SHIINBLOG

うさペンの館

主にアニメの感想置き場です。

NEW GAME! 3話 「遅刻したらどうなるんだろう」 感想

NEW GAME! 3話 「遅刻したらどうなるんだろう」 感想

f:id:usapen3:20160721204113j:plain

f:id:usapen3:20160721204152j:plain

f:id:usapen3:20160721204203j:plain

f:id:usapen3:20160721204212j:plain

f:id:usapen3:20160721204220j:plain

f:id:usapen3:20160721204228j:plain

f:id:usapen3:20160721204234j:plain

f:id:usapen3:20160721204242j:plain


今回は濃厚な仕事回ということになっていました。
その前にまずは、初遅刻であせる青葉と、経験者で落ち着いてるゆんとの違い。
どんなときでもお姉さんって感じなのは変わんないよなぁゆんさん。
駅前ダッシュではしり、こける青葉もあいからわずで微笑ましい。
ツンデレ八神さんのかわいい成分含めて、遅刻というつまづきにたいしてお灸をすえながらも、その模様をみていて微笑ましくもありました。
あまりにも朝食がおいしくて遅れる。ひふみさんの理由はこのゆるふわワールドじゃなかったら、かなりあぶない理由だったようなきも。食べる姿君を想像できるアバン
で美味しい展開でしたけどえね
さてそんなゆるふわ世界の遅刻劇場はが終わってからは、お仕事、お仕事、リテイク祭り。
陰影つけてつけて、靴はどんな感じか実物をみること、固くなってるのをかわいく。
八神さんのきびしい指導に、めげすに頑張る青葉ちゃんをおもわず応援してしまう展開でした。
今回はとことん仕事って感じで、ゲーム製作に携わっている、そんなきにさせてくれます。
フィクションでかわいさを重視しても、そこは大事な部分。
苦労して作った足跡がないと、作り終えた喜びっていうのは味わえないものですから。
また今回フォローする先輩達も、良いサポートの仕方でした。
ムチばかりじゃきつい、飴ちゃん役として青葉が作ったキャラを好きだとゆんさんが言ったり、
遠山さんが通常の合格ラインではない、期待されてることを伝えます。
誉められたり、励ましたり、これがあると違いますから。
当たり前のようにそれができる職場。
そういうものがあるからこそ、きついけど楽しいっていえるんだろうなぁ。
さらに先輩だけでなく、友達のフォローもぐっとくる。
フェアリーズストーリのモブは結構作りこんであって好き。
観てる人が実際にいる、それだけで違う。
仕事仲間ではなく、プレイヤーのままでいる友人がこの言葉を言ったのがポイントかなぁと。
プレイしてる人達の視点、それがダイレクトに伝わるわけですから。
NPCなんてみられていないもの、でもそうではない。
八神さんの言葉をさらに説得力のある形で伝えきれており、プレイヤーがいるという所まで大きく物語の幅が広がりました。うまいモチベーションの高めかたでこりゃあ確かにやる気になるよね。
厳しさありやさしさあり、その中で青葉が努力し普通以上の成果をあげる青葉。
ただのがんばりではなく、仕事でどう頑張らせるか。そこまでみることができる物語だったぁ。
また葛藤の部分が多くしゃくとしてとられ、コンテもそれにあわせている。
足元の芝居させてみたり、適切な場所で微妙な視線の違いを描いたり。
とにかく青葉を構成する情報が画面にでており、本当丁寧なんだよね。
ただ会話させるんじゃなくて、構図が寝られてるというか。
前二話も他のシリーズもそうですが、そこは本当藤原監督よくコントロールされてるなぁ。
可愛いだけでなく、真面目な部分もしっかり。地力の高さをみせつけ今後のさらに楽しみが増えて、次回も期待です。