読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさペンの館

主にアニメの感想置き場です。

うしおととら 28話 「もうこぼさない」 感想

うしおととら 28話 「もうこぼさない」 感想

f:id:usapen3:20160413204555j:plain

f:id:usapen3:20160413204629j:plain

f:id:usapen3:20160413205503j:plain

f:id:usapen3:20160413205510j:plain

f:id:usapen3:20160413205518j:plain

f:id:usapen3:20160413205531j:plain

f:id:usapen3:20160413205544j:plain

f:id:usapen3:20160413205553j:plain


誰かのために例え命を投げ出してまで
火の海の中に飛び込もうとする真由子と麻子。
そこに死にたくないという感情がありつつも、白面の脅威と東西の妖怪の立場をしっているからこそ葛藤し、自ら命を投げ出すという選択をとれてしまう。
これまで積み重ねてきたことと、いまの感情がぶつかりある引き締まったシークエンスになっていた。

麻子は火の海に投げ出すのをうしおが救うのは王道。
だけどそこにはジエメイを救えなかったという想いがあり、その行動にも深みがあった。

とらぽいまがいものはでてきたけど、そこは持ち越しダイジェスト。それは今後明かされるのかぁ。

そして真由子がお役目に。
さだめに従い、戦う覚悟をきめる。彼女の決意をふるいおこす前に麻子が決断したことで、それが命を失う以上の決断に思える。上手く歯車が噛み合うエピソードの絡ませかたをしていた。決戦に向けて、盛り上がりが重々しいけれど、それゆえに心に刻まれるものも多かった。