思います。
また、国家と魔導師団、その狭間で双方によびかけながら魔法を消すか、継続するかを説く。
傭兵とゼロ達が悩むべきは魔法を消すべきかどうか、前回言っていたような展開にはならなかったですね。この点については単純に妄想爆発させて自分が読み間違えたということでいいです。個人の主張が強いまま物語を最終的にみてしまった。
ですが本作においてはそれは間違いじゃないと思っています。
本作なにかと丁寧な部分が多く、登場人物たちと物語の方向性がリンクしている所が多い。
その期待値を考えるとずれた見方をしたとは思ってないです。
満足いく所まではいきませんでしたが、十分に本筋は楽しむことができました。
レニアス全土の魔法の却下と、13番がすべての黒幕だとすることで平穏をつかんだ。
とりあえずの解決という形になったのですが、果たして双方の問題が解決したといえるのはなんともいえない所。
とりあえずの終わりとしては、妥当な所に落ち着いたのかな。
最後のアルバス君のキスは、あれだけ傭兵と激しくぶつかりあっていた仲だということで感慨深かった。
嫌われて突き放され利用されたアルバス。けれど傭兵と過ごした日々は意味があるものだった。最終回としてふさわしい。
たいしてゼロと傭兵の旅立ちは、彼等らの新たなスタートという形になっており、長い序章の終わりをようやく迎えたように感じました。
「我輩のものになるのは嫌か」
「俺はもうお前の傭兵だろうがよー」
仲の良い夫婦って感じで隙がねぇ。末永くお幸せにと言った感じなんだろうけど、そうはいかないんだろうな。その辺りは原作をみて保管しときま~す。
アルバスとゼロとの関係がどれほど仲の良いものに変わったのか。いがみあいからお互いを信頼しあえる関係に変わるというのは、大きな変化としてこの物語をかざるにふさわしいものでした。
ゼロから始める魔法の書、物語の進め方で丁寧で心地良い作品でした。
制作に携わったスタッフの方々、ありがとうございました。