読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさペンの館

主にアニメの感想置き場です。

赤髪の白雪姫 20話  「微笑みの温度、大切な場所」 感想

赤髪の白雪姫

赤髪の白雪姫 20話 

「微笑みの温度、大切な場所」 感想

f:id:usapen3:20160301203730j:plain

f:id:usapen3:20160301203838j:plain

f:id:usapen3:20160301203752j:plain

f:id:usapen3:20160301203819j:plain

f:id:usapen3:20160301202032j:plain

f:id:usapen3:20160301202050j:plain

f:id:usapen3:20160301202424j:plain

f:id:usapen3:20160301202434j:plain

f:id:usapen3:20160301202446j:plain

f:id:usapen3:20160301202455j:plain

f:id:usapen3:20160301202510j:plain

f:id:usapen3:20160301202714j:plain

f:id:usapen3:20160301202816j:plain

f:id:usapen3:20160301202829j:plain

白雪の父親、武風との過去を語りつつの交流、かずきのお願い、オビが守れなかったことを誤り、白雪とゼンがいちゃいちゃし、ラジ王子と踊る。

タンバル編のエピローグとして、前回やりきれなかったことの掘下げをようやくといった感じでした。

危機を脱しているため全体通してなごやかムード。

その中でしっかりと伝えるべきことは伝え、白雪がそれにストレートに答えている。

彼女の決意というものが物語のあるべき着地点にすんなりと導き、パワーのあるキャラだとあらためて思いました。

もしっかりとやって欲しいことぎゅっと盛り込んでくれたの好印象。

仲間=星 という画面は継続しており、ほんのりとした雰囲気とあっていた。

父親によってなにか物語が進行するということがなかったのが意外だった。

お互いどちらもきずいている感じで、さばさばしてる。

似た者同士ということなのかな。

ということは無風さんも恥ずかしがりな部分があるのかもしれない……それとも嫁さんかも。無風さんがどんな風に恋を育んでいたのか想像するのも楽しいです。

タンバル編、随所に緊張感があり、それぞれの決意と行動が魅的でした。