読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさペンの館

主にアニメの感想置き場です。

アイカツスターズ! 23話 「ツンドラの歌姫、降臨!」 感想

アイカツスターズ!

アイカツスターズ! 23話 「ツンドラの歌姫、降臨!」 感想

f:id:usapen3:20160916231530j:plain

f:id:usapen3:20160916231556j:plain

f:id:usapen3:20160916231604j:plain

f:id:usapen3:20160916231616j:plain

f:id:usapen3:20160916231623j:plain

f:id:usapen3:20160916231638j:plain

f:id:usapen3:20160916231651j:plain

f:id:usapen3:20160916231700j:plain

f:id:usapen3:20160916231706j:plain

圧倒的な個性を持つ、リリィちゃん降臨。
ゆずちゃんとの思い出話を絡めて、華々しい復帰を飾った回。
それでは振り返っていきましょう。
個性をみつけて右往左往。
今までもセルフプロデュースということで個性を大事にしてきた本作が、ついにこれだといえる個性をみつけることが物語としても提示され、個性探しの旅のはじまります。
個性! そうだ、四ツ星学園7つのラッキーを探そう。
とまぁかなりの他力本願で今回のお話は進んでいましたけどね。とはいっても今回ガチでなにかを目指すではなく、学園を探検するのが楽しい。
いつもよりもかなり和やかなフィルムになっていましたね。
愉快なやりとりも多くて。仲良く百合ってるのがええなぁ。
真昼ちゃんもさらっと加わつて、夢を叶えてもらおうとする。
あれれ、14話で願い事は叶えないといったあの娘が……なんてことは思わなくても大丈夫。。
今回は夢ちゃん達の協力。あくまで他人が願い事を叶えるのには寛容だし、
共になにかをすることでみつけられることが楽しい。
最終的には7つの謎探しをみつけるのが、目標になっているのが真昼らしかった。
「学園の中の4つ星をさがせ、さすればビックスターになれるであろう」
「美術室で美しい人にあえたなら、どうように美しくなれる」
ダンスを極めたければ、時とともにステップをきざめ」
「鏡のなかにある無限の自分に決意をさけべ」
「華やかさを得たければ、踊る妖精をさがせ」
「夜小さなピアノの調べを耳にしつつ、まじないを唱えればうたが上達する」
「見るものすべてを凍らせるツンドラの歌姫をさがせ」
ゆり先輩たちにも引き継がれたものが、後輩の夢たちにも。
学校生活と距離をとらざるえない作品だけど、学生としての楽しみをみせておく。
先輩後輩とのつながりをみせたりと、今までやれていなかったことができていたなぁ。
なにかを共有し合える関係っていいよなぁ。
S4のメンバーもやったりしたのかなぁと妄想が広がりますね。
さてそんな学園メンバーの話から離れた、ゆず先輩はリリィちゃんに猛烈アタック。
子供のころから変わらない関係。それが顔を出してくれました。
リリィちゃんののしかかりストレッチ、はくすっときたなぁ。
あのゆずちゃんが押されって、わたし新鮮だったぞ☆
それと絶対なる信頼のおきかた。
復帰ライブを強引にとりつけて、できると励ますゆず先輩。
それに対して、時間が足りず不安とおもいながらも挑戦できてしまうリリィ。
リリィの謎会話を通訳でき、子供の頃から知っていた仲。
お互いがお互いを認めている。そんなやりとりがしっかりと凝縮されていました。
リリィちゃんの個性は本を読んでえた独特な言い回し、クールで天然な所、だったりって印象ですね。
どことなくアイカツ! だと、ミステリアスな感じがユリカ様と似ているなぁとも。
そして氷属性(魔法)を放つ、能力者。
確実にこれまでいなかったアイドルってところをみせつけてくれました。
ゆず先輩のパワーをそのままに、また違う一面をみせるリリィちゃん。。
クールでパワフル。二人でライブ姿もみたいですね。
個性と友情をみせてからのリリィちゃんの単独ライブは、おっとりではなくアップテンポで攻める感じな曲調でクールの中にも熱さがこもっていました。
冷たいツンドラとはまた違いますけど、リリィちゃんの復帰を飾るいいライブでした。
個性たっぷりのリリィちゃんをみて、夢ちゃんも個性を探そうとやるきに。
新メンバーも増えて、武器となる個性をみつけたい。
新章突入で新しい軸がみられた、そんな回でもあったなぁ。
次回は実家でケーキづくり。またまた仲が良いところをみられそうで楽しみ。

 

今週のうさぎ!

f:id:usapen3:20160916231524j:plainで、でたぁ~探偵うさぎ。

ゆめちゃんにくんくんしながらしてる所が妄想できますなぁ。

次回もどんなうさぎをみせてくれるか楽しみ。