読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさペンの館

主にアニメの感想置き場です。

ラブライブ!サンシャイン!! 10話 「シャイ煮はじめました」 感想

ラブライブ!サンシャイン!! 10話 「シャイ煮はじめました」 感想

f:id:usapen3:20160904144256j:plain

f:id:usapen3:20160904144305j:plain

f:id:usapen3:20160904145305j:plain

f:id:usapen3:20160904145320j:plain

f:id:usapen3:20160904145420j:plain

f:id:usapen3:20160904145508j:plain

f:id:usapen3:20160904145517j:plain

f:id:usapen3:20160904145549j:plain

f:id:usapen3:20160904145557j:plain

f:id:usapen3:20160904145608j:plain

f:id:usapen3:20160904145639j:plain

f:id:usapen3:20160904145651j:plain

f:id:usapen3:20160904145700j:plain

f:id:usapen3:20160904145709j:plain

f:id:usapen3:20160904145717j:plain

f:id:usapen3:20160904145828j:plain

f:id:usapen3:20160904145836j:plain

f:id:usapen3:20160904145937j:plain

f:id:usapen3:20160904145946j:plain

f:id:usapen3:20160904150043j:plain

f:id:usapen3:20160904150050j:plain

 

輝きを求めてつながりあうアイドル、今回ははっちゃけ先輩達と共に過ごす夏合宿、そして梨子ちゃんのもう一つの願いが中心になった話でした。
μ’sと同じ合宿内容! はりきりすぎるダイヤが提案することに若干ひきつつも挑戦。
とその前に、お待ちかねの水着のご披露でサービスシーンも盛り沢山。
前回のじめじめ雰囲気とは違った、からっと晴れたサンシャインらしさで一杯でした。
いやぁ~恒例の夏合宿回ですけど、きゃきゃうふふが見れるのがいいすね。
昼は海の家のお手伝い
都会に負けられねぇと、高い場所に登るキング属性のダイヤがまずは面白い。
グラーマスボディで宣伝しちゃう果南ちゃんと、タレ幕誰得宣伝の梨子、千歌ペアのギャップも見事。
料理担当の陽ちゃんはオム焼きそばで完璧にこなすが、鞠梨ちゃんとヨハネちゃんは暗黒面に落ちたシャイ煮と堕天使の涙を披露。
ゲテものぽい料理でアクセントをつけながら、最終的には陽ちゃんがガレーにしてマイルドに。
シャイ煮も食材効果で美味しかったりと、コミカルな見せ場をスピーデイにやりきっていました。
手伝い終わった夕方と朝は練習をみっちり。彼女達のがんばりを応援したくなるシーンでした。
夏の海でやれることをやりつくそう。9人で結束したりの話はせず、単純に楽しめる場面が多かった。
そんなはじける夏の輝きはみんなでいるときに任せて、ストーリーの骨格役を担ったのは梨子ちゃん。
ピアノコンクールの出場の日とラブライブ予選の日が同じになり悩める女の子となり、二話から続きが話しとして展開されます。
二話の最後から今回の話までに、Aqoursとして活動してきた梨子。
「今の目標は一番の曲をつくって予選にそなえること」
Aqoursとの活動の日々を大切に想う、嬉しい回答でした。
とは言ってもそれは二話時点の彼女とは大きくそれたもので、
「梨子ちゃん、ピアノコンクール出てほしい」
Aqoursに誘っていた千歌ちゃんが梨子の夢の後押しをしてあげていました。
千歌ちゃんがラブライブのことを重くみていないわけでもないし、こうして合宿としているしそれは間違いありません。
しかしながら梨子ちゃんの願いを千歌ちゃん優先させたのは、自分も変わりたいとずっと二話の時から思っていたから。普通じゃないなにかになりたいと思えていたからです。
二話でもそうだったのですが、それはスクールアイドルになることよりも優先されます。それによって梨子ちゃんという輝きを手に入れることができました。
それが今回のこんなこというのがおかしいけど、この回答へとつながったことに結びつきます。
『大切なもの』まだその歌詞は明らかにされてませんが、それは友達であったり夢であったりするんだろうなぁ。
それを今回は大切にしたお話。そこに理屈がないけど正しいというのが千歌ちゃんらしいね。
それを受けて梨子は挑戦すること決める。
抱き合い、太陽のきらめきで輝きを放つ海がみえる場所で手をつなぎつながりあう。
これまで用いられたモチーフをフル導入してのクライマックスは、彼女の決意を光輝くもの変えてくれるものでした。
明るいはちゃけ具合を楽しみながらも、二話から続く話が決意となって現れた、濃密な回でした。

 

今週のうさぎ!

f:id:usapen3:20160904150128g:plain

うさあああああああああああああああああ

よしよしダイヤちゃんに愛でられる、ルビィちゃんがうさかわいいすぎる。

幼女プレイOKとか突っ込所はさておいて、愛でたくなるほどのウサギ力の高さ。シスコンぷりもうさぎ力も最高に高まったうさシーンでした。

 

 

f:id:usapen3:20160904150245g:plain

これがワイルドうさぎ! ともいえるうさしゃがみ。

逃げて、隠れて、今度はしゃがむ。順調にうさポテンシャルを発揮してくれているなぁ。

 

 

f:id:usapen3:20160904145349j:plain

f:id:usapen3:20160904145439j:plain

f:id:usapen3:20160904145404j:plain

まったりうさぎと陽ちゃんとの百合うさぎ。

日向ぼっこしているのがうさぎらしくていいですね。

そして陽ちゃんもルビィちゃんを愛でる。うさぎ力の高さをここでも発揮してくれました。

 

 

 

f:id:usapen3:20160904150347g:plain

うさあああああああああああああああああああああ

ぶるぶるうさぎするルビィちゃんがうさぎ力がすごい。

うさなびきしながらもうさぎぽく身体を震わせる。すべてが自然なやりとりである所が素晴らしいですね。

次回はどんなうさぎをみせてくれるのか楽しみ。