読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさペンの館

主にアニメの感想置き場です。

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 17話 「クーデリアの決意」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 17話

「クーデリアの決意」 感想

f:id:usapen3:20160203201334j:plain

f:id:usapen3:20160203201345j:plain

f:id:usapen3:20160203201512j:plain

f:id:usapen3:20160203201525j:plain

f:id:usapen3:20160203201355j:plain

f:id:usapen3:20160203201410j:plain

f:id:usapen3:20160203201423j:plain

f:id:usapen3:20160203201542j:plain

f:id:usapen3:20160203201600j:plain

f:id:usapen3:20160203201942j:plain

f:id:usapen3:20160203201953j:plain

今回はひさしぶりの戦闘回。主役ではなく完全にわきになっていたガンダムの活躍は嬉しかったなぁ。遠距離戦での緊迫感はあいからわずないけど、動いて殴ってくれるだけでもういいです。

リベイクのシールドとフェイスオプーン、キマリスの高速戦闘を駆使した突撃。

それぞれ宇宙戦国時代に合わせた戦法でかっこええですわー

流星号もその人なりの機体って感じがしていい。カラーリングを自分で決めて名前を決める。愛着湧くのも解るなぁ

f:id:usapen3:20160203203551j:plain

f:id:usapen3:20160203203605j:plain

クーデリアの決断というのも王道の流れで気持ちいいけど、

三日月がなにもできないゆえにいらだつ。

彼は言葉よりも行動派であるがゆえに主張を唱えるのかなり強い思い入れがあるからというのが解り、短いながらも主人公としてようやく気持ちを表面化させたのが良かった。

報道局の人が駆け寄ってきてくれる。ナゼと同じようにその問題を解決しうる人物が近くによってくる展開をやりすぎなきもするが、話の進行としては納得はできたかな。

次回はクーデリアの演説。

ギャラルホルンの根付いた地球圏で独立に賛同する支持者が偶然集まるのか、それとも……どう話を運ぶか楽しみだ。