読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさペンの館

主にアニメの感想置き場です。

コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ 6話 「やつらはいつでも笑ってる」 感想

コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ 6話

「やつらはいつでも笑ってる」 感想

f:id:usapen3:20151116195249j:plain

f:id:usapen3:20151116195136j:plain

f:id:usapen3:20151116195326j:plain

超人は笑えない。
超人になる道を選ぼうとはしなかった超人の話といえる今回、

4人のコミックバンド、マウンテンホースを軸に超人であることよりも人としてなにが大切なのか、二流であっても笑いこそが大事だというものを十分に訴えきれていた。

既存のキャラも風郎太が少しぐらい顔をだす程度で、他のキャラをたたせるというよりも彼等の話として完結してしまっている点はあったが、やりたいことはやれているといえるだろう。

若者をナイノリンで抑制するというヒーロー達を管理する動きとは同時に

若者を管理しヒーローの憧れをすてさせる行為でもある。

報道されないという憧れを捨てさせる行為は共通して管理し守るということにある。

その共通点がつながりがみられた点にきずけたことが自分の中では印象的たった。