読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさペンの館

主にアニメの感想置き場です。

赤髪の白雪姫 18話 「いくつもの決意」 感想

赤髪の白雪姫 18話 「いくつもの決意」 感想

f:id:usapen3:20160216201747j:plain

f:id:usapen3:20160216201757j:plain

f:id:usapen3:20160216201819j:plain

f:id:usapen3:20160216201849j:plain

f:id:usapen3:20160216201827j:plain

ちとかの種と部屋のランプで煙を起こす。

逃げようとするがみつかり再度捕まる。

今までの白雪では通用しないということ、白雪の強気な一面が残っていることを

もう一度再確認できるイベントになっていた。

 

f:id:usapen3:20160216202342j:plain

f:id:usapen3:20160216202413j:plain

キキとミツヒデの喝を、ゼンが引き継ぎチョップ。

他人の力が必要なのは、クラリス御一行様達のあいだでも同じこと。

殴ってもいい相手。そういう意味でも深い結び付きを感じるものだぅた。

 

f:id:usapen3:20160216202314j:plain

f:id:usapen3:20160216202303j:plain

f:id:usapen3:20160216202439j:plain

山の獅子の首領と手を結び、みはやが情報提供をする。

どちらもしたがうつもりがないが、目的を同じくするものとして共に行く。

純粋に助けたいという山の獅子と願いと、自分に施しを求めるみはや。

協力する理由が同じような感じであるにもかかわらず、両者の違いが色濃くでていた。

また特にみはやの協力のさせかたが、彼の生い立ちの没落貴族の設定を利用し

「この国の毒の根になりつつあり、白雪をすくえるのなら相当の礼があって当然」

という理屈があったのがよかった。

毒をもって毒を制す。彼のアプローチは物語をご都合展開にしないようになっているのが上手い。

 

f:id:usapen3:20160216203808j:plain

f:id:usapen3:20160216203814j:plain

「かえれるよ」
最後は潜入したキキがゼンと共に救いに来たことをつたえる。
首領とは正反対の言葉のチョイス

f:id:usapen3:20160216203826j:plain

白雪が震えて恐怖している前提があったからこそ心に響いたなぁ。

誰を中心に周るのではなく、いくつもの決意が話を動かしていく。

アクションや画が落ちついていた分、キャラクター一人一人に出番が多く、丁寧な話しの動かし方をする回だった。