読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさペンの館

主にアニメの感想置き場です。

あまんちゅ! 5話 「仲間と始めての海のコト」 感想

あまんちゅ!

あまんちゅ! 5話 「仲間と始めての海のコト」 感想

f:id:usapen3:20160809221518j:plain

f:id:usapen3:20160809221526j:plain

f:id:usapen3:20160809221533j:plain

f:id:usapen3:20160809221541j:plain

f:id:usapen3:20160809221547j:plain

f:id:usapen3:20160809221554j:plain

 

海辺の街で、新しい世界に飛び込む少女の物語。
二宮愛ちゃんと二宮まこと君、ダイビング部のあねちゃん先輩と弟先輩との二度目の交流をした今回。
この人達が先輩だという事実事態、OPから察することができるので驚きはありませんでした。
しかしながらあねえちゃんが場をかきみだしていくのは、勢いがありますね。
いままで光とてこでぽわぽわ空間、春真っ盛りな感じでしたがl、それとは確実に違っていましたね。
なんせ拳で語り合おうですからね。空手部かなにかと思われてしかたないですから。
無断使用で怒ったり、服装のことをきにして、しっかりしてほしい。ツンツンしながらも面倒みがいい。可愛いげあるシーンもばっちりです。
それにパワフルにでかいしね! うん、そういう意味でも大歓迎ですな~
次はミューティング。
4人で弁当囲んで自己紹介し、てこの目標を決まる。
それけだでは終わらずに、黒板をキャンバスにみんなで描く、素敵行動で物語りをしめくくる。
「わたしみんなと一緒に海にもぐってる」
「これが4人で潜った最初の海」

あまりの素敵ぷりに、素敵な気持ちをもらしてしまい、はじらう姉ちゃん先輩とてこがかわいい。
この黒板に描いた場面は現実に存在し、てこの目標である。
その想いをぐっと心臓に手をあて胸にきざんでから、黒板を消す3人と混ざり合う。
目標と心にきざむこと。素敵な世界というのは海にもぐらずともあり、この日常こそもそうなんだ。
そういったことを感じるお話でもありました。
パワフルな姉ちゃん先輩を加えて目標も刻んだ。次回どうなっていくか楽しみだ。