SHIINBLOG

うさペンの館

主にアニメの感想置き場です。

三者三葉 10話 「鶏肉とケーキを食べまくる日」 感想

三者三葉 10話 「鶏肉とケーキを食べまくる日」 感想

f:id:usapen3:20160614203517j:plain

f:id:usapen3:20160614203707j:plain

f:id:usapen3:20160614203729j:plain

f:id:usapen3:20160614203757j:plain

f:id:usapen3:20160614203810j:plain

f:id:usapen3:20160614203830j:plain

f:id:usapen3:20160614203937j:plain

f:id:usapen3:20160614203950j:plain

f:id:usapen3:20160614204005j:plain

f:id:usapen3:20160614204019j:plain

f:id:usapen3:20160614204041j:plain

f:id:usapen3:20160614204116j:plain

f:id:usapen3:20160614204127j:plain

 

クリスマスは羽山ちゃんの誕生日。
なにを用意しようか考え準備して、質素ながらも楽しむ3人が微笑ましかったなぁ。
クリスマス大好きな西山さんだルンルン気分でいるのも微笑ましかったけど、聖なる夜に降臨した悪魔を祝うという事実により半端ない落ち込みかたしていたので、あながちそうじゃないのがなんとも。
ちょい落ち込み過ぎじゃないと思うが、そこは西山さんだからでいいのか。いろいろ複雑だよ本当。
わりと全方向に黒い面みせてく作品だとあらためて。
そしてそれは年越しにつうじる
イェイ! パジャマパティーだと思ったら、布団にくるまるこの始末。
三人集まればいいよねーと言えるけど、なんかすげぇ手をさしのべたくなった。
こたつでぬくぬくのありがたみを感じるほどに
まぁそれでも、もち食べてるときは微笑ましくて安心した。
いろいろな意味で黒き闇に一筋の光が射してるようなクリスマスと年越し回だった。