読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさペンの館

主にアニメの感想置き場です。

うしおととら 20話 「妖、帰還す」 感想

うしおととら 20話 「妖、帰還す」 感想

f:id:usapen3:20151117205015j:plain

f:id:usapen3:20151117205025j:plain

f:id:usapen3:20151117205031j:plain

f:id:usapen3:20151117205041j:plain

f:id:usapen3:20151117205230j:plain

身を投げ出した妹のために獣の槍を鍛錬しはじめる。

鬼になった彼といままでのことを思い出して涙を貯めるうしお。

その覚悟の重さと、過酷な運命を思って泣いているのかな。

 

f:id:usapen3:20151117205859j:plain

ジエメイが刃先、ギリョウガ变化した槍。

白面の物を打ち倒すヤリの裏には壮絶な思いがこもっている。

改めて獣の槍をみつめたときの重みが違ってみえた。

 

f:id:usapen3:20151117210310j:plain

f:id:usapen3:20151117210320j:plain

時逆の力で時代を旅し、妖怪と人間が手を組んだときの真相があきらかに

日本を支える柱に身をさしこんだ白面

そこから離れたれ日本が滅ぶと脅し、自分の身を守らせた。

したたかというか、生き残るためにはどんな手でも使う邪悪さがあるね

 

f:id:usapen3:20151117210907j:plain

f:id:usapen3:20151117210914j:plain

f:id:usapen3:20151117211326j:plain

ジエメイが御役目を継がせたのは日崎須磨子。後の蒼月須磨子だったと告げられる。

二年の時の中で子を産み、牛尾という名前を名づけた。

彼女の自由で幸せな短い時間。それすらも宿命の延長線上にしかない。

運命を背負う重さというのを感じたなー