読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさペンの館

主にアニメの感想置き場です。

アイカツスターズ! 40話 「プリンセスダイヤを追え!!」 感想

アイカツスターズ! 40話 「プリンセスダイヤを追え!!」 感想

f:id:usapen3:20170119205353j:plain

f:id:usapen3:20170119205401j:plain

f:id:usapen3:20170119205418j:plain

f:id:usapen3:20170119205425j:plain

f:id:usapen3:20170119205438j:plain

ひさびさのドラマ回は刑事もの。
プリンセスダイヤを狙う予告状が届き、犯人逮捕まで、二転三転する内容を面白くみせてくれました。
ポスターの字が綺麗なのがきずくきっかけ、ゆめちゃんがぶつかった時にはもう盗まれた。
あからさまじゃなくて、隠すべき所は隠している所が特にかな。
刑事ものとしてしっかり、どうなんだろうと考えるべきポイントがあるのはとても大切なことですね。
内容がしっかりしており、コミカルな成分は少なめ目。
個々のアクションをじっくりとみせていた所もポイント。
ゆりちゃんを追走していく場面は特に派手なアクションがおおく、普段とのギャップがいいね。
あこちゃんが言葉で言っていたとおりの派手なアクションを、映像としておとしこめている点は、見せ所を解っていると感じました。
大きく今までの劇と違うのは、あこと翼のバディとなってその差をみせていく先輩後輩の立場をはっきりと話しの中でも展開したこと。
S4戦というビックイベントを控えており、目指すべきS4達にどうしがみついていくのか。
そういった隠されたメッセージなんかを自然とみせていくというのは、よく考えられていて、見終わった時感心しましたね。
完全息抜き回でもいいんだけど、あえてそうはせずにしっかりと全体のストーリーの中で活かされていく。こういう丁寧な部分がみられだけで、話しとしての評価という点ではだいぶ違ってきますね。
また20話の映画『ボディバード』で翼先輩の刑事としての貫禄をつけさせていることで、具体的なビジョンとして彼女の凄さが残っている。
同じ刑事ものをさせているのにも理由があり、それが師弟関係をより際立たせている。
過去のつながりにも目を光らせている点も素晴らしかった。
個人的に好きな場面ときかれると、ゆめちゃんが不敵な笑う所と僕の場合は言ってしまうのはしかたない所だけどね。だって素晴らしく鮮やかだったからしかたないね。
次回は冬フェス。予告のベンチで真昼と夜空が……さてどうなるのやら。

 

 

今週のうさぎ!

f:id:usapen3:20170119205620j:plain

f:id:usapen3:20170119205626j:plain

怪盗うさラビットになったゆめちゃん。

素早く仕事をするお姿。さすがすばしっこいうさぎさんだなぁ。

 

f:id:usapen3:20170119205634j:plain

うさ上目づかいがうさかわいいかった。

なにげないこの感じが好きですね。