SHIINBLOG

うさペンの館

主にアニメの感想置き場です。

DAYS 15話 「きっとこれ以上聖蹟にいてはいけない」 感想

DAYS 15話 「きっとこれ以上聖蹟にいてはいけない」 感想

f:id:usapen3:20161023021047j:plain

f:id:usapen3:20161023021340j:plain

f:id:usapen3:20161023021349j:plain

f:id:usapen3:20161023021356j:plain


前回の合宿の続きから。
試合のビデオをみたい。
まったく動けなかったことを反省するためにつかもとが、体格差を感じ考えるためにはいばら先輩がみる。
技術と体格それぞれ違いますが振り返りたいという行動は同じ。不安というものを軸に展開され、対比関係が丁寧に描かれていた。
大島先輩にはなれないと、殴ってまではいばら先輩はつかもと君に厳しくあたるのは、体格差で同じようになれないと自覚しているから。どうしてという理由が浮かんできた時にすぐに解答を得られる。
多くのキャラを扱っていながらも、そのシチュエーションごとの的確なことをできるっていうのは簡単なようにみえて難しくよく考えられているなぁ。
つかもととはいばら先輩の共通点と違いを描いてからの試合は
はいばら先輩が自信を持ち、つかもとはディフェンダーを通してボールをつなぐ重みを知り、それぞれのポジションで違う成長をしました。
ただすべてが違うというわけではなく、背負うべきチームの仲間のことをより自覚したという点については同じ。
成長をどう効果的にみせていくかということに対し、つかもととはいばら先輩を絡めることでより解りやすくなにが大切かを感じとることができました。
二人の成長ということで、単体の話数として十分すぎるほど仕事をこなしているのだけど、さらに今回はつかもと君だからこそともいえる悩みが描かれる
部内でのポジション争い、勝ち負けを本当に嫌がっていた。
こういう展開だからではなく、つかもと君としっかり向き合えてるからこそ。キャラクターを大事にした展開で非常に好ましかった。
普通はうじうじって感じるんだけど、ちゃんとそこにいたるプロセスがあるからきにならないのがこの作品の強もだなぁ。
つかもと君なら悩んでもしょうがない。そう思える作品の空気をつくれ、この作品だからこその独自性を感じたなぁ。
次回はそんな悩みをへて、より前に。どんな展開になるのか楽しみだ