読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさペンの館

主にアニメの感想置き場です。

アイカツスターズ! 第7話 「シンプル イズ ザ ベスト!」 感想

アイカツスターズ!

 アイカツスターズ! 第7話 「シンプル イズ ザ ベスト!」 感想

シンプルイズザベスト、ローラにとっての一番をみつける物語。
ということなんですが、簡単にはみつけだせない所が良かったなぁと。
いつも答えを導いてくれたおかんなローラちゃんだすが、やっぱり同い年でアイドルなんだなぁと。
好きなものを隠そうとしないというか積極的に食べようとする夢ちゃんとは違い、
ローラちゃんはどう目立つかを考えてしまう。
家系図でだれもがみんな目立った活動をしている。初めての出会いからそうでしたが、どこか人と違うことをしようとする。そういった話の繋がりが感じられるのが嬉しいかぎり。
家系図という設定をキャラの性格にまで落とし込めている。それがすごいなぁ。
迷いかたもとにかく極端というというか、こういうところは夢ちゃんと似てるんだよね。
ずれるときはとことんずれるというか。話的にもわかりやすさは狙っているのかもしれないけれどね。
「無理してるようにみえる」
審査員の人と夢ちゃんが教えてくれるのと違い、ロックな先生は考えるな感じろという指導法。
導くというよりも考えろ。ローラへの期待の高さがそうさせるのか、それとも教育方針なのかはわかりませんが、教え方の違いがでるというのがいい。従来のアイカツ要素を抑えつつもはいあがるためにはなにが必要なのか。あれほど個性を訴えかける先生が、個性をひきたたせるアドバイスをしない。
そこは先生としての距離感が守られていると感じたなぁ。
へろへろで戻ってきて、落ち込んだ時にはアイスを食べる。タオルうさぎはかわいいとなごみながら、アイカツ名物、酢昆布が。らんちゃん思い出す語り口調ですね~
旧シリーズのファンとしてうれしいサプライズでした。
そして好きなことを語るということで、いままで明かされてこなかったローラちゃんのプライベートも知れて3度美味しい感じに。好きなものを伝え、自己紹介をし、話をすすめる。
今しておきたいことを並列させながら物語を進めており非常に上手い。いやぁ数段愛着がでてきました。
タルドル好きという次に楽しみな展開をみせながら、今回はいつもは引っパテもらってばかりの夢ちゃんがひっぱる。やっぱこの二人は夫婦なんだと思わせてくれますね。
わたしの好きなものを個性に。
4話でもそうだったけど、アイカツスターズは基本的には自分を大切にすることを今は説いています。
相手ではなくまず自分をみがくこと。
ローラは自分の好きなものを個性に。これまで大切にしてきたことのつながりが活かされるステージは、また違うみかたができます。ローラの個性がはいったドレス。う~ん、やっぱり印象がかわりますね。
最後は掃除の人の判明と、酢昆布アイスに悶絶する夢ちゃんというにぎやかな終わりかただったなぁ。
シンプル イズ ザ ベスト、自分の好きなものを大事に。これまでの話のつながりを大事にして、さらにそのキャラでしかできないことをする。伝えたい言葉はシンプルでしたがその裏にはいくつもの積み重ねを感じる、素晴らしい回だった。

 

今週のうさぎ!

f:id:usapen3:20160527005554j:plain

うさうなずき

f:id:usapen3:20160527005600j:plain

滝うさぎ

f:id:usapen3:20160527005607j:plain

タオルうさぎ

f:id:usapen3:20160527005612j:plain

f:id:usapen3:20160527005617j:plain

悶絶うさぎ

シンプル イズ ザ ベスト! うさぎっ娘としてリアクションであったり、シチュエーションであったり。うさバリエーション豊富ながらうさかわいいと思えるのは、個性がひきたったうさみみがあればこそ。今週もうさ素晴らしいですね。

自分好きなものを大事にすることが大切ということは、みんなうさぎを大切にしてるってこと。大事なことを伝えてくれる話でもありました。