読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさペンの館

主にアニメの感想置き場です。

干物妹!うまるちゃん 12話 「うまるとみんな」 感想+総評

干物妹!うまるちゃん

干物妹!うまるちゃん 12話

「うまるとみんな」 感想+総評

f:id:usapen3:20150928214741g:plain

f:id:usapen3:20150928201742j:plain

車が家ということで、車の中をうまるワールドにかえてしまううまるちゃん

動きが縦横無尽でうまるちゃんらしさにあふれたシーンだった

 

兄ちゃんがで試乗で一般道を怖がって走れない
なにか傷つけてしまうことに恐怖感があるとかのなぁとか思ったりもした。
本当にこわがってただけだと思うけどね。

 

f:id:usapen3:20150928202647j:plain

スケジュール張をながめ海にいく日を楽しみにうぃてるきりえちゃんかわいい

 

f:id:usapen3:20150928210005j:plain

あああああああああああ、きりえちゃんがうさかわくなっている!

これはスタップ魚心ではなく、うさ心があることを確信しました。

 

f:id:usapen3:20150928203218j:plain

f:id:usapen3:20150928203201j:plain

海老名ちゃん今日もスチームラビットかわいい
うううまだお別れしたくないようと、思いながらみてた。

だってこんなにもうさかわいいんだ。そう思わないほうがおかしいに違いない。

 

 

f:id:usapen3:20150928203537j:plain

ついにボンバとであったきりえ氏。驚く表情がかわいい

けれどボンバは実の妹を顔をみないとわからない様子。

うまるワールドは視認能力がなかなか弱い世界だなぁと。

 

f:id:usapen3:20150928203749j:plain

こまるではなく、うまるちゃんと出会う。きりえ兄妹
いまだ別人と思っているもよう。まったく違う生物だしねぇ。しかたない。

 

f:id:usapen3:20150928203833j:plain

f:id:usapen3:20150928203843j:plain

きりえちゃんに威嚇してきて怯んじゃう海老名ちゃんかわいい

 

f:id:usapen3:20150928204030j:plain

江ノ島の海風によってなびく海老名ちゃんのうさみみがふつくしかった

 

f:id:usapen3:20150928204231j:plain

しらす丼に喜ぶ海老名ちゃん。
美味しいよね生しらす、と共感しておりました

 

f:id:usapen3:20150928204257j:plain

f:id:usapen3:20150928204306j:plain


ヒロイン勢の食べぷりかわいいなぁ

センターが太平というのがスタッフも解っとるんやなぁと思いました。

 

f:id:usapen3:20150928204447j:plain

おもわずおいしそうといっちゃう海老名ちゃんかわいい

 

f:id:usapen3:20150928204549j:plain

f:id:usapen3:20150928204608j:plain

兄貴と喧嘩している所をみられて怖がられだれとも話せないでいたのを

師匠とお兄さんのおかげで話せるようになり、

うまるが話かけてくれたことに感謝をする切絵ちゃん。

こうやって面と向かっていえて成長したなぁと思えたなぁ。

 

やっぱり魚大好きなんだきりえちゃん。プレゼントもタコだったりしてたもんね

 

「お兄さんが来てくれて嬉しくない妹なんていませんよ」

f:id:usapen3:20150928205351j:plain

f:id:usapen3:20150928205401j:plain

あまりにも良い子すぎる海老名ちゃんがあまりに天使しすぎた。

 

f:id:usapen3:20150928205553j:plain

水着回に突入
着替えシーンがないのは残念だけど

水着になったことに価値があると思うわざるえないね

 

f:id:usapen3:20150928205617j:plain

波に運ばれやって来たシルフィン

強引すぎる登場だけど最後に最後に来てくれて嬉しかったなぁ

 

「えーと確かえびこうじさんも」
「だから海老名ですぅう」

f:id:usapen3:20150928210302j:plain

久しぶりの海老名ちゃんとシルフィンのやりとりが微笑ましい

もっとやってくれてもよかったなぁとも思っりもした。

 

f:id:usapen3:20150928210359j:plain

うまるちゃんと遊べることで塩らしくなるシルフィンかわいい

 

f:id:usapen3:20150928210631j:plain

f:id:usapen3:20150928210648j:plain

f:id:usapen3:20150928210656j:plain

f:id:usapen3:20150928210704j:plain

f:id:usapen3:20150928210711j:plain

いいすなぁみんなで遊ぶすがた、そんな彼女達を見送りながら終!

f:id:usapen3:20150928210727j:plain

ではなく干妹ぷりを発揮してうまるちゃんらしいおわりかただった。 

 

ここからは最後のうまるちゃんS

f:id:usapen3:20150928220326j:plain

f:id:usapen3:20150928220339j:plain

f:id:usapen3:20150928220355j:plain

f:id:usapen3:20150928220407j:plain

f:id:usapen3:20150928220418j:plain

湯気が出ているから風呂回。お約束だからね! 

ということがひしひしと伝わりました。ないよかええんやないってことで終!

 

最終回だからといって特別なにかそれぽいことをするのではなく、
あくまで日常の延長線上で普段顔を合わせない同士が集まるというが

おわりだと感じさせず、まだまだ続いてくれるんだと思わせてくれて良かったな。

ああでも海老名ちゃんともアニメではお別れだ。

それだけはかなりダメージがでかい。

海老名ちゃん本当にうさかわいいかった最高だったよ!

 

 総評

まずはうまるフードのインパクト。

この作品を語るのはまずはここからといえるほど魔法のようにかわいらしくみせるすばらしいデザインで、うまるフードをかぶりうまるワールドを歩くうまるちゃんの姿はこのアニメの象徴といっていいだろう。

さらにキャラの配置が絶妙でもあった。

できないうざい兄のボンバ、

できる兄でオタク趣味のアレックス

うまく叱れず、褒めてもあげれていない、できない面もある兄の太平、

強く兄にやつあたりし、室内のうまるちゃんを相手にする妹、切絵ちゃん、

兄をおしたいし、外遊びのうまるちゃんを相手にする妹、シルフィン

兄に恋をして、外向きのときのうまるちゃんを相手にする妹、海老名ちゃん

対比関係を意識し、同じような感じにならないようにキャラを動かしていくことで、

兄妹とうまるちゃんの関係性を多種多様に楽しめるようになっていた。

 さらにうまるちゃんsでかわいらしいちびキャラで4人の掘り下げをしたり、各エピソードのテーマにそったはなしが展開されたりもして非常に観やすかった。

主人公役の田中あいみさんの演技はうまるちゃんそのものだといえる程あっていたし、

演技の移りかわりがあるシーンでも上手さが光、素晴らしかった。

そしてなによりも忘れてならないのはスチームラビットという新しい境地をあたえてくれた海老名ちゃんのうさかわいさにつきる。

ええこなのはモチロンなこと、ちょっと食いしん坊で恥ずかしがりや。でもあざとさは感じさせない。

素直な謙虚さと本物のすばらしいうさみみをを持ちあわせているからだといえよう。

本当にすばらしいうさみみをもった、うさかわいいキャラであった。

干物妹!うまるちゃん、素晴らしいアニメだった。