読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさペンの館

主にアニメの感想置き場です。

2015年夏アニメ ヘイト管理まとめ

アニメ総評・その他

2015年夏アニメ ヘイト管理まとめ

 

今期は多種多様で面白い作品が多かったですが、

見方によってヘイトが溜まりやすい作品も多かったといえた。

さらにヘイトの種類もヴァリエーションが多種多様だったので、分析のするためにもまとめてみました。

 

 ※注意

改善点やポジティブなことも書きますが、基本はネガティブなヘイトを吐く記事になっております。後これは見方を強制するものではないこともあらかじめ書いておきす。

わたしの場合は単に人が楽しめているのに、自分が楽しめていないほうが嫌なだけです。だからいろいろ見方を考えているだけです。

ようするに話が広がらないよりかは、広がった方がいい。

true tearsが楽しくないというより、楽しいと言えるような方がいい。それだけです。

嫌だと思ったらブラウザバック推奨だということを踏まえて、読みたい人は読んで下さい。

 

 

オーバーロード

人間味のあるモモンガの言葉の数々と、ゲームにのシステムよって人道的じゃなくてもいいという設定がより良く働き、攻めてもいい理由と、攻めの中にも弱さがある守りの部分がヘイトをためない要因になっていた。

その良さを活かして敵をなぎ倒すという爽快な話で、今期は爽快な作品が少ないという周りの手助けもあり、よりよい快感を得ることができるようになっていた。

ただ話でばかり語らせすぎて、アニメでのみせどころが少ないのでその点はヘイトを少しは貯めてしまうことはあるが、これは元はWEB小説なのでその点を考慮できる人には問題ないだろう。ダークナイト、魔法の演出等、戦闘において最低限なことはしていたのもヘイトを貯めない要因になっていた。

 

 

 ガッチャマンクラウズ インサイト

一期よりもさらに国民心理にもとずいた話がされ、そのための流れだとみることさえできればヘイトが貯まるということは少ない。本作のつばさが市民よりのキャラづけやスマホ投票などでそれにはきずくことができ、どんな見方をすればいいのか解らないという人は少ないだろう

ただその流れをつらぬくためにヒーローとしての爽快があまりないことでヘイトが高まってしまったのは事実。
ぶつかり合い、すがねのクローズアップ、つばさのキャラづけを少しだけ追加できればヒーローものとして満足のいくものができたかもしれない。
つばさは個性が足らず、市民と一緒にしたのは本当にまずかった。

市民とやってることが混同しすぎて、つばさがただのあほになってた。

いやその方向性でも悪くないが、観てる時に許容範囲を超えているなと感じで、話の流れがわかっていても、そこが一番ヘイトを貯める要因になっいた。

あほになるのは市民にまかせて、翼が少しだけヒーローとして体感したことこととかで迷ったりしても良かったなぁと。多少はヘイトの緩和された可能性があったかもしれない


ということで実際できんの?ってことで、ここからは妄想になります。
ご注意ください。

翼を平和を強く望む子。争いが嫌いだということを強調して個性をもう少し追加。
若干ジョーとかぶるがそれは選挙応援した例からみても元の設定から鑑みても別にいいかと。市民からみたヒーローってそんなもんだし、ゆるじいの戦争の話と関連ずければ時間かけずにいけそう。

ぶつかり合い
マスコミがネタをつくるためにクラウズを利用、もしくはリーダのリズム失ったVAPEが単独でゲルサドラを狙い翼がそれを阻止。
ゲルサドラを狙うジョー達とゲルサドラと共に戦闘。
もしくは、ゆるじいをくうさまに奪われてゲルちゃんを攻撃する翼。
ゲルちゃんを正気に戻す的な流れで戦闘。
もしくは、もしくは、ゆるじいいなくなって自暴自棄。くうさまを攻撃して身を守っている翼を攻撃してしまう。すがるものがないから的な感じで。

次にすがね。
上記のヒーローもの好き設定+フレンドリーに会話できるつばさちゃんとからめる。
はじめちゃんより素直とういう導入から、ジョーさん精神で仲良くなれるでしょう。
そいでつばさちゃんのおかげでちゃらくなれてみんなといることの居心地の良さを知る。ちゃらいことやれるんで、サービス回にもなる。
実際すがね本編で最終的に一緒になることまでは本当にちゃらいモブだっしね。
それにこいつこんな仲良くできる子だっけって感じた。
こうしてけば自然とすがねとつばさは別々の道を歩き、そこで葛藤はうまれ、
さらにはぶつかりあいが生まれるのかもしれんね。

こんな所かな。でもこの願望も穴があって、尺の問題がやはりある。
結局やりたいことするのにはそれと格闘するしかないという。
上記のものをいれようとして削れると思える所は、
もうちょう選挙活動の描写を少なくしたり政治描写を押さえる。
長岡設定の短縮。じいちゃんぐらいでいいと思う。
マスコミの描写を減らす。現実味があるが、もうちょいさらっとやっても理解できるかなぁと。ミリオネアの中継だけで良かったと思う。現地の取材は市民の動画撮影でちょろっとやる。市民の強調にもつながる。
後はりずむが必要か否か。
すげえいいキャラだけど、結局ガチャマンの出番と喧嘩しちゃた面がある。
それを考えると上の採用するとき削れるんだろうな。それにもとずいて塁もあほにならなくなると。感動のXの台詞がきけなくなるそんなの嫌だ!

妄想してみたが、ヒーローものの爽快感をつけつつ市民をヒーローにしていく流れではかなり尺がかつかつで、そのせいで説明不足になる事態には陥りそうだ。

 

 

 


干物妹!うまるちゃん

太平とうまるちゃんが接してるシーンが特にヘイトを高まらせてしまっていた。

太平を親だと思ってうまるちゃんを見続けると、どうにもしかりたらないのがきになってしかたないという事態におちいる。

怒ったり、反省しようというの削りすぎていて、どうして? と初期はなりがちだったなあと。

マンションにかつて住んでいたり、うまるちゃんがでれたりする

後半はかなりそのあたりのヘイトは緩和されはしたけどね。

それでもクレヨンしんちゃのぐりぐりのような反省させるほどの叱るシーンがなく、

うまるちゃんがなんにも痛い目をみずに本当にぐーたらしてるだけで

かなりアウトな人も多いそうだ。

ならどうするか? という話になるが、この場合は改善しようがない。

なぜならボンバと切り絵ちゃんがいるので

叱らせることの必要なのは明らかに解っている。

よって太平を叱らせたり、褒めたりをさせたくなく、

わざとうまるちゃんは放置してあるからだ。その理由もでてきたりしてるしね。

なので、あんまり肩入れしすぎずにみるという視聴スタイルに早めに変えた。

うまるワールドの、うまるちゃんという生物を愛するぐらいにね。

ただ改善ができない部分できをつかわざるえない、日常系アニメでは特殊な視聴方法

なので、日常系にあるはずのリラックス効果は通常よりもえにくかった。

それでもヘイト緩和剤やかわいらしい妹の海老名ちゃん、切絵ちゃん、シルフィン達が

いるので、うまくごまかせながら癒されことはできるようになっている。

なによりこの作品はキャラの配置が絶妙。

できないうざい兄のボンバ、

できる兄でオタク趣味のアレックス

うまく叱れず、褒めてもあげれていない、できない面もある兄の太平、

強く兄にやつあたりし、室内のうまるちゃんを相手にする妹、切絵ちゃん、

兄をおしたいし、外遊びのうまるちゃんを相手にする妹、シルフィン

兄に恋をして、外向きのときのうまるちゃんを相手にする妹、海老名ちゃん

対比関係を意識し、同じような感じにならないようにキャラを動かしていくことで、

兄妹とうまるちゃんの関係性を多種多様に楽しめるようになっていた。

さらにうまるちゃんsでかわいらしいちびキャラで4人の掘り下げをしたり、各エピソードのテーマにそったはなしが展開されたりもして観やすくなっていて

ヘイトの溜めてししまうポイントにさいきずけてしまえば楽しめるアニメだとにいえるだろう。

 


がっこうぐらし

ヘイト貯めたというよりも、第一話以降見方が解らなくて困った作品でした。

緊張感をあるべき設定に日常シーン多め。

日常シーン多めかと思ったら泣かせようとする話の数々がはいり

それがなんなのって感じに。感動してくださいは困るので、まずはそこでもヘイトを貯めてしまった。

日常が描かれている異常性というやりたい方向性は解ってるつもりだけど

それが効果的に働いてると思えなくてなんとも言えない感じで、リアリティがなさすぎてなにをしてるんだと。

守るどころかこの状況になってもなにもしてないってどういうことなの?

話が進むと探索をようやく初め、それからは生命の選択を迫るシーンもあって普通にみれるようにはなっていたのかな。

構図や音響での雰囲気づくりを丁寧でアニメとしてやるべきことをやっていて、それまでは少なくとも興味を失うものではなかった。ただ見方がわからないことによる期間が長く、ヘイトの許容範囲すれすれだったのは事実。

個人的には途中あたりでリアルな現実世界の設定だと思ってません。

ありがちだけどVRみたいな設定だと思い込むようにし、

ゾンビがなぜふみこめないかとか、水や食料の調達できる点とかを理由付けを勝手にしてました。自分だったらどうするかなぁって考えて、この設定ならいけどうだと思うことでうまくヘイト緩和してた。

受け入れられないなら、受けいれられるように加工すればいい。まだそれができた作品だったのも救いったなぁ。

普通はこんな方法やらずにごめんないしたほうが無難なんだけど、わたしはゆきちゃんとひとつになりたかったんやー

「ひとつになろうよ」ていうのを推奨するようなアニメでもあったなぁ

ゆきちゃんに順応しひとつになれて僕はパワオブスマイルでき、ヘイトを感じることはなくなった。

 

Charlotte(シャーロット)&乱歩奇譚 

両名そつなくこなしていたが、Charlotte(シャーロット)11話のテロで、乱歩9話の数式という許容しきれないことをやらかしてしまったので、

ヘイトを貯める所か興味をなくす事態にいたった。

そうなったら持ち直すのは難しい。ネガティブなままというよりも、

どうでもいいような見方になってしまった悪い例。

改善点はこの展開をなくすことだと言えるのかな。

 

Classroom Crisis(クラスルームクライシス)

 火星設定の違和感が初期の段階から浮き彫りになって、それがノイズになりヘイトが若干だがたまった。

これについてはそのまま違和感を感じたままフェードアウトするか、この話には別に関係なさそうだし気にしなければいいか、と見方をかえれるがどちらかぐらいしか解決法がないのかな。

最終的な救出劇をみてればまあ今回の設定もありといえるが、途中まではここって地球でいいじゃんと正直思ってた。政治的な描写や生活レベルが地球というのもそれを思わせるのに十分だといえる。

せめてでも火星らしいものを提示できれば違ったのかも。

wired.jp

 例えば火星探査。青と赤の世界をみられると良かったなぁと。

青い夕陽とかでもいいよ(テラフォーミング後の世界なのでみえなくなってる可能せも考慮できるけどね)

 

戦姫絶唱シンフォギアGX

設定の都合による爽快感の欠如は、ある程度はしかたない。

人形のように動かされないとイグナイトモージュールの設定がいかされないからね。

しかし終盤戦以降も攻めの一手を味方が行うことはなく、それがヘイトバランスを悪くしていた。

ゲームやスポーツでも守りつづけているのは、やられてるがわは面白くない。

シンフォギアシリーズは防衛任務が多いのは解っているけど、攻めと守りを意識した話づくりがヘイトを緩和するポイントだと個人的にはおもうので、敵の虚をつくような展開をいれるようにするのが解決策なのかな。

キャロルちゃんやエルフナインちゃんの真相に近づくものを見つけるとか、入れれる要素ありあおうなきもするけどなぁ。

でも前半はコミカルなシーン多く、守りの中にも癒されるものがあってそれが良かった。

 

 

監獄学園

弱みや虚をつき続けながら強気に攻めたり守る話の構成の攻守のバランスが絶妙でmヘイト管理が上手かったといえる。

ただ攻めすぎてきつい描写を受けいれられない人は許容範囲を越え、早期にフェードアウトしてしまったりもするのかな。でもまあそれはしかたないとしかいえない。あれだけ攻めてるからこそこのアニメは価値があるといえるからだ。

 

ただキヨシが尻の事を胸の代用品だというのは、こだわりもっている人にはつらい展開だったのかもしれない。

叩かれる音も違いがあるが、尻といったら穴でしょ! どこでも、いつでもキヨシみてたじゃん。キヨシのやついったい何を考えているんだ! と少なからず思ってしかたない。

ただこれはよくよく考えれば、きがつかないはずがない事柄。

つまりはそう思うのが一般的。だからこそ拙者は胸の代用品といい虚をついたのでござる、とかそういうことでしょ。

それを許容できるかは、尻にどれだけこだわりを持っているかによるが、わたしはどちらかというと乳派なんでなんの苦労もなく受けいれられた。

なので尻派がこれを受け入れる改善点があるのかわたしには解らない。

 


GANGSTA(ギャングスタ) 

ここ最近で一番作画崩壊をやらかしてしまった作品だった。

1クール一回崩れてしまったら立て直すことが難しいことを身を持って体験したよ。

ヘイトが高まるというよりかは、動かないからアニメとしてはみれない、

ヘイト以前に興味をなくさせてしまうよね、作画崩壊は。

これは倒産という諸事情も判明したのでしかたないことなんだけどね。

だけど安定した品質を届けるとめに作り終えれるような、もしくは作り終えてから放送する流れを早くなってほしい所。

 

 

 

六花の勇者

偽者の勇者を7人の中から探すということをわたしは事前に大筋を知っていたからいいが、他の人の反応をみるに推理ものの方向性を提示できたのが4話で、それまで、もしくはそれからも見方を迷わせてしまい、その部分でヘイトがが貯まってしまっていた。

ファンタジー路線で腰をすえていた人が、いきなり推理ものだから、いたしかたないのかなぁ。

第一話アバンで多少は神殿のシーンで推理ものをやるとみせておけば……とか結果論じゃんそれ? ってのを思いつくけど、どうなんだろうなこれも。

 

後は推理者の解決策が後出しじゃんけんで証拠を偶然の形で提示してたりしてた所が、推理物としてしかみない人のヘイトを高める要因になった。

これは疑心暗鬼の中で戦うというシチュエーションをつくるためのだと考えるぐらいしか解決策ないのかな。ここは作中でどうしろといえないわ。
推理物として証拠はものすごく大切だから重視する人がいても当然。

ただなんでもありな世界観の中で、科学という証拠になりうるもので導きだしていた点は、理屈の通った証拠でヘイトを高まらせないようにしていた。

ファンタジー物、推理物として見過ぎる人達にはやさしくないといえるが、それをしすぎなけば面白い作品であるとはいえる。

 

 

 

空戦魔導士候補生の教官

ラノベアニメのサンプルとして。

練習試合でぼこすかやってるだけで戦闘あんまり気合入ってないし、なんか語尾がおかしいし、敵も小物じゃん! って所が他の人のヘイト要因なんだろう、

ならどうするか?

低予算ぽいし美少女がキャキャしてる比率が多いだから、そこは察して期待しすぎないようにしたほうが無難だといえる。

今作は別にエロだよりではなく、キャラ萌えできるような話にはなっており、役割をはたしていただけでも十分なぐらい。わけわからんよかは少なくともヘイトは貯まらなかったとうより、自分は貯まりようはなかったなぁ。

でもこ力入れてみたい方はどうしようもない解決方法だといえるので、キャラに萌えれなさそうだったら避けるのもありだと思う。

無理をしない見方がなによりも大切だと思う。

 


アイドルマスターシンデレラガールズ

この作品のまずヘイトが高まるキャラだったのは美城常務が矢面にたてられた。

Pクローネ、346プロの体制の問題指摘など、

納得できることもやっていた。

だがアイドルをないがしろにする、人情をあまりに考えないという所が初期は目立ちましたね。

人情をあまり考えなさすぎるのは、解りやすい程のキャラづけと

インパクトのためなのでそういう役割与えられてと思えばいいですが、

アイドルをないがしろにするのは、アイドルものではタブーだと個人的には思っています。

ファン層が多くついてる作品で応援しているのに、道具のようにないがしろにされすぎる。まあヘイト高まってもしかたないし、緩和剤も用意はされていなかった。

(数値や理屈をつきつめてうむを言わさないなら緩和剤になれたと思うが、結局そこまで描写されずにきたからね)

十分に許容範囲を越えていたなぁとは思いました。

けれどまだ初期の段階でも救いがありました。

美城常務はかなりワンマンすぎたのでネタに使いやすいという所が、

ヘイトを下げれる人は下げれるようになっていたと思います。

おれもモンペとか、今日のお気に入りチェックとかいろいろいってたりしたからね。

まあ言っちゃえるような展開だったなぁと。もう少し上手く根回しして

段取りよく進めればなお良かったのにな。

最近の美城常務は一流のツンデレぷりを発揮してそのあたりは緩和されてきました。

 

後はキャラが話に動かされすぎてヘイトが高まる展開が多く、いわゆるお人形さんになってる所はきになりました。

あれだけのキャラを動かすわけだから、話のながれを作らないとしかたない部分もあるので許せはしましたが、視聴者側がきをつかう配分の方がおおかったと思います。。

きらりんアタック、にわかわいいリーナちゃん、等の、キャラを大事にしてる部分もありおざなりにしすぎたということはなかったが、キャラを大事にして欲しいという声もあるのでこの辺は個人の裁量で決まると思います。

ただいかんせん23話だけは許容できなかった。

22話であれだけ他のアイドルのつながりができあがったと強調していて(卯月ちゃんがその中で断絶されていた描写が随所にあったけどね)

Pも小日向さんが必要だと解っていたはずなのになのに、

なんで一人での練習を簡単に許しちゃったの。

こうやりたいんだとあまりに強調しすぎて許容範囲を超えてしまった。

なのでこの話だけはでネガティブな状態のまま立ち直れず、上手いアニメだなぁで終わってしまってる。今まで積み重ねを否定された感じになった。

せめて小日向さん、もしくはアイドル仲間じゃなくてもいいけど手を差し伸べるのは継続させつつ卯月はその手を握れずに逃げだしてしまう、ぐらいのほうが良かったという願望はいまだに持ってます。

なんのために今までつながり描いてきたのってなってしまい、今まで継続してやってきたことを否定されたゆえの不満だった。

この話数意外はすんなり入っていけ、情報量の多い画面、話の構成、比喩表現の多く、今期で一番好きだった作品ゆえのヘイトの溜め方だった。

 

 

 

 

 まとめ

今回自己のヘイト管理を中心に書いてみたが、制作する上でこれを意識してばかりではだめだとかは言っておきたい。我を通し個性のある展開を行うことで、個性のある作品が生まれているのは事実だ。

これを抑制しようとすれば多種多様がなくなるとは思うしね。

それに例え意識した所で、キャラクターが勝手に歩きだしてしまうものなので、話どうこうはそうそう改善はできないだろう。自由に楽しく書くのがベターだ。

ただこういうことがあるかもしれないと覚えとくのは、悪くないかもしれない。それだけです。

最後にここまでヘイト吐きをみてくれた人、ありがとうございました。