SHIINBLOG

うさペンの館

主にアニメの感想置き場です。

コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ 5話 「日本『怪獣』史 後篇」 感想

コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ 5話

「日本『怪獣』史 後篇」 感想

f:id:usapen3:20151107134154j:plain

デモの道具としたり利用したり、沖縄返還のために怪獣アレルギーをなんとかするために利用したりと大きな流れをみせつつ『どんな人間にも怪獣はいる』その言葉を身にしみて感じられるような話だったといえるだろう。

その中でも自分の中に怪獣がいることを自覚していてその流れに抗わない絵美、

抗い続ける爾朗という人達が描かれる個の流れがいいスパイスになっていた。

強く危険な存在だから愛してる。

暴走する怪獣ガゴンをみても喜ぶ大衆の姿はまさに彼等そのもだと言っていいだろう。

絵美の言葉という前提があることにより話の流れに深みが増していた。

f:id:usapen3:20151107135329g:plain

速射砲の着弾までの短さ、銃の反動の伝え方、溶解していくメガゴン。

射撃シーンの醍醐味がつまったシーンが素晴らしかった。

f:id:usapen3:20151107134628j:plain

f:id:usapen3:20151107134645j:plain

f:id:usapen3:20151107131441j:plain

f:id:usapen3:20151107131711j:plain

バイオレンスな展開の中にも華がある。

広告代理店の倫子ちゃんんと

強い愛でなんとかしようと頑張る輝子ちゃんがかわいかった。