読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさペンの館

主にアニメの感想置き場です。

コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ THE LAST SONG 23話 「怪獣と処女(おとめ)」  感想

コンクリート・レボルティオ~超人幻想~

コンクリート・レボルティオ~超人幻想~ THE LAST SONG 23話 「怪獣と処女(おとめ)」  感想

f:id:usapen3:20160616194820j:plain

f:id:usapen3:20160616194921j:plain

f:id:usapen3:20160616194953j:plain

f:id:usapen3:20160616195003j:plain

f:id:usapen3:20160616195111j:plain

f:id:usapen3:20160616195119j:plain

f:id:usapen3:20160616195125j:plain

f:id:usapen3:20160616195135j:plain

f:id:usapen3:20160616195143j:plain

f:id:usapen3:20160616195221j:plain

f:id:usapen3:20160616195325j:plain

f:id:usapen3:20160616195333j:plain

マスターウルティマを笑美達が殺すという、間をおかず急速な変化が描かれる。
かなり大物な感じがしたけど、意外とあっさりと。
まぁやろうとしていたことは、弱いバイオデストロイヤーから産まれる再生と復活の莫大なエネルギーでエネルギー問題を解決だったりしてるけどね。
なんというかついに血をみることでしか解決できなくなったことがなんか辛いね。
超人課もついにばらばらになり崩壊し、超人達も一斉に謙虚される。
事情が事情なだけに、彼らの行動ばかりが悪いわけではないのもね。
ここまでして敵を産み出さなくてはいけないのか、ここまでしてさげすまされなくてはいけないのか。
彼らが守ろうとしてきたのが崩壊していくのはショックだった。
エゴのぶつけあいから、戦って勝ち取るへの変化。戦争だよもう。
柴刑事も殉職してるし、犠牲が多すぎる。
しかも生命をかけた感動を呼ぶような戦いではなく、無慈悲な虐殺によって。
ヒーローとは程遠い最後だった。なんというか熱いとかじゃなくてひたすらドライ。
でもこれが今までなにもかえることができなかった報いなのか。
正しさよりも確かな生を。
生きるために超人は人類と戦うことを決意した今回の話ではあるけど、もう闇しかみえない。
二つの特異点である人吉は可能性の塊ではあるんだろうけど、ただでは済まされないんだろうね。