読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさペンの館

主にアニメの感想置き場です。

この美術部には問題がある! 11話 「団結!空き缶!文化祭!」 感想

この美術部には問題がある! 11話 「団結!空き缶!文化祭!」 感想

f:id:usapen3:20160919214649j:plain

f:id:usapen3:20160919214723j:plain

f:id:usapen3:20160919214752j:plain

f:id:usapen3:20160919214805j:plain

f:id:usapen3:20160919214831j:plain

f:id:usapen3:20160919214839j:plain

f:id:usapen3:20160919214851j:plain

f:id:usapen3:20160919214903j:plain

f:id:usapen3:20160919214911j:plain

f:id:usapen3:20160919214921j:plain

f:id:usapen3:20160919214936j:plain

 

今回は文化祭回。とはいっても文化祭の準備が中心の回。
空き缶をあつめて、空き缶アート。
地味な作業を黙々と、いつもながらすげぇ真面目な回でした。
本当最近は、この美術部なんにも問題なぇなって思いますね。
地味な作業をしっかり手を抜かないでやりきる。彼等のものづくりに対してアニメとしてしっかり描けていました。

完成した空き缶アートもスケールが大きいもの。

みんなの力を借りて、美術部がつくりだした。

学校全体の力をというコンセプトも完成した達成感をより感じることができる要素でした。

ここまで親身にやるというのもなかなかないよなぁ。
地味なことだけではなく、ちょっとしたプチハプニングも。
構内でジュースを売るというのが、幽霊で登場するかおりちゃんだったりと文化祭の準備だけど、文化祭ぽい雰囲気に。
写真で振り返るという方式で文化祭を描くほかに、そういった文化祭ならではのアクションをしっかりみせれていた点が、満足感につながったかなぁ。文化祭を描いていないわけではない。描かないとは大きな違いです。
そして恋愛要素は、今回は伊万莉さんと比べること。
いつも一緒にいられることだったり、女性の魅力、胸囲の格差で悩んだり。
意識するうさみさんも、毎度ながら良いお仕事。
でかい伊万莉さんはかわいいかったなぁ。
売り子さんやメイド服、コスプレ衣装に着替えてくれたのもポイント高いですね。
文化祭の準備回ながら、文化祭の要素を味わえる回でした。

 

今週のうさアイテム!

f:id:usapen3:20160919215304j:plain

うさみさんのうさペン。

うさぺんではなく、うさペンです!(重要なことなので)

親近感を覚えました。

 

f:id:usapen3:20160919215221j:plain

f:id:usapen3:20160919215235j:plain

うさ横断幕。毎年同じものを使用してるんだと妄想。

熟練のうさぎ力を感じますね。

 

f:id:usapen3:20160919215540j:plain

さっと描いてたデフォルメうさぎ。うさみさんが描いてそうですね。