SHIINBLOG

うさペンの館

主にアニメの感想置き場です。

NEW GAME!! 8話 「メイド喫茶がいいと言ったんだよ」 感想

NEW GAME!! 8話 「メイド喫茶がいいと言ったんだよ」 感想

f:id:usapen3:20170830203542j:plain

f:id:usapen3:20170830203553j:plain

f:id:usapen3:20170830203609j:plain

f:id:usapen3:20170830203627j:plain

f:id:usapen3:20170830203640j:plain

人づき合いが苦手なもも、悪戦苦闘しながらも先輩達が近づいていくコミニュケーションがメインのお話でした。
食堂にもいかないで一人ビックな握り飯、カンペで名前を覚えたりと、距離感のあるやりとりが描けているのが好印象。
ももちゃんは別段距離感のとり方がわからないとか、義務的な面もあって、なる意外の誰かとつながる楽しさを知らないだけ。あからさまな拒絶だったり、なるの所へべったりとなっていないいところはしっかりしているのかな。
そのぶんなんでも一人でやったりするタイプでもあり、そこが今後またまためんどくさい彼女をつくっていきそうで、はらはら心配で目が離せません。
先輩達はというとそんなももに対して、どうするかは悩み中。
今までめんどうな人ほ~んといなかったからね。悩む彼女達を応援したくなります。
そしてその中で一番頑張っていたのはひふみん。同じコミュ症同士ということで、同じ目線で動けているのが強いですね。
やっぱり別方向からのアプローチがあると、それだけ手段が多様化し、話の幅が広がる。
そういった意味でひふみんはベストなポジションで、いろいろ問題があったら頼られる存在になれそうで楽しみ。
こうちゃん呼びの理由が昔のコミュ障克服のためだったりというのが解ったのも、個人的にはあ、そういうことだったんだと、きずける瞬間だった。理由がしっかり考えてあって、そこまで考えれるのはすげぇ良いすね。
もものコミニュケーションとは別に、青葉へのライバルオーラも強めに。
学内最強を誇示する様といい、はじける要素満載のキャラづくりがたまらねぇな。
同じ新人のなるちゃんはというと、ねねっちとも仲良くなって、さすがのコミニュケーション優等生。今ままでモモがやってこれたのはなるのおかげいうてもおかしくないからね。
ルームシェアでは奥さんでお料理だし家事スキルもあり、お話的にもももちゃんとがぁつり絡める、今の所欠点ない運用のしやすいキャラでしばらくはいそうですね。
メイド喫茶で萌え萌えキュンという、メイドサービス盛りだくさんな部分はあったけど、モモとナルとのコミニュケーションの対比を描くことでより際立つ形になっており、全体通して堅実な話のつくりかたでした。