SHIINBLOG

うさペンの館

主にアニメの感想置き場です。

NEW GAME!! 11話 「心になにか抱えてるのか」 感想

NEW GAME!! 11話 「心になにか抱えてるのか」 感想

f:id:usapen3:20170920202714j:plain

f:id:usapen3:20170920202822j:plain

f:id:usapen3:20170920202847j:plain

f:id:usapen3:20170920202907j:plain

f:id:usapen3:20170920202921j:plain

f:id:usapen3:20170920202938j:plain

f:id:usapen3:20170920202954j:plain

f:id:usapen3:20170920203005j:plain

f:id:usapen3:20170920203015j:plain

f:id:usapen3:20170920203031j:plain

なるっち城陥落ねねっちとの共同作業、マスタープレイで和やかムード、さよなら八神さん、フラグ乱立していた部分を綺麗に回収しながらも、ねねっちは黒いなるっちは絆を深められたが、八神さんは先輩として後輩の仲をとりもつことで別れを明確にする、明暗が別れた回だった。
Aパートはねねっちとなるっち中心。
ねねっちがコード短くなるよと言われても、評価を下げられたくないという思いからそれを隠すようにいうというかなり心証の悪くなることをしてました。
ここが駄目だったら夢をあきらめなければならないということで、なるっち側がなぜそこまで評価にこだわるのか描写されていましたけど、間違いの指摘をなかったことにするのは受つけない人いそうだなぁと。真面目キャラという側面があるのにということ言われたら、うなるしかないもんあぁ。
まぁ個人的には話の流れのためになるっちが悪いイメージ与えなきゃなんでしゃあないとは思っているけどね。理由としても納得だからね、
そんな猫かぶりまのなるっちは、評価を優先しすぎたためにバグだらけだと発覚。
それに対してねねっちは、あきらめちゃだめだよということですげぇ頼れるのが最高やった。
バグシートすぐつくって、徹夜までつきあって、ねねっちがこんなにも頼りになってるのをみて熱くなった。あんなだめだめだったのに、こんな立派になって。
手のかかる娘ほどかわいいというのは、こういうのをいうやな。
ねねっち株がバクあがりで、最高やった。
なるっちもねねっちのことみとめて、ようやく枷が外れたなぁと。
いろいろと背負わせれているものもありつつ、新人として失敗もしなきゃならない。
なるっちがいたからこそ、物語として成立している部分が多くて、良い活躍をしてました。
進捗具合によってはミニゲームをけずる、そういった危うさが生まれたのはなるっちのおかげで、話に緊張感があった。
Bパートは、さよなら八神さん。
ついにりんさんが真実をしってしまい、腕時計ばっかりにぎってやばい。
ライフ0というかりんさんの存在がこのままき消えるんじゃないかというくらい闇落ちしてて、胸をつままれる。八神さん大好き人間だからそうなるよ。
当事者の八神さんは、後輩のためにできることをするために、マスター前のプレイをみんなでいこうと呼びかけたり、もみじともコミュニケーションをはかる。
離れていてもさみしくない、そう信じて接する姿はかっけぇな。
八神さんがいるとなにかと問題なく進みぎる。ストーリーのためにしかたないという前提があってみている人は多いと思うけど、この別れが許される雰囲気になっているのは、他のメンバーがそれぞれ挑戦をしているからなのかな。
自分がいなくても大丈夫、はっきりいってまだまだ二年目の青葉にすべてまかせるのは早すぎるという理屈はあるんですど、物語のキャラクターはつねに挑戦をし続けて欲しい。
そういった大きな物語の流れが、八神さんの別れを理屈あるものに変えていると思います。
とはいってもお別れはさびしい。それを知って青葉はどうなっていくのか。楽しみだ。