読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさペンの館

主にアニメの感想置き場です。

アイカツスターズ! 14話 「真昼の決闘」 感想

アイカツスターズ!

アイカツスターズ! 14話 「真昼の決闘」 感想

f:id:usapen3:20160716223755j:plain

f:id:usapen3:20160716223802j:plain

f:id:usapen3:20160716223810j:plain

f:id:usapen3:20160716223819j:plain

f:id:usapen3:20160716223827j:plain

f:id:usapen3:20160716223835j:plain

f:id:usapen3:20160716223847j:plain

f:id:usapen3:20160716223855j:plain

お互いに輝きあう姉妹。
真昼ちゃん紹介にとどまることはなく無駄がなかった。
まずは七夕という導入。
夢達は願いをかけようとしますが、真昼は願いをかけようとせず、自分の力でなしとげると言い放ちます。
ここで解るのは苦境な精神と誰にも頼ることのない真昼の姿です。
後の目標のおけるつながりでの布石である七夕のモチーフですが、まずは真昼がどんなキャラクターなのかをしっかり伝えてくれて良い導入の仕方です。
街を見舞わつてみようと思うのも、夜空先輩のコーデの悩みという幼女達が身近に悩んでいることの視点からだったり、身近な所から話を掘り下げてくれるのは見やすいです。
また街の散策はミクルを思い出す、アイカツの伝統でもあり、つながりという意味でも濃いシーンでした。
さてそんな身近な所から入る丁寧な導入から話が動く。
真昼の姿をみつけ、香澄姉妹が交流。
べたべたな夜空ちゃんに流される真昼。百合ポイント高くてあったけぇ。
またこの時もゆり先輩と同じような立場で、M4の香澄朝陽君が二人のパーソナルな部分を紹介してくれました。この紹介の仕方っていうのはアイカツスターズの特徴的なやりかたであり、良さでもある。知り得ない部分をしっかりと知らせ、なおかつ今回の主役はつねに行動し続け、理解できる形で物語が進めることができるからです。
さてそんな二人が姉妹だと知ってからは、同じ美組として小春ちゃんも知ってたよってことで新たな情報が。さすがのアイドル博士ぷりというよりかは、同じ組できになるからって感じですけどね。
そしてCEOでトップアイドルで、スペックが半端ない家系だということが判明
ランチさんとして応募したのを皮切りに、真昼は姉に対してのコンプレックスを爆発させます。
「姉妹だから選ばれたと思われたくない」
「勝負をしたかった」
「なにひとつ姉にかなわない」
「だから負けたくない」
コンプレックスを抱かずにはいられない伝統的な設定というのも手助けして解りやすいが良いね。
このキャラはこうしよう、このキャラはこうだという記号っていうのは大切ですから。
空手という特技もアイドルでみたことがない特技ですが、そこは勝負をしたいと絡めてあるのも解って好感触。言動と行動の一致で、人間が形成されていく。自然な生命の吹き込みかたですね。
また真昼ちゃんの発言は自分の評価の低さというのも伺うことができました。
けどその自己評価で萎縮することなく、勝負しちゃうのが真昼。本当武闘派だよなぁ。
さてキャラクターの背景がどんなもんかをしってからは、夢ちゃんのアプローチ開始。
「真昼ちゃんだって負けてない」って言ってあげたり、チョコレートケーキをあげたりしました。
あいからわず全方位に百合の波動放ってんなぁってことで、にやつきながらも真昼を笑顔にさせました。
この夢ちゃんのアタックは主人公らしさ全快ですが、夢ちゃんは十話で周りに視野を広げたほうがいいことを知っています。それゆえのアプローチだといえ積み重ねを感じられる。
真昼はその夢の好意を自然とうけて、視野を広げることができた。
ただ一緒に練習したりというアプローチではなく、チョコレートケーキっていうの実家が洋菓子店っていうのも、ちゃんらしい。
物語の主人公だからではなく、夢ちゃんとして。キャラクターが描ききれていからできることです。
ライブはまばゆい光のようにというコンセプトのようでした。
ライブが終わり、同じ目標をもつ仲間として真昼は夢をうけいれ短冊をかく。
そして妹に触発された姉が、その短冊をみて、さらに頑張りたいと思う。
短冊とお互いに輝き合う姉妹。真昼と夜空先輩の素顔に迫ってくれた素晴らしい回でした。

 

今週のうさぎ!

f:id:usapen3:20160716223942j:plain

うさあああああああああああああああああああ

夢ちゃんの短冊うさぎ。見上げる構図のうさぎ力の高さがハンパない。

口の開け方とか、うさみみとかもうね、こりゃすげえよ

 

f:id:usapen3:20160716224105j:plain

うさあああああああああああああ
うさ眼鏡! ああ、もうなんでも似合うな夢ちゃんは。
いつもとちょっと大人な雰囲気でええな。

 

f:id:usapen3:20160716224121j:plain


うさあああああああああああああああああああ
うるうるうさぎ、うさ可愛すぎる、
この抱きしめたくなるような可愛さはなんなの。本当うさぎ力高いなぁ。