読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさペンの館

主にアニメの感想置き場です。

テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス 6話 「ベルベット・クラウ Velvet Crowe」 感想

テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス

テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス 6話 「ベルベット・クラウ Velvet Crowe」 感想

f:id:usapen3:20160818203239j:plain

f:id:usapen3:20160818204201j:plain

f:id:usapen3:20160818204207j:plain

f:id:usapen3:20160818204213j:plain

f:id:usapen3:20160818204222j:plain

前回の続きから。

まずオスカー戦はキレのいい戦闘シーン。

アクロバティックな動きやら、仕込みの足にとりつけられたナイフだったり
まるで獣ようだと比喩された通りの、説得力がある描写できていました。

胸を強調しているデザインですので、その観せ方にも気をつかっていたね。

またドラゴン戦においては、ドラゴンの動きの素早さ破壊力をつたえてくれる。
それはセンスの良いカットであったり、エフェクトであったりこどわりを感じます。
特に魔法を避ける所、どれほどに俊敏なのか。それがよく伝わるシーンでした。

そんな戦闘シーンありつつ、シアリーゼを吸収し、強力な力をえてベルベットがドラゴンを倒す。

ある意味でアルトリウスと同じように、他者を喰らい力を得てしまっている
そこがどうかかわってくるのか、マギルとさんはいったいなにものだと思いながらも、アニメとしてなここまで。
ダークな世界観でこれからどうなっていくにか、二話ながら、きになる話には仕上がっていたのかな。

次回からはゼスティリアの世界に戻る。

レディレイクに襲う厄災がどうなっていくのか、いよいよ観られるということで待ち遠しいね。