SHIINBLOG

うさペンの館

主にアニメの感想置き場です。

NEW GAME!! 7話 「凄く熱い視線を感じる」 感想

NEW GAME!! 7話 「凄く熱い視線を感じる」 感想

f:id:usapen3:20170823202155j:plain

f:id:usapen3:20170823202209j:plain

f:id:usapen3:20170823202221j:plain

f:id:usapen3:20170823202233j:plain

f:id:usapen3:20170823202244j:plain

f:id:usapen3:20170823202358j:plain

ねねっち入社面接、クリスティーナとキャラ班、新人二人が登場。
今までの流れを踏まえたその後の進展を着実にこなし、新しい軸で物語が動き出しそうな予感を感じさせた。
ねねっち入社面接は、青葉参加でうみこさんが面接官。
デバックで興味をもち、ゲームをつくったことで働きたいという動機を持ち、自らがやりたいと思ったこと好感触。
青葉を参加させることで気が緩まないか確認するなど、親しい中にも礼儀あり、
社会人と友人との区別をしっかりつけさせているのは手堅いものだった。
というかうみこさん、ねねっちのことかけあってくれていたんだな。
努力を間近でみているし、裏でいろいろ頑張ってくれてる姿を想像するだけでキャラとの親密度ってやつが全然違う。
本作は裏での根回しとかが丁寧な部分が多くて、おかしなことにならないのがいいですね。
ねねっちはアルバイトからということで、いろいろ雑務をまかされることになる。
へこたれたりしちゃうけど、まぁそれはそれでねねっちらしいかな。
新人のなるちゃんもきたりで差をきっちりつけられるし、今後もねねっちはクローズアップできる要素はまだまだ秘めていそうで楽しみ。
クリスティーナとキャラ班のやりとりは、キャラ班に嫌われていないかびくびくしながらのやりとりで人間味だしてきたのは手堅いですね。
いろいろヘイト集めざるおえなかった八神と青葉さんの対応だったのですが、それを良く思っていないという描写をいれることで、本当はそう思ってくれていたんだと自然と思える。
視聴者がわの立場になって気持ちを考えられるというおは好感度が高くなるね。
いろいろ潔癖だったり、猫をつかってやりとりしたりと、ギャップもある。大人としての体裁を維持しながら可愛さをみせる手法は見事。
一人一人のキャラを大切にしているんだと解る話でした。
新人二人、なるちゃんともみじ登場。
もみじは八神さんラブのクール系ライバルポジ。
どじっこで人見知りだったりでツンツンしているばかりでなく、後輩として放っておけない要素があるのはいいすね。
言葉を言い過ぎたりしそうで距離感がつかめないやっかいな後輩。
その後輩に対してどう接していくのかが、青葉の今後を左右するんだろうな。
もみじちゃんがくせが強いぶん、なるちゃんが橋渡し役としているのは、王道ではありますがやりとりにおける安定感が違いますね。いて良かった。
もうすでにそういうオーラがにじみでているキャラですね。
既存キュラの進展もみせつつ、新キャラで新しい息吹を感じさせる、今後がますます楽しみになるお話でした。