SHIINBLOG

うさペンの館

主にアニメの感想置き場です。

NEW GAME!! 10話 「どんどんリアリティが薄くなっていくんだよ」 感想

NEW GAME!! 10話 「どんどんリアリティが薄くなっていくんだよ」 感想

f:id:usapen3:20170913204827j:plain

f:id:usapen3:20170913204942j:plain

f:id:usapen3:20170913204957j:plain

f:id:usapen3:20170913205008j:plain

f:id:usapen3:20170913205019j:plain

f:id:usapen3:20170913205031j:plain

f:id:usapen3:20170913205044j:plain

f:id:usapen3:20170913205058j:plain

f:id:usapen3:20170913205116j:plain

修正修正修正の日々、仕様書の変更をしなければいけないはじめと、それに対応しなければいけないなるちゃん、甘えそうで甘えない高みを目指すねねっち、プログラマー勢との関わりがお話の中心に。
作業をまた増やさないといけない、妥協したくなる誘惑に負けそうになるはじめちゃんとねねっちというのが人間らしい一面を保っていた。
そのおかげで良いものをつくるためという喝がより効果的な励みになるし、視聴者の共感も集めることができる。本作は人の弱みを描き方がバランスが良くて、それがリアリティを生んでいる。
ゲームにおいてのもリアリティとリンクするかのよに、創作物である本作もリアリティが肉づけされている。作中で言っていることが実際にできているのが、より説得力をうんでいたと個人的に感じたかな。
なるちゃんもリアリティの肉づけされているキャラで、小馬鹿にしたり合否をきにしたりと、自分のことを優先して考えていることがある。心象は悪くうつりますけど、これがないと全知全能キュラになってしまうので。人間くさい所だすのは本作の方針にマッチしていると思います。またねねっちのことを認めたり、ねねっちが帰りきさくに挨拶してくれるのをきにしたりと、予想通りにだんだんとデレてきている。
うわぁ、わたしだけなんか馬鹿みたいに嫌ってるのってだめじゃん。
みたいに真面目に考えてそうで美味しいね。
ねねっちはねねっちで、なるちゃんい指摘されたことをやってみようと努力みせる。
すげぇ努力家な面もあるけど、ちょっと諦めがちな所がええんや。
熱血でのりきるよか、だめだけど頑張っているこのほうが応援しがいある。
ねねっち株の高まりがやばすぎてやばすぎるな。
プログラマー勢メインの話の他、八神さんのことにも触れていく。
焼き芋買って正妻アピするりんちゃんに、プレゼントする八神さんというイケメンぷり発揮してますが、その裏ではなにか思う所が。
ずっと感謝してたとか、やさしくするとか、それお別れフラグだからね。
なにかと不安をかきたてられる八神さんサイドでした。