読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさペンの館

主にアニメの感想置き場です。

あまんちゅ! 6話 「ホントじゃない願いのコト」 感想

あまんちゅ!

 あまんちゅ! 6話 「ホントじゃない願いのコト」 感想

f:id:usapen3:20160817002811j:plain

f:id:usapen3:20160817003120j:plain

f:id:usapen3:20160817003139j:plain

f:id:usapen3:20160817003148j:plain

f:id:usapen3:20160817003157j:plain

f:id:usapen3:20160817003204j:plain

 

海辺の街で、新しい世界に飛び込む少女の物語。
さて今回は“願い事”がテーマです。
わたしの願いことってなんだろう。まずはその願いことに悩むてこが描写されます。
この話の主題でこんなことやりますようという道筋は、物語の方向性を解りやすく明確にします。
それにてこの立ち位置も。
周りの支えがないと踏み出すことも臆病なてこは、願い事を願うことに対しても臆病。
やっぱりそこは変えてこないんだなぁって感じで聞いていたな。
さて、話の主題をみせてからは、今回の課題プール講習へ。
苦手なマスククリアも何度も何度も成功させて、成長をみせてくれます。
そこは素直に嬉しい場面でしたね。4話でのこともあるのでなおさらです。
さてそこにさらに、苦手なことを何度もやらせる先生の指導というのが加わります。
きびしくいてくれるのがやさしさであり、そのきびしさを乗り越えたからこそより喜べる。
短いやりとりながら、視聴者を高揚させる要素がぐっと詰まっていました。
そんな成長をみせたわけですが、てこがかなずちだという事実が明かされる。
今までそんなこといってないじゃんという、意外性はあったのかな。
ただ、理屈としてはあんまり通りにくいよね。「わたし泳げないし、怖い」
というのが普通だろうし。
その当たり前な普通がなかったというはわりとこの作品だとマイナスだと思います。
意外だねぇという言葉しかおもいつかない。まぁここはそういうことにわたしはしとうこうかな。
まぁそんな感じで泳げないてこちゃんが、足を引っ張ってばかりだと自分を責めます。
「バディになって海にもぐるなんてまだまだ、でもあきらめなたくない」
ここで4話と違うのは、あきらめないということですね。
それほどの覚悟があったから、苦手なマスククリアもできたんだと改めて思うことできました。
「あたりまえに気づいておどろい、海がとってもおっきいことに
おっきい海になら、ちっこい自分には無いなにかがある。本当の自分をみつけられる」
そして当たり前な海できずかされたことを告げます。
ひかりやおばあさん、先生や先輩達、その感謝というのも伝えられていましたけど、この海の感謝というのも重要です。
キラキラな世界にあこがれなけば、飛び込もうとは思わなかった。
これから新しい海の世界に飛び込むうえで、この気持ちは大事です。
やっぱりダイビングしているときは、近くにバディがいますけどそのうえで海と対面しますから。
海への感謝の気持ち。キラキラな海。海を大事にしたいという想いがぎゅっと詰まった言葉でした。
あと、ここのひかりとてこのはずかしくなるのが、百合ップルすぎて最高でした。
わたくしこういうの弱いんですよ。ニヤニヤしちゃうじゃないですか。
いやはやキャラクターでもきっちり楽しませてくれるなぁ。
「願いとか、抱負とか、目標とかなくてもいいんだ。もちろんあってもいいが、なくたってもんだいない。だれかに言われてはじめたことでもいいじゃないか。
そのあと、自分からやりたいと思えば動き出せる、動けばなにかが変わる、動けば必ずなにかにであえるんだ」

「今の願いはみんなで海にもぐること、それも願いだけど大きすぎちゃうなぁ、ぴかりと出会って、小さな願いがいくつも生まれて、ひとりじゃなにもできないわたしの願いはきっと小さくてでもそれでいいんだ、まずは一歩一歩」

火鳥先生の言葉を受けて、てこは小さな一歩を踏み出す。
今日のまた新たなきずきとして、視聴者の胸にも届く言葉の数々でしたね。
この作品はこう言った言葉の力というのがやはり大きいです。それだけでぐぅーと、引きこまれてしまいます。こういう所はみならいたい所やね。本当。
「150M泳げるようになりますように、プール講習が合格できますように」
そんな素敵なやりとりをへて、はじめて願いを形にした幸せリボンを結びつける。
願いことってなんだろう?
簡単にはあきらめなくなったてこの成長を描きながらも、てこの本質は変わらない。
でもそんな中でも小さはじめてな願いをもつことで一歩進むことができる。
最初の疑問がしっかりと最後には泡となってはじけていく。今回もそんな素敵なお話でした。

 

 

f:id:usapen3:20160817004317g:plain

後、印象に残ったのはデフォルメでの落ち込ませ方かなぁ。

眉と口、ぐるぐる目の変化、あおざめた時の線を足すことでここまで表現できるんだなぁ。特にぐるぐる目の変化はアニメじゃなきゃできん所。

今回きずけたので、色々デフォルメ表現も注意してみていきたい。