読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさペンの館

主にアニメの感想置き場です。

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 5話 「赤い空の向こう」 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 5話

「赤い空の向こう」 感想

 

f:id:usapen3:20151101210005j:plain

夜の見張りでふたりきりになる三日月とクーデリア

月はかすんでしまっている月がない世界になっている事が語られる。

火星にいる彼等だからこそ月をみたいという言葉の数々が良かった。

 

アトラちゃんも合流。修羅場を予感させますな。

 

f:id:usapen3:20151101210051j:plain

f:id:usapen3:20151101210109j:plain

滑走路からロケットを飛ばす。
テラフォーミング後だというのにずうぶん古いタイプのもの使っているんだな。
火星の原材料を運ぶの大変だったんだろうなぁ。

 

Aハブリアクターの固有周波数でガンダムだと相手も認知
歴史の節目で活躍していたことが語られる。

ガンダムは戦場の華のような存在だと思えるものだった。

 

今回はトドに導かれたオルクスの裏切り、コーラルの死、ギャラルホルンの初接触と

イベント盛りだくさんの火星脱出作戦。

しかしながらイベント多さのわりには盛り上がりにかけた印象。

ナノラミネートアーマーですべての銃弾を無効化できるから遠距離での緊迫感がなくMS戦なのに戦記ものみたいになっている。

三日月が圧倒するのもいいんだけど、ギャラルホルンのマクギリスとガエリオ、

二人組でしかけたのにいなしてしまうのは展開を急ぎすぎなきがした。

チョコレートとチョコレートの隣の人としてあっさりばらしたのも含めてすべてに置いて貯めがないといる。

演出で一番盛り上げてきたのはモビルワーカーでアンカーの起爆の場面で近づいての艦砲射撃はよかったが、宇宙の初陣をかざる戦いなのに詰め込みすぎたかなという印象もうけた。

言い過ぎな部分は多少あるが、今後を左右する宇宙戦なので厳しい見方をした。

ただ三日月とクーデリアが月を見てみたいという、火星に住まう彼等だからこその視点が非常によかった。

血と鉄を感じさせ生命と深く関わってきた前回までの流れにたいして、死を身近に感じない戦闘になっている。その点どう改善するか解らない。

今後は死を身近に感じない視点というのもふまえて、視聴スタイルを変えなければいけないと思えるほどの回だった。