SHIINBLOG

うさペンの館

主にアニメの感想置き場です。

アイカツスターズ! 70話 「ジャングルカツドウ!」 感想

アイカツスターズ! 70話 「ジャングルカツドウ!」 感想

f:id:usapen3:20170824213401j:plain

f:id:usapen3:20170824213423j:plain

f:id:usapen3:20170824213438j:plain

f:id:usapen3:20170824213455j:plain

f:id:usapen3:20170824213522j:plain

f:id:usapen3:20170824213635j:plain

f:id:usapen3:20170824213624j:plain

f:id:usapen3:20170824213659j:plain

f:id:usapen3:20170824213712j:plain

f:id:usapen3:20170824213728j:plain

f:id:usapen3:20170824213750j:plain

f:id:usapen3:20170824213820j:plain

f:id:usapen3:20170824213856j:plain

f:id:usapen3:20170824213952j:plain

f:id:usapen3:20170824214003j:plain

アイカツコラボ第二弾。
ソレイユにトライスターのメンツがそろうだけでなく、なんとソレイユのライブが。
そしていちごちゃんもライブしてソレイユたちがそれをみている。
夢が詰まりすぎて終わった後も興奮が収まりませんでした。
無人島へ迷い込む、ゆめ、小春、ローラ。
闇雲にジャングルをさまよい、崖から落下しそうなったゆめちゃんをいちごが助ける。導入部分で不慣れなゆめ達を描くことで、いちごのたくましさがひきたつようになっていました。
いちごはこんなキャラだよってことは知らない人でも解るし、知っている人だといちごはいちごであいからわずだなぁと慣れたのがいいですね。
あおいと蘭のソレイユ、そしてトライスターと合流。
まじかこのメンツか~第一シーズンですやん、とテンションかなりあがっていましたね。
トライスターが思いのほか不意打ちで、本当懐かしい。
そうだよな、このユニットたちがあるから今のスターズがある。
勝手に個人で盛り上がれる要素多すぎでやばい。
それからはローラはトライスターに、ゆめと小春はソレイユに。
ゆめといちごは悩みはあっても前向きになり、
美月とローラはライバルがいることの嬉しさを語る。
こういうやりとりしてほしかったなぁというのを的確についてきますね。
一番の理解者がよりそっている感じがいい。
そしてそれが一番やばかったのは小春と蘭ちゃんの会話。
お互い離れた期間のこと話していてすげぇ解る解るってなってたのがやばすぎた。蘭も小春もあっていろいろあってここまで来てる。お互いに苦労しているからこその共感で、アイカツが背負ってきたものをアイカツスターズは受け継いでいるのだと再確認できた。
それからは斧だったり崖だったり、いちごと一緒にアイカツイベント制覇。
いちごとゆめちゃんがアイカツしているってだけで、やばすぎて、やばすぎて、やばすぎた。
なんかテンションのあがり方がすごかった。
同じアイカツしているだけで、嬉しいなんて販促やで。
かえで寿司や安定のユリカ様だったりと、懐かしいやりとりあって、至福の時が続きすぎ。
キャンプファイヤーしている時なんて、スターズの面々ともあんなに楽しそうに。もう嬉しいとしかいえないよ。
改めてどちらのキャラも好きだからこそ、この交流がかけがえのないものだと思えた。
それからさらにソレイユのライブだもん。
そりゃあテンションやべぇわってなるし、まじで夢!
夢をみているんだとしかいえない状態に。
お前らすげぇ懐かしいし最高だよ。
しかもその後、アイカツメンバーにゆめちゃんがライブをみせている。
すげぇよ。すげぇよ、ゆめちゃんって、もうテンションのあがりぱなっしで、きずいたら終わってましたね。
なんかもう嬉しいとかやべぇとかしか感想書いてないようなきがするが、まぁ本当こんな感じだったしいいよね。
まさに夢のような回と呼ぶにふさわしいものでした。
次回はなんといきなり留学が終わる。まじかよ、いろいろありすぎてやべぇわ。

 

今週のうさぎ!

f:id:usapen3:20170824213635j:plain

うさあああああああああああああああ

ゆめちゃんの斧うさぎ。

勇ましいうさぎらしさが増してかっこいいですね。

 

f:id:usapen3:20170824213728j:plain

うさああああああああああ

ゆめちゃんのうさ崖登り。

気高き高みを目指す姿はうさうつくしかった。

 

 

f:id:usapen3:20170824213750j:plain

うさ気高い場所でいちご先輩と。

まさにうさドリームシチュエーション、うさ素晴らしかった。