SHIINBLOG

うさペンの館

主にアニメの感想置き場です。

ジュエルペット マジカルチェンジ 26話 「ジュエル弁当マジカルチェンジ/暴け!マジカル占いのヒミツ!/朔太郎のマジカルおとぎ話」 感想 『嬉しいね、だってお揃いだもん!』

ジュエルペット マジカルチェンジ 26話

「ジュエル弁当マジカルチェンジ/暴け!マジカル占いのヒミツ!/朔太郎のマジカルおとぎ話」 感想

『嬉しいね、だってお揃いだもん!』

 

f:id:usapen3:20150927082832j:plain

あいりちゃんの手作り弁当。さくにいうらやましい!!という所からはじまります

 

f:id:usapen3:20150927082942j:plain

食ぱんじゃなくて、昨日残ったおでんのはんぺんを加えるあいりちゃんがうさかわいすぎた

朝食にはんぺん女子という可能性を提示していくスタイルきらいじゃない。

 

あいりちゃんがっこういってたけ?

はてはて視聴者も覚えてませんなーということでルビー達が調査に。

この辺はメタリながらの進行で話の持っていきかたがスムーズだった。

 

f:id:usapen3:20150927083316j:plain

 

f:id:usapen3:20150927083753j:plain

f:id:usapen3:20150927083937j:plain

スタンプラリー回を思い出すような瞳だけをうつすシーン。

その暗闇からはあいりたちゃんのあおりぎみのカットが

今までに使用したことのある手法をかっちりと使いつつ

別の視点でキャラクターをみせてくれるのは上手いし、嬉しかった。

f:id:usapen3:20150927084112j:plain

まだまだはんぺんを加えて走るあいりちゃんうさかわいいすな

f:id:usapen3:20150927084153j:plain

ジュエル弁当かわいい。米粒らしさがでてる丁寧なカットだった。

 

f:id:usapen3:20150927085049j:plain

f:id:usapen3:20150927085005j:plain

いつもとは違う路線バスに乗っているローラを心配するあいりちゃん。

うさかわいし、ええこやなぁ。

 

 

f:id:usapen3:20150927084540j:plain

はみだし者の不良あいりちゃん、わるうさぎですなぁ。

f:id:usapen3:20150927084630j:plain

でもこのコラはマジキチwwwwww

リストラされた中年のあいりちゃんなんて誰も望んどらんぞwww

スタッフの頭がいつもよりどうかしてるなぁと思ったカットでした。

 

f:id:usapen3:20150927084837j:plain

ローラを心配して様子を見守るあいりちゃんがうさかわいいすぎる

 

「なにかあったぁの」

f:id:usapen3:20150927085429j:plain

やさしくたずねるあいりちゃん、ええこだよなぁ

ズル休みだとローラと言い合うのも微笑ましいかげりだった。

「」

f:id:usapen3:20150927085743j:plain

うわあああああああああ。キャラ弁にあこがれているローラかわいいなぁと

思って笑みをうかべてしまう、あいりちゃんがうさかわいい

はずかしがるローラもかわいいというすばらしきシーンでした。

 

「みんなとお弁当食べるのがちょっとはずかしい」

f:id:usapen3:20150927090117j:plain

 

f:id:usapen3:20150927090126j:plain

先輩達のキャラ弁というサービスカットのあっと、

学校で友達と仲良くお弁当を食べるあいりちゃん。

学校生活という日常を実際にみれて微笑ましくなりつつも

両親がいないあいりちゃんゆえの葛藤が心をきゅっと締めてくる。

その2つの味わいぶかいものが、このシークエンスをよりよいものにしいてた。

両親が仕事なので家にいないローラと同じ境遇ゆえの話の展開もすっと

入っていきやすいものだった。

 

「お揃いだねわたしたち」

f:id:usapen3:20150927090644j:plain

同じ境遇であることでお互いの理解を深めてから、

同じタイミングでお腹をすかせた音を目立たせない程度にならす。

タイミングがよくねられ今の雰囲気を壊さない丁寧なシーンだった。

 

f:id:usapen3:20150927091100j:plain

f:id:usapen3:20150927091031j:plain

f:id:usapen3:20150927091039j:plain

地味なお弁当がキャラ弁に大変身!

キャラ弁でお揃いの二人がなんとも微笑ましいシーンでした。

 

お弁当で悩んでいた二人をジュエルペット達がキャラ弁になってあげて

笑顔に変えてしまう。そこにお揃いの二人というローラやあいりの

つながりまでみせてしまう、微笑ましいやさしさがぎゅっとつまった

お母さんが作るキャラ弁のようなお話でした。

 

 

f:id:usapen3:20150927091919j:plain

 

f:id:usapen3:20150927092135j:plain

今回の標的はマジカル占いという感じの導入。自虐ネタというアウトプットを

次のアウトプットにつなげ話にしてしまうとはさすがだんぁと思ってみてた。

 

12種類の星座、4種類の血液型で運命が決まることに、

アホかといいたいというさくたろうの意見はなんとなく解るようなきもする。

 

「ルビーがおかしい? ルビーがおかしいのはいつものことじゃない」

f:id:usapen3:20150927092704j:plain

あいりちゃんも俺等視聴者もそう思ってるから別にいっても大丈夫だよね。

冷たいとかそういうことじゃない。真っ当なことを正直にいうのもやさしだぞ☆

 

f:id:usapen3:20150927093014j:plain

f:id:usapen3:20150927093204j:plain

f:id:usapen3:20150927093213j:plain

ルビー先生と呼ばれ随分辺鄙な場所にある占い小屋で、

マジカル占いを考えるルビー

スタッフの適当さを押し付けられるルビーという構図だなぁwww

と思いながらみてました。

でもルビーのせいならしかたないという感じになっているのが上手いと言えば上手い。

 

f:id:usapen3:20150927093641j:plain

f:id:usapen3:20150927093656j:plain

ネタ切れのルビーを応援するあいりりゃん、それとラブラ。

なるほど。どんなに適当でもルビーが頑張っているから応援したくなる。

だから考えているスタッフも応援してよねということが伝わってくるシーンでした(こらこら)

 

f:id:usapen3:20150927094114j:plain

f:id:usapen3:20150927094143j:plain

f:id:usapen3:20150927094151j:plain

ひらめいちゃったルビーを録音するカイヤ。

“録音”とわざと書いてあるのも、なにをしているのがわかりやすく笑いにつながったなぁと。

 

マジカル占い頑張って考えてるスタッフをルビーに例えて展開したお話。

マジカルチャンジでしかできないアウトプットを

さらにアウトプットしていく流れが面白かった。

 

f:id:usapen3:20150927094857j:plain

f:id:usapen3:20150927094946j:plain

f:id:usapen3:20150927094955j:plain

悪そうに演技するあいりちゃん、わるかわいいすなぁ。

シンデレラなあいりちゃんも見てみたいと思ったりもしちゃったかなぁ。

 

f:id:usapen3:20150927095142j:plain

かぼちゃルビーは違和感感じないのが不思議。デフォルメ上手いなぁと思ったなぁ

 

f:id:usapen3:20150927095429j:plain

お姫様ではなく、王子様の朔太郎がお城のパーティに。

最初意外と雑だと思ってたら、ボディペインティングだということで納得した。

 

f:id:usapen3:20150927095725j:plain

お城の舞踏会。モブかわだったなぁ。

 

f:id:usapen3:20150927100116j:plain

f:id:usapen3:20150927100232j:plain

シンデレラドレスのローラちゃんかわいいすなぁ。

 

「このままでは大変なことになる。だったらめちゃめちゃ大変なことをすればごまかせるかもしれない」

魔法がとけそうになっていた時の朔太郎の対処の言い回しは、面白いなぁと。

 

f:id:usapen3:20150927100638j:plain

さくたろうがじいさんになって、ローラが妹になれましたとさ……

浦島太郎成分をまぜこんだ、なんとも強引なEND

 

f:id:usapen3:20150927100802j:plain

俺等もローラちゃんと同じような苦笑いをうかべるしかなかったよ。

 

シンデレラと浦島太郎をあわせたお話。

悪うさぎなあいりちゃんだったり、シンデレラドレスのローラが

かわいらしい回だった。

 

3本立てで逃走中が削られてというくだりで、終!

 

3本立てといういつもより短い尺のなかで、

うまく落ち着くべき所に落ち着いた回で良かった。

その中でもキャラ弁の話は通常の回よりもさらにまとまった構成がなされており、

今回一番きにいった話だった。