SHIINBLOG

うさペンの館

主にアニメの感想置き場です。

紅殻のパンドラ 8話 「大火災 -インフェルノ」 感想

紅殻のパンドラ 8話 「大火災 -インフェルノ」 感想

f:id:usapen3:20160229214441j:plain

f:id:usapen3:20160229214508j:plain

f:id:usapen3:20160229214518j:plain

f:id:usapen3:20160229214547j:plain

f:id:usapen3:20160229214611j:plain

f:id:usapen3:20160229214759j:plain

f:id:usapen3:20160229214814j:plain

f:id:usapen3:20160229214826j:plain

f:id:usapen3:20160229214847j:plain

f:id:usapen3:20160229215358j:plain

ハーミズで買い物してたら、エレベーターの中に閉じ込められる。

ノース議長の『大』問題からはじまり、いつもながらの緩さだなぁと。

耐火カーテンにエコーロケーション

ゲームで攻略しちゃうと発想がかわいい。

天使になったり、不思議な走り方だったりのノース議長はギャグ要員ですね。

f:id:usapen3:20160229214558j:plain

ストロボでの連続撮影は、最近みない表現なので目を引いたなぁ。

ノース議長は大胆に表現してやらうという演出の意気込みを感じた。

 

f:id:usapen3:20160229221324j:plain

f:id:usapen3:20160229221340j:plain

f:id:usapen3:20160229220343j:plain

f:id:usapen3:20160229221201j:plain

f:id:usapen3:20160229221504j:plain

f:id:usapen3:20160229221401j:plain

f:id:usapen3:20160229221452j:plain

f:id:usapen3:20160229221521j:plain

f:id:usapen3:20160229221534j:plain

ノース議長と離れてからは子供を救うために動きだす。

合理的にみたら救うべきてはない。けれど過去の記憶がねねの決断を後押しする。

判断をするうえでなにが決めてなになったか。さらっと展開に組み込めるのは良いなぁと思います。

体内の酸素まで使いきってまで救おうとするのは、ねねの周りのみえなさを再度認識させるエピソード。目の前に困っている人がいたら動き出す。便利な体ゆえに自分まで追い込んでしまっているのが、彼女の強さであり弱さでもあるといえる。

それを今回補ったのはクラリン。

今回の登場の仕方は惚れなおすほどかっこいい。

カーテンをパラシュートに落下し、静かに退散する。

最後はちゃっかりお姫様抱っこして照れてる姿で、いつもの彼女らしさに戻っている。それがなんとも可愛いかった。

そして今回はぶりなんとかさん大活躍。

f:id:usapen3:20160229222702j:plain

f:id:usapen3:20160229222650j:plain

f:id:usapen3:20160229222723j:plain

f:id:usapen3:20160229222812j:plain

うさなびきからのうさジャンプ。

「知りたきゃ教えてやる。たった今このときスクープをつかみスターダムをかけあがる(予定)、未来型報道アイドルその名もぶり……」

(予定)がうさ可愛い。プロレス風な名乗りもええわ~

f:id:usapen3:20160229224447j:plain

f:id:usapen3:20160229224515j:plain

f:id:usapen3:20160229224528j:plain

電気ショックでうさぐるぐる。ああ、うさなでしたくなるなぁ~ 

f:id:usapen3:20160229214626j:plain

f:id:usapen3:20160229225451j:plain

f:id:usapen3:20160229225528j:plain

うさあああああああああああああああ

Bパート報道してるときのうさみみがうさ素晴らしい。

後ろからみるとまた上品。これがうさギャップってやつですね。

そこからの振り向き。ああ~うさ幸せだわ~

f:id:usapen3:20160229225507j:plain

f:id:usapen3:20160229230250j:plain

 

f:id:usapen3:20160229230556j:plain

f:id:usapen3:20160229230609j:plain

そして最後。クラリンから渡された少年により一躍ヒーロに。

一人きょとんとして、なにがなんだか解らんという加減が上手い。

普段目立ちたいと思っていて絶好の機械なのにそれができない。

それがより彼女の素の疑問を引き立たせてていた。

ぶりなんとかさん、いつもよりも一回りも二回りもうさ素晴らしかった。