読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさペンの館

主にアニメの感想置き場です。

アクエリオンロゴス 24話 「出撃!我が存在を賭けて」 感想

アクエリオンロゴス 24話

「出撃!我が存在を賭けて」 感想

f:id:usapen3:20151215210029j:plain

f:id:usapen3:20151215210038j:plain

f:id:usapen3:20151215205858j:plain

f:id:usapen3:20151215205917j:plain

Aは朗読劇でのネスタの神話になれなかった神話が語られる。

戦争をおわらせて二人といるためにアクエリオンロゴスを呼び出す

文字が読めないことにより嘘の気持ちでまくし立てられる。

ネスタの背景をしることで彼女の行動目的の理由がわかった。

感情移入させようというものではなく、あくまでそういうことがあったんだという感じだった。

Bは彰のこを忘れていく舞亜や仲間を描き、最終局面に向けての盛り上がりを高めようというもの。きっかけは偽物でも舞亜への思いは本物という総にもスポットライトを照らし、敵をたたせてあげていた。

文字を歪ませる空間でも歪んだ彰なら入れるというも、理解できる落とし所も良かった。

f:id:usapen3:20151215205847j:plain

ピコハンの刑だからねぇと言う花嵐ちゃんがかわいいのが印象的、

準備回といった感じだったけど、やるべき所を抑えてやれていた。