読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさペンの館

主にアニメの感想置き場です。

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 16話 「フミタン・アドモス」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 16話

「フミタン・アドモス」 感想

f:id:usapen3:20160127202220j:plain

f:id:usapen3:20160127202228j:plain

f:id:usapen3:20160127202312j:plain

フミタンの死。

彼女の死、自体は別れをその前に大量に描いたから劇的というふうにはならずに意外とあっさり自分の中では流れたけど、演技と劇半による死に際の演出は良かった。

かばってくれたおかげで生き残れたクーデリア。
あの時点でなぜギャラルホルンは全力で殺りにいかないかとかは、突っ込めるけどしません。オルフェンズは理屈よりも、ながれに身をまかせた方が楽しめるからなぁ。

サバランさんが生き残ることで尽力しようというのもいい。
ただ彼を機転にすると、信頼を勝ち得たのがビスケットのおかげ的な印象にも
なるので、別の方向でもみせてねとだけはいっておく。

コロニー暴動編はギャラルホルンの手のうちの中で
鉄華団としてよりも、個人の意思をみつめる回といった感じ。
やっていることかぶったりしたけど、上手いこと動機づけして

次につながる話だったなぁという印象でした。