読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさペンの館

主にアニメの感想置き場です。

戦姫絶唱シンフォギアGX 8話 「向き合う勇気」 感想

戦姫絶唱シンフォギアGX 8話 「向き合う勇気」 感想

 

f:id:usapen3:20150826204457j:plain


いままで放りぱなしでより戻そうとするし、カフェの会計は娘。

かなり酷い父とのカフェでのやりとりからAが始まる。

 

変わり果てたおとうさんのことをひきずったままの戦闘
切歌ちゃんと調ちゃんの心配をよそに、怒りをぶつける。

響はそれに落ち込み、

切歌も調もも険悪な雰囲気ぽいものに。この子らの回ぽいって感じで

話を切り替えてたなー

 

f:id:usapen3:20150826203942j:plain

f:id:usapen3:20150826204005j:plain

f:id:usapen3:20150826204015j:plain


シャワーシーン。ふーん、いい感じにみたいメンバーった感じ。

尺がきついギリギリの所でサービス旺盛な精神なのでありがたい。

後、一般的な家庭をしらないって、全員そうなんですよねー

アドバイス確かにできないわ。


とりあえず敵さんがおびき出してきたから

かばう切歌を
「違うです、調べが大好きだからです。大好きな調べだから傷だらけになることが許せなかったんです」

f:id:usapen3:20150826200900j:plain

狙いすましたような言葉ですね。この子らはこの押し方で間違いないしね。

 

f:id:usapen3:20150826201149j:plain

そして、この子ら意外とあっさり変身。

響、翼、クリスちゃん、マリア、よりもイグナイトモードの力が弱いから、

打ち勝ちやすかったと脳内変換。だってあいつらの方が意志の力強そうだからね。

それとも二人の百合パワーはイグナイトモードに打ち勝ちやすい

精神状態をつくりだしていたのかもしれないと、妄想しとこ。

後、前回妄想したマリアさんとの比較とかはやらんかったね。

というかもう尺きついからそんな打ち込めんか。

 

 

f:id:usapen3:20150826201716j:plain

二人でしばりつけてのシーンはかっこいいというか。

かっちり画面が決まってた。決める所は決めてくるね。

いい合体攻撃だったなー

 

「ごめんなさいの勇気を出すのは調一人じゃないですよ。調を守るのはあたしの役目です」

「きりちゃん、ありがとう。全部いつも本当だよ」

f:id:usapen3:20150826202229j:plain

きりしら言いすね!

ってことで、いいと思う、

あんまり今回は内面の葛藤というり、和解って感じだしね。

 

f:id:usapen3:20150826202548j:plain

そしてキャロルちゃんが棺が。

サービス旺盛シンフォギア現場。今日も1日煙さんおつかれさまです。

そして響の言葉をエルフナインちゃんから通して聞く。

やっとこういう描写か。ということは次あたりから掘り下げてくのかな。

 

今回は前半のひびきの父の話がまざった結果、

調と切歌の話が圧縮されすぎた印象を受けた。

それでも二人の百合よりな言い回しをまじえつつ、

収まる所には収まっていたと感じたな。

しかしピンチにさらされてるのを助けるぐらいしか

響の父さんは今の所、参加できないような感じ。

記憶というキワードがあるので、それ絡みだとは思うけどね。

次回はキャロルちゃんとエルフナインちゃんのことが解るようになってくるのかなー

と思いながら待ってようかな。