読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさペンの館

主にアニメの感想置き場です。

DAYS 24話 「このチームでもっとサッカーがしたい」 感想

DAYS 24話 「このチームでもっとサッカーがしたい」 感想

f:id:usapen3:20161226204603j:plain

f:id:usapen3:20161226204620j:plain

f:id:usapen3:20161226204627j:plain

f:id:usapen3:20161226204636j:plain

f:id:usapen3:20161226204646j:plain

f:id:usapen3:20161226204653j:plain


京王戦終幕。
エリートなんてぶっつぶせというエールを送る京王は最後まで熱いなぁ。
ここまで熱戦した相手なんで、心にぐっとくるね。
その時京王自身のサポーターの熱が冷めていたりと、10人で試合していたことを痛感させる場面があり、簡単にお前らすげぇとはならん所は、これからどう認められていくかの原動力になる。
現実的にどう熱戦になるのかということを追求された上での試合で、それをみた観客も現実的。
試合の外側と内側、そういった部分の感情表現までやれていたのが非常に良かったです。
試合後はつかもとすげぇから、つかもと自身はまだまだ自分が未熟だと知り練習を積み重ねる。
0ゴール、0アシスト。悔しくて
つかもとが活躍していたという視聴者心理をついている物語の運び方ができており、
さらにつかもとのことに関心することができた。
先はある程度読めているんですけど、出し方が自然で、つかもとらしさというのがこの作品として出ている。
同じようだけど、でもこの作品らしいよねぇというやりとりまでいけているのは、しっかりとした積み重ねができている証拠だと思ったなぁ。
2クール分はつきあって、キャラにも愛着わいて、それでまた1話を思いだしながら振り返れる。
一段落させるうえで、やるべきことはやれていました。
それからは東院戦への準備。
生方マネージャーの奮闘はかっこかわいかった。こう普段動かな人が動くとより強敵って感じがするなぁ。
ということで一旦本作は終わり。

東院学園編がはじまることも告知されて、次なる舞台まで心待ちにしていたいですね。