読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさペンの館

主にアニメの感想置き場です。

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期) 42話 「落とし前」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期) 42話 「落とし前」 感想

f:id:usapen3:20170206201943j:plain

f:id:usapen3:20170206201951j:plain

ジャスレイ戦。こちらの憎しみをぶつけすぎることもなく、あっさりと殺す。
次回への布石のためという感じが強い回で特になにかいうことないですね。
特に強敵でも、味方側に感情移入するわけでもないしね。
つぶすべき相手をつぶして、しっかりお話を進めてました。
イオクもそこまでなにかすることなかったな。
苦戦させられたダインスレイブをどうにかするわけでもなく、戦闘描写は多くてよかったけど雪辱まではいたらなかったようなきも。まぁどっちでもいいかな。とりあえずロボットみれてよかった。
人間じゃないあたりのくだりは、かなり以前からやってるくだりなので特に今回それについては言及しないです。真新しい情報ではもないしね。
クーデリアは、自分だけが鉄華団じゅないといつの間にか離れたことを悟る。
目指すべき場所が違ってしまったから。二期の離れた立ち位置の彼女という影がようやく濃くなってきた。一期までの主軸とは違ったアプローチ。あまりこういったことは他の作品ではやらないので、彼女がどんな視点でこの戦いをみまもるかのか楽しみではありますね。
革命をおしすすめるマクギルス。それについていく鉄華団の運命とは。次回も楽しみ。