SHIINBLOG

うさペンの館

主にアニメの感想置き場です。

遊☆戯☆王ARC-V 第108話 「アマゾネス・トラップ」 感想

遊☆戯☆王ARC-V 第108話 「アマゾネス・トラップ」 感想

f:id:usapen3:20160613000802j:plain

f:id:usapen3:20160613000812j:plain

f:id:usapen3:20160613000820j:plain

f:id:usapen3:20160613000827j:plain

f:id:usapen3:20160613000836j:plain

f:id:usapen3:20160613000846j:plain

f:id:usapen3:20160613000855j:plain

f:id:usapen3:20160613000903j:plain


権ちゃんは相性が悪かっただけ。
という感じで早々にやられた根本である理由を話し、激情の中でタイラー姉妹とデュエル。
専門の対策をしてきているとだけあって、SS対策もばっちり。
しかも封じるのではなくライフを回復させるという方向性が数値としても盛り上がったなぁ。
デュエル脳だと特殊メタするのがいいんだけど、エンタメにしないとお話が成立しないで
そういう意味でのカードの選出のしかたが良かったなぁ。
さらにユートと黒崎の怒りを遊矢は必死に止めようとするといるこれまでのお話で大切にされてきたことが盛り込まれる。
何度も何度も弾き返されそうとも、自分自身のデュエルを貫くことを信じる。
シンクロ次元での成長のなければという形だったなぁ。
遊矢も託されるように存在になった、そして実際に相手を笑顔にさせるエンタメデュエルで勝負をもぎとる。自分の信じたデュエルで明らかな強敵を倒し、また大きく成長をみせてくれました。
スタートダッシュが遅かったけど、本当主人公らしくなぁったなぁ。
ライフ一万近く削る攻防も面白かったしね。
最後はあのキツ目なタイラー姉妹が改心。綺麗なものね~とかいいながら笑顔でいるのが微笑ましかったなぁ。デュエル途中でカードでサービスシーンあったり、色んな意味で可愛かったし。
タイラー姉妹、だいたいこれで出番終わりだろうけどもっと観ていたいそんなキュラになれたな。
いやぁ楽しませてもらいました。