読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさペンの館

主にアニメの感想置き場です。

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 25話 「鉄華団」 感想+総評+改案

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 25話 「鉄華団」 感想+総評+改案

f:id:usapen3:20160330195005j:plain

f:id:usapen3:20160330195017j:plain

f:id:usapen3:20160330195037j:plain

f:id:usapen3:20160330195047j:plain

f:id:usapen3:20160330195126j:plain

f:id:usapen3:20160330195142j:plain

f:id:usapen3:20160330195159j:plain

f:id:usapen3:20160330195215j:plain

f:id:usapen3:20160330195236j:plain

f:id:usapen3:20160330195248j:plain

f:id:usapen3:20160330195454j:plain

f:id:usapen3:20160330195503j:plain

f:id:usapen3:20160330195516j:plain

f:id:usapen3:20160330195525j:plain

f:id:usapen3:20160330200017j:plain

f:id:usapen3:20160330200116j:plain

f:id:usapen3:20160330200207j:plain

f:id:usapen3:20160330200856j:plain

f:id:usapen3:20160330200907j:plain

f:id:usapen3:20160330200922j:plain

f:id:usapen3:20160330200949j:plain

f:id:usapen3:20160330200959j:plain

f:id:usapen3:20160330201013j:plain

マクギルスがガエリオを殺す。
怒りの中では愛も友情も届かないという冷たい彼の言葉は容赦がないなぁ。
裏切られたガエリオの演技も相まって、感情が揺さぶられるシーンになっていた。
三日月はアラヤ式の力を開放してアインを殺す。
このあたりは主人公ぽい活躍で盛り上がれオルガの叫びも一話を思い出すものだった。
戦闘終了後はやっとアラヤ式による弊害がでる。
ようやく三日月さんにリミッターつけるのか。二期は戦闘演出がしやすくなるだろうなぁ。
訳の解らない命令では死なせない
あいつらはお前がつくった場所で散った。
ナジの言葉は、例え暴走しても意志さえあればというオルガを肯定するものだった。
暗い影を落として反省するべきことはしてるからという解釈に落ち着いたけど、暴走しそうになったことを叱ってくれると個人的には嬉しかった。MS隊は機体こそ破壊されたが全員生きてたりと、甘い所はこの作品甘い。それが方針なのだと理解するしかない。
暗い影を落すのはマクギルスでやっていたし、バランスとってるのかもしれない。

そして今回うさぎさんロボット『グリムゲルデ』が大活躍。

そのうさみみにような気高い戦いを、あますことなく観せてくれました。

普通はガエリオ応援する所なんだろうけど、「マクギルスさま~」ってしてた。

やっぱうさぎて偉大だなぁ(確信)

最終回なのにこんな締め方ですまんなぁ。でも二期あるしいいか。


総評
血と鉄と。第一話の感じていた方向性とは随分遠い所にきた印象かなぁ。
味方チームは被害はそこまでない。どちらかというと戦場の血ではなく、家族の血だと視点を切り替えなければいけませんでした。テイワズと合流したあたりでそのメッセージを強く作品側が示していたので、視聴スタイルの確立ができて大いにその部分を楽しむことができた。
火星ネズミとよばれさげすまれた鉄華団が得た血のつながりはポジティブにもネガティブにも捉えられ、その複雑な血の混ざり合いが物語に深みを与えた。
MS戦闘は宇宙戦国物語なのはそこまで言及しない。がちがち格闘戦してぶつかりあうのは見応えありました。それ以外ではラフタの高速機動とすばらしいうさぎロボットが印象的。
ただ銃撃戦はおざなちだと思うので、二期はそこは機体したい。
まだまだ終わりではないので、これから先なにを観せてくれるのか秋が待ち遠しいなぁ。

 

改案
全体的には楽しめたけど、個人的にこうして欲しかった部分が妄想として浮かんできたので書いておきます。

締りが悪くなるので、気持ちよく読み終えたい人はブラウザバックをおすすめします。
とりあえずこの物語、緊迫感がそうめんのように薄味すぎたのはきになった。
戦闘面でピンチになる要素もなく、精神的な戦力も整えてさせすぎた。
テイワズのナゼさんがきてから、オルガもすっかり身をひそめて重要な場面で主導権を握れないし。

ナゼさん本当に精神的なバランスブレイカー。
なので個人的にはナゼさんには早期に退場して欲しいという妄想ができあがってしまった。
彼がいないと、それだけで他のキャラを動かさなきゃいけなくなり、オルガはテイワズとも交渉しなければいけない。
どう信頼を勝ち取っていくか、ラフタはどうこいつらを信頼していくか。

ビスケットも自然な形で暴走を止めようとし、その後の鉄華団の暴走もラフタ達もがぁつり関われる。色々なドラマは生まれそうな匂いはする。

じゃあそれをぶちこむにはどこを削るのか。
残念ながらコロニー編の構成を変えるしかないのかなぁ。コロニーの迫害と火星の迫害がというのは似てるのでそこはさらっと流してほしかった、やってもいいけど短くの方が同じことしてる感じにならなかったと思う。
ギャラルホルンの脅威を描ききれなかったのも問題だと思うので、俺が描くのだったら、そこはガツンと強いキャラをぶつけてナゼさんを散らせてた。地球編は精神的な支柱がぬけて、鉄華団に主導権が戻ってきたのでよけいにそう感じる。

以上俺だったらという妄想でした。

二期は精神的にぐらつくイベントガツンと入れて欲しいね。

ナゼさんと敵対したりしてもええんやで(物語の方向性考えるとしなさそうどけどね)