SHIINBLOG

うさペンの館

主にアニメの感想置き場です。

ハイスクール・フリート 12話 「ラストバトルでピンチ!」 感想+総評

ハイスクール・フリート 12話 「ラストバトルでピンチ!」 感想+総評

f:id:usapen3:20160627202036j:plain

f:id:usapen3:20160627202158j:plain

f:id:usapen3:20160627202207j:plain

f:id:usapen3:20160627203148j:plain

f:id:usapen3:20160627203202j:plain

f:id:usapen3:20160627203211j:plain

f:id:usapen3:20160627203223j:plain

f:id:usapen3:20160627203232j:plain

f:id:usapen3:20160627203239j:plain

f:id:usapen3:20160627203252j:plain

f:id:usapen3:20160627203310j:plain

f:id:usapen3:20160627203323j:plain

f:id:usapen3:20160627203339j:plain

f:id:usapen3:20160627203349j:plain

f:id:usapen3:20160627203400j:plain

f:id:usapen3:20160627203410j:plain

f:id:usapen3:20160627203417j:plain

f:id:usapen3:20160627203433j:plain

f:id:usapen3:20160627203446j:plain

f:id:usapen3:20160627203507j:plain

f:id:usapen3:20160627203517j:plain

f:id:usapen3:20160627203526j:plain

f:id:usapen3:20160627203535j:plain

f:id:usapen3:20160627203900j:plain

f:id:usapen3:20160627203911j:plain

f:id:usapen3:20160627203924j:plain

f:id:usapen3:20160627203933j:plain

f:id:usapen3:20160627204002j:plain

f:id:usapen3:20160627204105j:plain

f:id:usapen3:20160627204113j:plain

さぁ武蔵を救出だ! ということで最終回。
武蔵の速力をおとすために艦尾を集中攻撃。速力を落とすことに成功をする。
前回のブルーマーメイドの砲撃もあったからこそ、速力が落ちたということでいいんだろうか……的な理屈はあんまり関係ないね。彼女達がそれを果たしたことに意味がある。
ということで比叡、舞風、浜風、アドミラルシュペ、天神、かつて洗脳された艦が救援。
晴風がこれまで歩んできた道、それが一つに結集していくのは熱いなぁ。
最終回にして誰からも今まで救われてこなかった晴風がようやく救われる。
そこに海の家族としてのつながりを感じました。台詞としてはでてきてないけどね。
離艦を決意、涙を流しながら岬ちゃんが微笑む場面は、これほどまでに晴風のことをクルー達が想っているからなのかな。沈没してしまうことを悲しんで嫌がってくれる。救援前のやりとりも最高だった。
まぁこの流れでおめおめと逃げることはできんよねってことで、
浸水したまま操舵を続け、武蔵の接舷を目指す。
説明されていないけど、小回りがきく晴風が接舷をしたほうが可能性が高いとふんだってことでいいのかね。
まぁ晴風意外がやると、結局晴風いらないやん展開になることが一番の要因。つまりは物語の風、それにのせるたかってことなんだろうなぁ。
救援した艦の支援をうけながら。
煙で視界をさえぎり、耐水圧能力が高すぎるパラシュートを使用して武蔵に接舷。
あの巨体がこんなことでとか、もう色々あったけど理屈は無視。かっこいい感じにしあがっていました。
そして親友であるモカちゃんとの再会。
モカちゃんの描写が少なすぎて感動というほどでなかったけど、救えたことを実感できるシーンでした。艦長は艦長としてでなく、モカちゃんの友達として艦橋に乗り込める。
そうなるために必要なことは、クルーの信頼と海の家族の力。
こういう理屈をこえたことをやらせていて、そこは非常に満足です。
そしてラストは晴風の沈没。これまでお世話になってきた各人が様々なことを想いながら敬礼。
これまで頑張ってきた晴風を見送らなければいけない。視聴者にもそう想って欲しい。
最終回としてこの話の終わりを感じられたなぁ。

 

 

最終回でもうさぎ!

f:id:usapen3:20160627203942j:plain

再会うさなる友よ。

涙し抱きしめる。ああ苦労が報われたときのうさみみというのは格別だ。

そう思えるシーンでした。

 

 

f:id:usapen3:20160627204144j:plain

本当は泣きたくてしょうがないっていうのは涙目から解る。

だけど、岬艦長は晴風の艦長とし最後だからこそ笑顔で見送る。

敬礼と凛々しいうさみみ。その見送り方にうさぎをみたり。

最後までうさ心を忘れない、うさ素晴らしいシーンでした。

 

f:id:usapen3:20160627205619g:plain

これで舵うさぎが見納めだって

うさあああああああああああああああああああああああ

ああ、なんていいうさなびきなんだ。

 

f:id:usapen3:20160627203453j:plain

そして今回さらなる舵うさぎということで操舵できなくなるハプニングに。

この踏ん張っているのもなんかうさぎみたいに力強くていいよね。

最後の最後までありとあらゆるうさシチュエーションを楽しませてくれる。

ああ、舵とうさぎ。本当最高やな。

 

f:id:usapen3:20160627204020j:plain

最後はお疲れうさぎの鈴ちゃんで。

一番活躍というか、ピンチを乗り切ってきたからね。

最終回までよく頑張ってくれた。ありがとう!

 

 

総評
リアルな戦艦が色々活躍するのかぁ。いいじゃん、楽しそうじゃん。
から入ったこの作品は、実際の戦闘をやりつつ、誰かを救うために行動しなければいけない。
さらにそこに海の家族としての女の子の日常を描きたい。
かなり極めてバランスをとることが難しいことに挑戦していました。
そのため無理がある所がでてきていたというか、方向性を決めきれていないことが多々ある。
実際に死人がでそうなのに、なんでこんな呑気しとんねん!
という突っ込みはいれざる負えないんだよね。
そこの判断を完全に視聴者に委ねるしかなく、合わない人に合わない感じになっていたのかなぁ。
まぁしかたなんだけどね。とりあえず、ある程度考えない要素を作らないといけないのが目につきました。
だけどそれさえ納得できれば基本は女の子かわいいんで見れるんですよね。
彼女達の海の家族としての日常はやっぱりいかわいいし、反応も面白い。

海の家族としてどんな風な日常を送っている姿もせるか。

可愛くそして楽しく。時には雨や、トイレットペーパーのままの話まで。

等身大の彼女達の生活を感じさせてくれ、そこは確実に楽しめる要素になっていました。それが普通にできてるってやっぱりすごいわ。

そしてなんといっても艦隊戦。

非常にリアリティにとんだ描写が多くよく研究しております。

これってなかなか普通の作品じゃできことです。

そこは実際に取材をし、調べたからこそ、映像としてよくでていたと思います。

そのあたりは非常にリアリティあったんだよね。

時々この挙動で動くのかなぁ? 的な要素はあったけど、そこはかっこよさと、見た目重視ということなんだろうなぁ。

それ意外のリアリティに関しては、ネズミさんの件からして深く考えないほうがいいって感じだったのかな。
まぁなにをすればいいのか解りやくはあった。
戦闘と海の家族の日常と並んで掘り下げられていた救援については、もう少し解りやすい形で伝えられたらなぁと思う。
艦長が船を飛び出して救援にいかなければいけない時、親友としてだけでなく、わたし達はブルマーとして救わなければいけない。海の家族を護るのがわたし達の仕事。
これが前面にでていたほうが話としても作品としても違和感なかったと本当思う。
機雷に巻き込まれたクルーを助け、座礁する新橋から乗客を助ける。
間にそれを強く印象づける回はあり、待っている人達がこんなにも苦しんだ。そこまではできてたんだけどね。

軍で活躍する将校ではなく、海上自衛隊であるブルーマーメイドが主役なんだから、そこはもう少し上手くやってほしかった。

実際かなりいい所までできてたんだよ。各人がどんなけ振るえて寂しそうにしているか、取り乱してしまっているか。映像で伝えきれていたし。

惜しいからこそここまで言いいたい。本当惜しかった。だからあともう一つ推しが欲しかったなぁ。そうすれば作品としてもっと評価できたのに。

まぁいろいろ言いたいこともあるけど、難しいことに挑戦し楽しませてくれました。

誰にでもできないことを挑戦するってやっぱすげぇです。

だって俺にこの脚本かけっていわれても無理だもん。

知識と理屈、それを知ってからようやくスタートライン。

そういう意味でもすごいんだよなぁ。
そしてなんといってもこのアニメ、うさぎさん要素が多すぎてやばすぎた。

f:id:usapen3:20160412210051g:plain

f:id:usapen3:20160412210031g:plain

f:id:usapen3:20160412210111g:plain

f:id:usapen3:20160412210132g:plain

f:id:usapen3:20160412210152g:plain

f:id:usapen3:20160412210301g:plain

f:id:usapen3:20160412210328g:plain

f:id:usapen3:20160412210411g:plain

f:id:usapen3:20160412210434g:plain

f:id:usapen3:20160412210457g:plain

f:id:usapen3:20160418201704j:plain

f:id:usapen3:20160418201740j:plain

f:id:usapen3:20160418202103j:plain

f:id:usapen3:20160418202533j:plain

f:id:usapen3:20160418201526j:plain

f:id:usapen3:20160418201532j:plain

f:id:usapen3:20160418201539j:plain

f:id:usapen3:20160418201715j:plain

f:id:usapen3:20160418201752j:plain

f:id:usapen3:20160418201802j:plain

f:id:usapen3:20160418201811j:plain

f:id:usapen3:20160418201820j:plain

f:id:usapen3:20160418201947j:plain

f:id:usapen3:20160418202047j:plain

f:id:usapen3:20160418202140j:plain

f:id:usapen3:20160418205340j:plain

f:id:usapen3:20160425204143j:plain

f:id:usapen3:20160425204300j:plain

f:id:usapen3:20160425204310j:plain

 

f:id:usapen3:20160425204355j:plain

f:id:usapen3:20160425213354g:plain

f:id:usapen3:20160425213422g:plain

f:id:usapen3:20160425204317j:plain

f:id:usapen3:20160425204422j:plain

f:id:usapen3:20160425204503j:plain

f:id:usapen3:20160425204516j:plain

f:id:usapen3:20160509213250j:plain

f:id:usapen3:20160509213311j:plain

f:id:usapen3:20160509213237j:plain

f:id:usapen3:20160509213152g:plain

f:id:usapen3:20160509213552j:plain

f:id:usapen3:20160509221351g:plain

f:id:usapen3:20160509221409g:plain

f:id:usapen3:20160516201556j:plain

f:id:usapen3:20160516201705j:plain

f:id:usapen3:20160516204228j:plain

f:id:usapen3:20160516204242j:plain

f:id:usapen3:20160523215139j:plain

f:id:usapen3:20160530202015j:plain

f:id:usapen3:20160530202030j:plain

f:id:usapen3:20160530202158j:plain

f:id:usapen3:20160530202305j:plain

f:id:usapen3:20160530202440j:plain

f:id:usapen3:20160530203105g:plain

f:id:usapen3:20160606203141j:plain

f:id:usapen3:20160606203225j:plain

f:id:usapen3:20160606205554g:plain

f:id:usapen3:20160606205926g:plain

f:id:usapen3:20160606203303j:plain

f:id:usapen3:20160613200915j:plain

f:id:usapen3:20160613201040j:plain

f:id:usapen3:20160613201416j:plain

f:id:usapen3:20160613202053j:plain

f:id:usapen3:20160613202946j:plain

f:id:usapen3:20160613202106j:plain

f:id:usapen3:20160613202122j:plain

f:id:usapen3:20160613200944j:plain

f:id:usapen3:20160613201335j:plain

f:id:usapen3:20160613201515j:plain

f:id:usapen3:20160613201533j:plain

f:id:usapen3:20160620202015j:plain

f:id:usapen3:20160627203942j:plain

f:id:usapen3:20160627204144j:plain

f:id:usapen3:20160627205619g:plain

f:id:usapen3:20160627203453j:plain

f:id:usapen3:20160627204020j:plain

舵うさぎから始まり、たくさんのうさシチュエーションをみせてくれて、どんんけうさ素晴らいんだと。
なんせ3人もうさぎっ娘がいましたからね。それもそれぞれ魅力が違う。

数だけでなく質もうさ最高だった。

これほどまでにうさ充実してくれる作品には当分出会えないかと思うと、本当貴重だよなぁ。光ちゃん、岬ちゃん。鈴ちゃん。いい出会いだった。

 

ハイスクール・フリート、見事な艦隊戦、海の家族としての日常、誰かを助けるということ、そして最高のうさぎさん達の魅力を伝えてくれた、素晴らしい作品でした。

製作に携わったスタッフの方々ありがとうございました。

光ちゃん、岬ちゃん。鈴ちゃん、うさ堪能させていただき、ありがとうございました。