読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさペンの館

主にアニメの感想置き場です。

DAYS 1話 「それだけで僕はどこまでも走れる気がするんだ」 感想

DAYS 1話 「それだけで僕はどこまでも走れる気がするんだ」 感想

f:id:usapen3:20160705210633j:plain

f:id:usapen3:20160705210646j:plain

f:id:usapen3:20160705210655j:plain

プレイボール!! ということでひさしぶりだよサッカーアニメ
銀河へキックオフの監督の人がやるんだぁという感じで試聴スタート。
まずは未来の姿をみせるという定番のアバン。銀オフでもそうだったなぁ。
さて今回主人公をするのは、なにも持たない無鉄砲な初心者であるつくし君。
サッカーもなんもやっとらんくて、迎えにきてくれるやさしい幼馴染みの橘さんつき。
ど定番みたい主人公でよね。
この定番すぎる主人公をどうまずはサッカーの世界に触れさせようかと考えついたのはフットサル。
まずは小規模なものから楽しんでいこうと試みます。
人情にあつくてやさしい転校生の風間君にいきなり誘われるけど、それを断りはしない。
友達としての段階を踏んでおらず急ではあるけど、そこはつくし君のなんでも受け入れるやさしい性格でフォローしている。まぁ断ったらそこで話が終わりそうだし。
順序と段階をこの時点でしっかりとしているので、すっきりしていてみやすかった。
初心者を誘いこむことはできたので、次にしたことはサッカーの楽しさをつたえること。
まぁ全然初心者なのでサッカーとよべるようなプレイはできていませんが、プレイに参加しているのが重要です。
社会人の転勤で最後の一日だから。怪我をしても頑張る原動力があるおかげで、勝負を楽しむのと同時に勝たないといけない意識を視聴者にもプレイ側にも持たせることができた。
ふとした言葉ではあるけどこれがあるのとないのでは全然違います。
体当たりで主人公がこぼれ玉をいれた意味。そこに意味がある頑張りをつけれるからなぁ。
走るのが嫌いではない、勝負をあきらめない。
主人公がサッカーに適正をもつかどうかもここでわかり、先の世界ものぞけるフットサルでした。
しかしこれでまだAパートを消費しただけ。
Bパートはサッカーのつらい部分をしることになります。
それもボールを触ってではなく、練習のひとつであるシャトルランで。
二十回目でぶっ倒れて、こなくていいっときっちり厳しさを味わいます。
持たざるものの主人公が名門サッカー部を平然とついていったらそれはそれでおかしいもんね。
今の立場と、その無謀さ。定番ですがしっかりとこの部分をやることでリアリティを感じられます。
やさしい風間君が止めるべきでなかったと言ったり、人柄がみてとれる場面もあり、それを引き出せたことにも意味があります。
しかしこの主人公あきらめない。つくし君はプロ志望のみずきさんシャトルランを継続していた。
足をぼろぼろとさせながら、フットサルの試合のように。
あきらめず、どんな困難でもくらいつく。スポ根してんなぁ。
風間君とつくし君のいちゃいちゃだったりで、ええやないの(いいのか)。まぁつくし君可愛いけいだし、こういうのもサービスってやつだよねぇ。
なんだかんだで終わったら、空気呼んでかえる水木さんも、くすっときたなぁ。

定番ながらも、段階を丁寧にふんだ初回で面白かったです。
あきらめず無鉄砲、だけど不器用なのが弱点かな。どうなっていくか楽しみだ