読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさペンの館

主にアニメの感想置き場です。

ハイスクール・フリート 9話 「ミーナでピンチ!」 感想

ハイスクール・フリート 9話 「ミーナでピンチ!」 感想

f:id:usapen3:20160606202437j:plain

f:id:usapen3:20160606202611j:plain

f:id:usapen3:20160606202619j:plain

f:id:usapen3:20160606202726j:plain

f:id:usapen3:20160606202739j:plain

f:id:usapen3:20160606202755j:plain

f:id:usapen3:20160606202813j:plain

f:id:usapen3:20160606202835j:plain

f:id:usapen3:20160606202846j:plain

f:id:usapen3:20160606202947j:plain

f:id:usapen3:20160606203014j:plain

f:id:usapen3:20160606203030j:plain

f:id:usapen3:20160606203041j:plain

f:id:usapen3:20160606203344j:plain

f:id:usapen3:20160606203425j:plain

f:id:usapen3:20160606203526j:plain

f:id:usapen3:20160606203851j:plain

f:id:usapen3:20160606203904j:plain

f:id:usapen3:20160606203915j:plain

f:id:usapen3:20160606203925j:plain

f:id:usapen3:20160606203935j:plain

f:id:usapen3:20160606203950j:plain

f:id:usapen3:20160606204041j:plain

f:id:usapen3:20160606204052j:plain


アドミラルシュペーを救出しよう!
テアちゃんと乗組員数々の知り合いを助けたい、でも仲間を危険な目に合わせることをさせたくない、ミーちゃんの葛藤は、幾度と無くモカちゃんを助けいと行動している岬ちゃんに最も近いものだったので、これまでの積み重ねが生きた形になっていました。
前回と同じく自前にみんなに意見を聞き、どうすれば助けられるかを模索している。ミーちゃんの知り合いが乗っている、そんな艦でも冷静に対処できており、確かな成長を感じることができたなぁ。
実際殺傷して殺すという方法は非人道的なわけでブルマーがとるべき選択肢としては入らないという理屈がありますが、しっかりと葛藤を描けている所は大事です。
葛藤をたっぷり描いて準備も完了。アドミラルシュペとの対峙へ。
岬ちゃんの無茶すぎる回避要求にもしっかり鈴ちゃんが先読みかじうさぎで対応するけど、
魚雷にあわせて突入する作戦は相手が思い通り動かなくて通じない。
艦長としての理屈だけでは対処することができないという事態になり、前回との違いが色濃くでていました。そもそも戦闘状態で助けようとしているわけだから普通じゃないか。
そこで提案されたのはスキッパーで乗り込むということ。
ある意味予想しやすいというか、いつかやるだろうなぁという選択をようやくとったなぁと。
でもそれをするためのラットの解剖だったりがあるわけで、段階はふんでおり、これも航海を続けてきたからこそ得られた選択肢だといっていいと思います。
艦長もしろちゃんに交代で、熱い要素たっぷりだったなぁ。

しかも交代した岬ちゃんは一歩さがった視点で、なにかあったときの動けるように待機してたのも指揮官として理性を保っていた。

鈴ちゃんと飛び出した時とは違って、全部自分で決断し相手を納得させている。艦長として一目をおかれる行動をしつつも、自分の助けたいという気持ちを叶える。個性を消さない成長って感じですごくよかったです。

今回は特にこのあたりがやりたいことの積み合わせみたいな感じで、要所の回って感じな雰囲気はでてました。

晴風の陽動を引き受けたしろちゃん側は乗員の危機と引きぎわをどうするというシビアな選択を迫られ、ひやひやしたなぁ。艦長の責任を味わってなにを今後想うのか非常に楽しみ

逆に乗り込み組はゾンビ兵よろしくみたいな感じで無双してましたね。

マチちゃんやまりこちゃんの戦闘力が抜きん出て、もうこいつらだけでいいんじゃないか並に。

まぁそこは戦う女の子は正義で強いってことなんでしょ。このあたり気持ち良さを重視してる感じだったなぁ。欲をいえばもうちょっとなにか潜入にもリスクがあればいいんだけど、設定的に無理そうだし。まぁ欲はいっちゃだめってことですかね。
テアちゃん救出もそっと注射器さしてて、ミーちゃんが射すんじゃないんだって思ったり。なんというかあそこだけはシュールな図だったようなきもしたなぁ。

早々にドイツ艦を取り戻し、みんなで祝賀パーティ。
このアニメやっぱり女の子かわいい正義が前面にでているのが解りやすい展開でしたなぁ。
テアちゃんロリかわいいし、ミーちゃんの母性ポイントが上昇していて微笑ましかったなぁ。
そんなテアちゃんと関係を妄想するのが楽しくなってきたにもかかわらず、ミーちゃんとお別れ。

ココちゃんの落ち込みは視聴者の誰もが思う所で、感情移入しやすかった。
やっぱりキャラクターが同じように表っている共感覚は大事。
海でのさよなら、また会う日まで。ミーちゃん一時退場するとはなぁ。いやぁダメージでかい。
あの天然殺しと、ココちゃんとの掛け合い好きなのにな~かわいいのに~
まぁ、どれだけそれをいってもしかたない。劇中のキャラも送りだしんだから再登場の時を心待ちにするほかない。


今週のうさぎ

f:id:usapen3:20160606203141j:plain

f:id:usapen3:20160606203225j:plain

f:id:usapen3:20160606205554g:plain

お助け推参。

鮮やかなうさぎ跳びからの、うさなびき。

ひかりちゃんららしい、やんちゃうさぎぽさがでてたなぁ。

今回はかなりすばしっこいので止めてみるとそのふつくさがきわだつのがポイント。

 

f:id:usapen3:20160606205926g:plain

f:id:usapen3:20160606203303j:plain

スキッパーで風を感じ、なにかあった時にそなえる。

うさ成長をみせた瞬間にうさみみがなびいている。

これもうさぎ力がなせる技なのか。本当に最高や娘やで!