SHIINBLOG

うさペンの館

主にアニメの感想置き場です。

緋弾のアリアAA 9話 「家庭訪問」 感想 『その指は殺したくないゆえに』

緋弾のアリアAA 9話 「家庭訪問」 感想

 『その指は殺したくないゆえに』

f:id:usapen3:20151202211214j:plain

f:id:usapen3:20151202211221j:plain

妹の記憶
もやがかかっているという表現が思いだしたくな記憶だと物語っている

 

f:id:usapen3:20151008202405j:plain

f:id:usapen3:20151008202415j:plain

一話のときのあかりちゃんを思い出させるものでもあった

 

 

 

f:id:usapen3:20151202211619j:plain

お母さん美人だ

微笑ましい家庭だったことが伝わるなぁ。

 

f:id:usapen3:20151202211122j:plain

うさあああああああああ
大掃除中のあかりちゃんがうさかわいい

穴のの中からひょこりしてるうさぎらしさが素晴らしい

 

f:id:usapen3:20151202211950j:plain

あかりちゃんの敬礼がうさりりしい
前回もやってたけど気に入っているねそのこたえかた

 

 

f:id:usapen3:20151202212248j:plain

アリア先輩と同棲で虫の息の志乃ちゃん
新婚夫婦とかさすがの妄想力やで

 

f:id:usapen3:20151202212424j:plain

不器用アリアの料理はほほえましい

あかりちゃに俺もやさしく料理を教えてもらいたいなぁ。

まあ百合っけだしてる二人みたいに眺めていてもいいけどね

 

f:id:usapen3:20151202212538j:plain

あかりちゃんのベットをくんくんしはじめる二人

いけるときはとことんいくそんな所もいいですなぁ

 

 

f:id:usapen3:20151202212647j:plain


嘘だろ……
あかりちゃんが隣にいるのに寝ているとは。

ある意味奇跡かもしれんと思った瞬間だった

 

f:id:usapen3:20151202212804j:plain

うさああああああ
あかりちゃんのうさばさりがうさかわいい
俺も一緒にはしりたい



f:id:usapen3:20151202213316j:plain

f:id:usapen3:20151202213050j:plain

素人に襲われるアリアを助けにくる

f:id:usapen3:20151202213104j:plain

f:id:usapen3:20151202213221j:plain

f:id:usapen3:20151202213231j:plain

殺してしまう恐怖から撃てないあかりちゃん

恐怖で顔をひきつらせる表情は、殺したくないというあかりの思いを如実にあらわし素晴らしい。

そのあとの綺麗な指先というのは汚れたくない心の表現だと捉えられる。

キャラのことを考えよく練られて画面構成をしていたんだと感心した

 

f:id:usapen3:20151202213358j:plain

f:id:usapen3:20151202213634j:plain

あたしは一人で突っ走るタイプ
あんたは大勢の仲間と助け合うタイプ

威嚇射撃もできないのにアミカにできない

 

f:id:usapen3:20151202213650j:plain

f:id:usapen3:20151202213721j:plain

隠していた実力を発揮する
殺してしまうから殺さない

うつむいて銃撃するあかりちゃんはそんな自分をみたくない心のあらわれか

 

襲撃者を発端に、今まで隠してきたアリアの本音とあかりの実力が明るみになる

夕空のなかでの会話は一話の戦姉妹試験を思い出させるもの

冒頭の話といい一話の回帰をしつつの、殺さないあかりちゃんという謎がようやく形となって表れた回。家庭訪問といういつもの百合要素をとりいれつつも本筋にようやく入ったといった所か。

今回特に印象なのは恐怖でひきつる表情と指先。上でも書いたがキャラクターのことを考えた練られた画面構成は素晴らしいという他ない。

ただ戦姉妹にしないという判断は遅く感じる。百合描写いれきってキャラを掘下げていた分しかたないのかな。威嚇射撃もできないのを今更掘り下げるのかーと単純にみたら思えたりもするけど、この導入がないと殺すことに恐怖するあかりちゃんの描写ができなりしかたないと思うほかない。問うべきときに問えていない違和感はあるがそこは許容範囲内だと思っています。