読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさペンの館

主にアニメの感想置き場です。

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期) 43話 「たどりついた真意」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ(第2期) 43話 「たどりついた真意」 感想

f:id:usapen3:20170213195206j:plain

f:id:usapen3:20170213195332j:plain

f:id:usapen3:20170213195339j:plain


ついに動き出したマクギルスという回でした。
過去のマクギルスのことだとか、今回の主役はお前だという優遇ぷり。
暴力によって組み伏せられていたものが、暴力によって居場所をみつけ歩んでいく。
甘い仮面の下には血を感じさせる描写が多く、過激な行動にうってでたのは納得です。
対してガエリオは仮面の姿をさらけだし、マクギルスにもう一度だけ話をし、すぐには殺そうとはせずあくまで騎士としてのけじめをつけようとする。
暴力的な彼と対比されるそれらの行動は、友に対する憧れという言葉で正当化されているだけあって、彼の清純さはこころうたれるものがあった。
どちらが主役かと問えば間違いなくガエリオではあるんですけど、この物語においてはそれはあくまで一つの要素でしかない。
一人の力に頼らずアインの力を借りて突き進む彼は応援できるやつではあるが、彼が幸せをつかめるほどこの世界はやさしくないからな。
また甘い一面をみせるのか、それとも報いを与えることができるのか、ぐっとキャラの理解が高まったおかげで一番感情移入できるキャラになっていました。
鉄華団面々は、正直入り込む隙がこの話においてなさすぎる。
最終局面にはいっていくにつれてかやのそとだって感じが、すごいしますね。
復讐はまだ終わってねぇだとか完全ぶちぎれビーストモードだったら、鉄華団らしくもある血肉にうえた絡みができるんだけどなぁ。ナゼやテイワズの後ろだてがなくなった危うさってもんをもう少し出してくれないとせっかく死んでいた人達の意味がない。
今回はマクギルスの背景を語ることに重きをおいていたから描写できなかったと思いたいね。
あんまりにも関わるような言葉を言わせてないので、さすがに言いたくなるなこういうことは。
バエルとアグニカカイエルを手にし、自分が信じるべき暴力によって世界を支配しようとするマクギルス。それに対してガエリオ、鉄管団、アリアンロッド艦隊がどう対処していくのか、次週楽しみだ。