SHIINBLOG

うさペンの館

主にアニメの感想置き場です。

終わりのセラフ 22話 「優とミカ」 感想

終わりのセラフ 22話 「優とミカ」 感想

f:id:usapen3:20151213202800j:plain

f:id:usapen3:20151213202723j:plain

f:id:usapen3:20151213202747j:plain

f:id:usapen3:20151213202244j:plain

ミカとユウの再会は吸血鬼と人間の立場の違いはあるけど

紛れも無く家族そのもの。

血を欲することに苦悩するミカに血を飲ませてあげ、

二人が喧嘩しながらも理解を示しあうのは、

なあにイチャイチャしとるんや、ばかも~ん

ってな感じで、ニヤッとしってしまうほど暖かなやりとりだった。

ミカがかわいいかったしね。

この絶望的な状況で二人だけは確かな幸せは感じている。

それは家族だから。ユウの欲望が叶った形をみせきれていたと思う。

 

 

f:id:usapen3:20151213202219j:plain

f:id:usapen3:20151213202227j:plain

最後は家族との再会ということだけでは終わらせない。

実際に定期軍にいる君月の妹である未来をみせることで、

血のつながりがありつつ利用されているものがいる。

ユウ達のもしもそうなっていたらという未来がアンチシナジーとして対立し緊迫感を強めるものだった。