うさペンの館

主にアニメの感想置き場です。

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期) 50話 「彼らの居場所」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期) 50話 「彼らの居場所」 感想 天使たちによって翼をもがれた悪魔の最後。オルフェンズ最終回は主人公らしくだとかではなく、団長が守りたかった居場所を守る男たちの生き様が描かれました。なにも大義がなくて…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期) 49話 「マクギリス・ファリド」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期) 49話 「マクギリス・ファリド」 感想 オルガを失ってからの鉄華団と、マクギルスの最後。それぞれの軸で物語が進み、明暗がわかれた回でした。オルガを失った鉄華団は報復を願う団員がいるものの、三日月の言…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期) 48話 「約束」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期) 48話 「約束」 感想 マッキー勧誘計画、そしてオルガの死、そんなこんなんで終盤への幕引きへと向けてお話を進めていく書いでした。マッキー勧誘計画は、強い力こそが正義だと思っているからなんでしょうかね…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期) 47話 「生け贄」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期) 47話 「生け贄」 感想 火星についてすぐにドンパチということにはならずに、現状鉄華がおかれていることが語られる。悪人とされ、資金ぶりも悪く、団としての運営もままならない。マクギルスの態度に失望して…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期) 46話 「誰が為」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期) 46話 「誰が為」 感想 火星までの撤退戦となった今回、強さとはなにかと戻れぬ道に対するそれぞれの意志、大まかにわけて二つのテーマを掲げられました。機械のように邪魔をするものだけを倒す三日月と、人間…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期) 45話 「これが最後なら」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期) 45話 「これが最後なら」 感想 報復によるダインスレイブの包囲攻撃、シノの最後。ギャラルホルンとの戦いが激化して、ロボットメキメキ動いてくれたのが嬉しい回でした。味方と敵のやりとりは特に真新しい所…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期) 44話 「魂を手にした男」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期) 44話 「魂を手にした男」 感想 自分で選んだ戦場が選ばされた戦場か。今回はそんな選択の狭間の中で揺れ動く人達の模様をお送りしていた回でした。マクギルスがバウルの圧力で旧体制を重んじるものを味方に引…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期) 43話 「たどりついた真意」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期) 43話 「たどりついた真意」 感想 ついに動き出したマクギルスという回でした。過去のマクギルスのことだとか、今回の主役はお前だという優遇ぷり。暴力によって組み伏せられていたものが、暴力によって居場所…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期) 42話 「落とし前」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期) 42話 「落とし前」 感想 ジャスレイ戦。こちらの憎しみをぶつけすぎることもなく、あっさりと殺す。次回への布石のためという感じが強い回で特になにかいうことないですね。特に強敵でも、味方側に感情移入す…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期) 41話 「人として当たり前の」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期) 41話 「人として当たり前の」 感想 ナゼとアミダが死んでからの、幸せを感じフラグを立てまくったラフタの死。あっけないけどそれがヤクザものって感じでしたね。とまぁ、ここからころころと転がり落ちていく…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期) 40話 「燃ゆる太陽に照らされて」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期) 40話 「燃ゆる太陽に照らされて」 感想 ナゼとアミダの死。鉄華団が追走して撃沈することもなく、綺麗な死に方でした。前回の流れから言って主人公側の人達は良い人で今回は終わるんだろうと予想していたとお…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期) 39話 「助言」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期) 39話 「助言」 感想 特番挟んだので、新年初ガンダムとなった今回。前回のモビルアーマー戦とはうってかわって、いよいよタービンズとナゼさんの話へと切り込んでいきます。最終クール一発目からこれ。いよい…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期) 38話 「天使を狩る者」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期) 38話 「天使を狩る者」 感想 悪魔となったバルバドス。なにか強力な武器がつかえるわけでもなく機体の限界性能をあげて、速度でおしていく戦闘は、これまでの戦闘を一変させすぎない絶妙なラインでおさまって…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期) 37話 「クリュセ防衛戦」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期) 37話 「クリュセ防衛戦」 感想 ガンダムフラウロスの変形。 重量を感じる前傾姿勢や、土埃がぐっと画面を引きたてていた。 かっこええよねぇ。 まだまだ続くよモビルアーマー戦は、ガンダムフレームの不調やイ…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期) 36話 「穢れた翼」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期) 36話 「穢れた翼」 感想 今回は猛攻MAといった感じで、イオクさまの部下が犠牲になり、農業プラントを破壊したりと、今までのMS戦とは違う、異質な強さをその人ならざる力をみせつけていました。いままでの…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期) 35話 「目覚めし厄祭」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期) 35話 「目覚めし厄祭」 感想 モビルアーマーの再起動により、大きく物語の秘密が明らかになった回でした。厄災戦と対モビルアーマー用に開発されたガンダムフレーム。なぜバルパトスが眠っていたのか、その秘…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期) 34話 「ヴィダール立つ」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期) 34話 「ヴィダール立つ」 感想 火星に戻ってきてからの新勢力増強と、鉄華団の士気の高さ。地球での教訓があるからこそ、そこはびしっとしまってたなぁ。物語の出来事がしっかりと今後のキャラの成長にしっか…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期) 33話 「火星の王」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期) 33話 「火星の王」 感想 地球支部の事後処理という形で進んだお話。悔やんでも悔みきれないその意志のいくさきざきが、それぞれのキャラクターで描きわけられていたなぁ。タカキについてはなんと鉄華団をやめ…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期) 32話 「友よ」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期) 32話 「友よ」 感想 地球支部編決着。今回は前回のじっとりとした戦場から一転して荒々しく動き回り、鉄血の名を冠するにふさわしい内容でした。マクギルスを追い詰めるタカキの意地、アストンの死、三日月の…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期) 31話 「無音の戦争」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期) 31話 「無音の戦争」 感想 膠着状態。一見にしてその言葉からは動きが見えてこない戦いにおいて、戦士達の思惑が交差し続ける、今までとは違う戦場の様相が面白かった。今回犬としてガランにこき使われ続けた…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期) 30話 「アーブラウ防衛軍発足式典」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期) 30話 「アーブラウ防衛軍発足式典」 感想 鉄華団地球支部を中心にそえた物語。主役がタカキということもあり、いつものような頼もしさがないお話になっていました。今までと違う引っ張るのではなく、振り回さ…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期) 29話 「出世の引き金」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期) 29話 「出世の引き金」 感想 夜明けの地平船団、サンドバルとの決着。みつどもえの戦いは、高起動でうごきまくるエース同士の戦いが熱い。アリアンロッドと鉄華団同志の事実上の初対決といえ、両者の因縁を深…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 28話 「夜明け前の戦い」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 28話 「夜明け前の戦い」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期) 27話 「嫉心の渦中で」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期) 27話 「嫉心の渦中で」 感想 三日月の悪魔ぷりを体感し、夜明けの地平線との戦いの準備を整えていく。その中で今回描かれたのは、子ども達の暴論であったり、無力さにうちのめされた思い出であったり、一期と…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 26話 「新しい血」

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 26話 「新しい血」 感想 第二期のスタート、まずはその後の各キャラの立ち位置と変化、それぞれの情勢をじっくりとやる手堅い一話でした。子供達が戦場に投入されるようになり、ギャラルホルンに報いたことがプラスば…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 25話 「鉄華団」 感想+総評+改案

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 25話 「鉄華団」 感想+総評+改案 マクギルスがガエリオを殺す。怒りの中では愛も友情も届かないという冷たい彼の言葉は容赦がないなぁ。裏切られたガエリオの演技も相まって、感情が揺さぶられるシーンになっていた…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 24話 「未来の報酬」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 24話 「未来の報酬」 感想 命をかけるチップだといい士気をあげるオルガはただ気持ちだけでなにかを成し遂げようとする。こんなのは間違っている。だけど止められないメリビットの振るえと涙に共感できるような作りに…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 23話 「最後の嘘」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 23話 「最後の嘘」 感想 子供達の暴走。3話と同じ決闘というシチュエーションだけど、今回は応じない。急いでいるから邪魔というよりもみかずきが殺したいからふういちをする。オルガに従うではなく自分に意思による…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 22話 「まだ還れない」 感想

ビスケットの死をうけ、うなだれる子供達。仲間の死による傷を丁寧にあつかっていた。 その中でうなだれず前を向く大人達、ラフタ達、クーデリアがいるのは子供達の対比され、死生観を身につけているからこその違いになっていた。 そしてリーダーであるオル…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 21話 「還るべき場所へ」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 21話 「還るべき場所へ」 感想 カルタとの戦闘。 偵察部隊をおくり、戦力の弱い部分をあらかじめつくり、罠を張る。 しっかりとした戦術を駆使し、鉄華団として行動をみせきれていたのが良かった。 三日月が通信を聞…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 20話 「相棒」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 20話 「相棒」 感想 アインのアラヤ式のフラグをたてつつ、 カレイに驚き、地球の海を満喫したりとゆったりとした場面も多かったこの回。 息抜きしてる姿は可愛らしかった。 メインの話の進行、まかないじいさんは失…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 19話 「願いの重力」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 19話 「願いの重力」 感想 カルタさんが幼なじみ設定掘下げるんだという緩い導入ありつつの大気圏突入戦。 上手くやれるか葛藤していたユージンがブルワーズ船を盾にしてチャフをばらまき陽動したり、ラフタちゃん達…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 18話 「声」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 18話 「声」 感想 演説はとりあえず、アフリカンユニオンの要請によってなんとかギャラルホルンに阻止されることなく伝えられる。それがなかったら、『革命の乙女』が先導するテロ組織のたわごとになってた所。 手の…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 17話 「クーデリアの決意」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 17話 「クーデリアの決意」 感想 今回はひさしぶりの戦闘回。主役ではなく完全にわきになっていたガンダムの活躍は嬉しかったなぁ。遠距離戦での緊迫感はあいからわずないけど、動いて殴ってくれるだけでもういいです…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 16話 「フミタン・アドモス」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 16話 「フミタン・アドモス」 感想 フミタンの死。 彼女の死、自体は別れをその前に大量に描いたから劇的というふうにはならずに意外とあっさり自分の中では流れたけど、演技と劇半による死に際の演出は良かった。 か…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 15話 「足跡のゆくえ」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 15話 「足跡のゆくえ」 感想 クーデリアさんと間違えるとんでもない失態により アトラちゃんが拷問される展開は、突っ込めたけどまぁもうええわ。 オルガ達がするする脱出できるほうが盛り上がりにかけたし、緊迫感は…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 14話 「希望を運ぶ船」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 14話 「希望を運ぶ船」 感想 OPED変更、きになったのは うさみみ機体ですね。うさぎに飢えているので早くでてきてくれ頼む。 フミタちゃんはやっぱりスパイ ビスケット兄のサバラン兄さん登場 コロニーも同じように格…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 13話 「葬送」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 13話 「葬送」 感想 人殺しを楽しんでいる クダルカネルの言葉によっての、ミカズキが疑問をもたせるのは上手かった。 節目になりうる回だったので、単純にやってくれて良かった。 アキヒロのシーンは、グシオンに特…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 12話 「暗礁」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 12話 「暗礁」 感想 暗礁宙域。デブリ帯での戦闘はデブリの影に隠れたり、砕いたりとその地形を上手く使ったもので、その場に適した魅せ方ができていた。 Aハブリアクターの重力にひきよせられる館内の重力をつくって…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 11話 「ヒューマン・デブリ」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 11話 「ヒューマン・デブリ」 感想 クダルカネル操るグシオンのハンマーでの強襲。マサヒロとの戦闘。戦闘の尺をかなりとってくれたMS戦はタカキ君のおかげでいつもよりは緊張感あった。きびきびと動いてくれたのもよ…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 10話 「明日からの手紙」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 10話 「明日からの手紙」 感想 火星からのメールで喜ぶ人と、喜べないクーデリア家族というつながりをもっている立場と違いによる対比はひにくめいたものを感じられた。妹を学校にいれてやるタカキの頑張りをだしつつ…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 9話 「盃」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 9話 「盃」 感想 年長の子供たちは子供たちの考えで現状をとらえ大人である人を見習い、お菓子を残すという子どもたちにできることをし、クーデリアは戦争をおこすひきがねとなる責任を背負う。はめをはずすことで酔い…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 8話 「寄り添うかたち」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 8話 「寄り添うかたち」 感想 血と血が混ざりあるのが家族。その形はきまらない。 一夫多妻制のナゼゆえの懐の深さ。それゆえに鉄華団のよき理解者にもなりうるというのがいいね。子供を大切にする理由も赤ちゃんを産…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 7話 「いさなとり」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 7話 「いさなとり」 感想 ラフタ・フランクランドちゃんというらしい(公式サイトより) いい体つきですな!! タービンズのナゼテイワズの密接している。 本当ジャストタイミングな登場。 あんまり深く考えず物語のテ…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 6話 「彼等について」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 6話 「彼等について」 感想 厄祭戦と72体のガンダムフレームの説明を挟んでの日常回といった所。 弁当を配ったり、勉強教わる子供達の姿という穏やかな一時がかなりの尺を使って描写。クーデリア先生の先生ぷりは俺も…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 5話 「赤い空の向こう」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 5話 「赤い空の向こう」 感想 夜の見張りでふたりきりになる三日月とクーデリア 月はかすんでしまっている月がない世界になっている事が語られる。 火星にいる彼等だからこそ月をみたいという言葉の数々が良かった。 …

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 4話 「命の値段」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 4話 「命の値段」 感想 低軌道にあがってから、静止軌道からいく。静止軌道からなのか。まあ宇宙エレベーターの技術は使用してないし 別にここはスルーでいいか。 一個中隊規模の部隊が帰投していない若造とののしる大…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 3話 「散華」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 3話 「散華」 感想 みかづきによそわれたものにクーデリアが切った巨大な野菜が入っていたもじもじしたり声をあげたりしてはずかしがちゃうクーデリアちゃんがかわいかった アトラちゃんはみかずきがぴりぴりしてるの…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 2話 「バルバトス」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 2話 「バルバトス」 感想 モビルスーツを直接脳で処理をするガンダムバルバトス 網膜投影 アラヤ式の説明、インターフェイス、機体名の判明しつつ 前回の出撃前の状況をうつす。 2話にいれることで一話を短縮したで、…

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 1話 「鉄と血と」 感想 

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 1話 「鉄と血と」 感想 謎の数字PP315 幼少期から血を見て来た彼等。 銃撃と拳から流れる血。 鉄血というタイトルをダイレクトに伝えてきたシーンでした。 成長しても彼等の関係性は変化が無い様子だと会話からは伺え…