読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさペンの館

主にアニメの感想置き場です。

赤髪の白雪姫 22話 「君を潤わせるのは意志の泉」 感想

赤髪の白雪姫 22話 「君を潤わせるのは意志の泉」 感想

f:id:usapen3:20160315201704j:plain

f:id:usapen3:20160315202000j:plain

f:id:usapen3:20160315201735j:plain

f:id:usapen3:20160315201742j:plain

f:id:usapen3:20160315201751j:plain

f:id:usapen3:20160315201759j:plain

f:id:usapen3:20160315201809j:plain

f:id:usapen3:20160315201843j:plain

f:id:usapen3:20160315201857j:plain

f:id:usapen3:20160315201905j:plain

f:id:usapen3:20160315201950j:plain

f:id:usapen3:20160315202014j:plain

f:id:usapen3:20160315202023j:plain

f:id:usapen3:20160315202031j:plain

f:id:usapen3:20160315202113j:plain

f:id:usapen3:20160315202122j:plain

f:id:usapen3:20160315202145j:plain

f:id:usapen3:20160315202155j:plain

f:id:usapen3:20160315202204j:plain

f:id:usapen3:20160315202251j:plain

f:id:usapen3:20160315202304j:plain

f:id:usapen3:20160315202311j:plain

f:id:usapen3:20160315202358j:plain

f:id:usapen3:20160315202411j:plain

 

見合い話とキキとの出会い。

始まりから始まりにページをめくるという流れが、良く考えてあるなぁ。
ドレス姿というのもギャップを楽しみつつ、ゼンとのカプを妄想させて美味しい展開だ。

けれど剣士として対等に。はじめっから芯の強さを持ち合わせたキキは変わらないなぁ。

ゼンは見合いをキキとして時間を稼ぐも、変わらなけれいけないと自覚はしている。

第二王子であるがゆえに変化しなければいけない。

ゼンがというよりも周りの期待が変化を促されながら、決意を語る彼はかっこいいなぁ。

キキに汗をたらしながらものを頼んだり、オビに詰め寄ったり、動揺の色をかくせないのはあいからわず。弱みをみせていくのがお兄さまの違いでもあり、彼をほうっておけないと思わせてくれた。

白雪はゼンのことで動揺する。

ゼンを想い月の光のときと同じように、窓からゼンのように明るい太陽をみるのは共通したモチーフを使っている。そのつながりがいいなぁ。

「聞いたときは心臓がなって落ち着かなかった、けどぜんが話しをしてくれると思ったから」

いちゃいちゃモードで女の娘らしくゼンのことを思っていた。

話の中にしっかりとどっきとする展開を盛り込んで、白雪ちゃんがかわいいと毎回思えるのはいいね。

王妃として白雪を迎える。変化の終着でどう変わっていくか楽しみだ。