読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさペンの館

主にアニメの感想置き場です。

ステラのまほう 10話 「精密機械」 感想

ステラのまほう

ステラのまほう 10話 「精密機械」 感想

f:id:usapen3:20161207205641j:plain

f:id:usapen3:20161207205653j:plain

f:id:usapen3:20161207205706j:plain

f:id:usapen3:20161207205717j:plain

f:id:usapen3:20161207205728j:plain

f:id:usapen3:20161207205738j:plain

f:id:usapen3:20161207205751j:plain

f:id:usapen3:20161207205803j:plain


てるさん来襲、はーちゃんアイリス先生信者ぷりを発揮、たまちゃんはしいちゃんと絆を深めてはーちゃんとはせっさたくまで頑張る。
メインとなるキャラの動きはこんな感じでした。
とはいってもはーちゃん旋風がまだまだおさまらないといえるお話で、はりあうはーちゃんを軸にして物語が展開していき、はーちゃんが物語を牽引する役目に貢献していました。
はりあって課題をつくって、成長を主軸にするならこれ以上ないくらい人材だもんね。
協力なライバルがいて、だから追いつきたくてはりあうたまちゃん。
顔をふくらまして子供ぽくなるのが、かわいくて癒やされたなぁ。
さらに今回はどっちがいい絵なのってことで、修羅場にも発展。
まだみせていないやりとりをしっかりと引き出してくれて、楽しめました、
はーちゃんがたまちゃんとはりあうなかで、先輩達の動きも重要。
てる先輩が学校に来襲して髪飾りを好感したりと、たまちゃんのかわいいイメチェンに貢献するだけでなく、落としたノーパソについてはなにかするでもなくたまちゃんを影で応援するのみ。
一緒に来てもらえないかと言われていてもです。
見守り続けることで成長を願う。
最初の出会では試すような感じでしたけど、今回は一歩ひいたアプローチ。
謝ることは教えても、それ以上手を出さないのは、しっかりと失敗だったりに向き合って欲しいからなのかな。
しぃちゃん自身にもてる先輩がくることで、しっかりしていないからというプレッシャーを与えてしまうかもしれないしね。
冷静に質を追求しすぎてもだめだというしぃちゃんはというと、バッテリーがきれてるだけだと指摘して、段取りよくサポート。しっかりしている所をみせることでたまちゃんに接します。
今までもそうでしたけど、そこはぶれませんね。
「部長さんみたいなお姉ちゃんほしかったな、しっかりしててかわいいから」
百合濃度的にも美味しい話だったなぁと。
もうお手てつないで、恥ずかしがって、かわいいんなぁ。
せっさたくましているのも悪くない、質を追求することを容認しているラストは、てる先輩としいちゃんとの10倍頑張る約束ごとがあったと回想でみせることで、物語としておさまりがいいものになっていました。
先輩からしいちゃんに、SNS部のバトンがしっかりと引き継がれている。
たまちゃんがイメージ映像でなく、まじで脱いだ。サービス旺盛だったりもしましたね。
ええサービスやったなぁ。
うさサービス的にはなかったけどね。次回、うさぎ求む。かよちゃんのうさみみが躍動するのがみたい、みたい。