読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさペンの館

主にアニメの感想置き場です。

コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ 3話 「鉄骨のひと」 感想

コンクリート・レボルティオ~超人幻想~

コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ 3話 「鉄骨のひと」 感想

 

ロボット刑事シバライトの視点を中心に、ロボットの植えつけられた正義はや愛は本物であるかということをといかけを、最終的に兵器になるにもかかわらず同じ規格のロボットを求めてしまうみえこさんの報われなさをキーにしてよく描けていた。
作画的にはもうしぶんない。えくすーの走り抜けるシーンや倒れてしまうところ、最後の次郎とシバライトの戦いがよかった。
ただ今回は話をおさめることに注力しすぎて余韻みたいなものなく、ぽんぽんいきすぎてもったいないなぁと思うところはあった。許容範囲ではあるけどね。
3話まで視聴して神化を行き来することで、物語の対比構造をスムーズにうみだせているといる。変に解りにくいということはない。これにより話にメリハリが生まれている。
ただ時系列の変更にあまり慣れていない視聴者には解りやすいとは言えず、一度の話でやらなければいけないことが多すぎて、メインの回でないとほとんど出番をあたられなキャラを産み出しているのは確かだ。主人公周りのキャラ同士の繋がりが弱く、オリジナルアニメで原作をはしょたりしているわけではないので、その部分は賛否両論だといえる。
画面ははもうしぶんない。短い時間の中でやるべきことはやれているといえる。昭和の雰囲気をリアルではなくコミック的な魅せ方で病描写しきれている。
キャラクターものとして見難い点はくやまれるが、それを差し置いてもあまりあるほどの魅力が潜んでいる作品だといえるだろう。