読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさペンの館

主にアニメの感想置き場です。

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 21話 「還るべき場所へ」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

21話 「還るべき場所へ」 感想

f:id:usapen3:20160302200125j:plain

f:id:usapen3:20160302200109j:plain

f:id:usapen3:20160302200336j:plain

f:id:usapen3:20160302200349j:plain

f:id:usapen3:20160302200543j:plain

f:id:usapen3:20160302200802j:plain

f:id:usapen3:20160302200405j:plain

f:id:usapen3:20160302200423j:plain

f:id:usapen3:20160302200323j:plain

カルタとの戦闘。

偵察部隊をおくり、戦力の弱い部分をあらかじめつくり、罠を張る。

しっかりとした戦術を駆使し、鉄華団として行動をみせきれていたのが良かった。

三日月が通信を聞かれるようなことに加え、オルガが不用意に飛び出したことにより、ビスケットが犠牲になる。

完全に油断とうゆうか、フラグたってたんで殺しにきたみたいな感じで盛り上がりにかけたなぁと。

オルガとの喧嘩も結局はビスケットを印象づかせようとしていた無茶なものに変わった。

まぁいいでしょう。死んでしまったものはしかたがない。

序盤の頼りになる感じはいまや影をひそめ、妹にしたわれる属性を失い、サバラン兄さんとの掘下げはふみたんとの対比を生み出しただけ。

部隊としてもなにか必要な所はあんまり見受けられないかったしなぁ。

彼が死んでなにが変わるというわけでもないし……また悲しいね~と思うだけです。

次回。三日月が一人の戦士の死によって変化することになってくれるいいなぁ。