SHIINBLOG

うさペンの館

主にアニメの感想置き場です。

ラブライブ!サンシャイン!! 11話 「友情ヨーソロー」 感想

ラブライブ!サンシャイン!! 11話 「友情ヨーソロー」 感想

f:id:usapen3:20160911231736j:plain

f:id:usapen3:20160911230154j:plain

f:id:usapen3:20160911230208j:plain

f:id:usapen3:20160911230228j:plain

f:id:usapen3:20160911230241j:plain

f:id:usapen3:20160911230250j:plain

f:id:usapen3:20160911230317j:plain

f:id:usapen3:20160911230329j:plain

f:id:usapen3:20160911230338j:plain

f:id:usapen3:20160911230404j:plain

f:id:usapen3:20160911230421j:plain

f:id:usapen3:20160911230430j:plain

f:id:usapen3:20160911230440j:plain

f:id:usapen3:20160911230450j:plain

f:id:usapen3:20160911230458j:plain

f:id:usapen3:20160911230508j:plain

f:id:usapen3:20160911230740j:plain

f:id:usapen3:20160911230518j:plain

 

輝きを求めてつながりあうアイドル、今回は友情の狭間でゆれ動く曜ちゃんの甘く切ないラブストーリーにキュンとなる百合濃度が濃すぎる回でした。
千歌ちゃんの後押しを受けた梨子ちゃんはみんなに送られてピアノコンクールへ。
梨子ちゃんの穴を埋めるべく、親友の曜ちゃんは梨子の代わりを務めることに。
ここまで曜ちゃんというのは、いつも陰ながらメンバーを支え、時には他のメンバーで踏みこんでいけないようなことも千歌ちゃんに踏み込んできける存在でした。
やさしくて頼れる姉御で、挫折とは縁遠い彼女だったのですが、今回は親友との呼吸があわず悩みます。
なぜ失敗してしまうのか。
彼女から多くは語られませんが、梨子ちゃんの電話で話すことができない、二つに分けたアイスを千歌にわたせない、行動によってどうにもならない気持ちを描いてくれました。
彼女が中心のフィルムにおさまっていますが、基本の誰かを支える姿勢は変わらない。主張しすぎない。
あくまで彼女が中心だからということではなく、そのキャラクターらしいフィルムにすること。
それが行動からもしぐさからも読み取れ、キャラクターを大事にしていてくれると伝わるものでした。
曜ちゃんのなんともならない気持ち。それを描いてからは鞠梨が、果南ちゃんと仲良くなった彼女なりの視点で、曜ちゃんを導いてくれました。
「嫉妬ファイヤーが燃え上がっていたんじゃないの」
前回のゲテモノ料理でのやりとり以外は、ほとんど関わることがなかった二人なのですが、鞠梨のパワー技でぐいぐい攻めるおかげもあって話の方向性がすとんと落ち着きます。
嫉妬という感情は友情とはまた違う深い愛情の形である。この話の方向性を決める言葉の選び方が上手かったと思えます。
梨子ちゃんの代わりを務める重圧ではないと伝える上でも有効でした。
話の方向性を決定づけてからは、ここまでふさぎこんでいたことを陽ちゃんが話す。
先輩組が起こしてくれた波にのかって、いつもは穏やかな陽ちゃんが揺れに揺れまくる。

千歌ちゃんと一緒になにかやりたいなぁて。
でもわたしと二人は嫌だったかなぁ。
要領いいからやりにくいと思われている。

要領がいいから。千歌がそんなこときにすることがないと解っていても、なにか足らない理由をみいだしてしまう。
なにかを思い込んでしまう少女達というのは、今まで描かれてきたことで、その例から陽ちゃんもはずれることはありません。
共通して同じような悩みを抱えているというのも、彼女たちのつながりを見出す点では重要ですぐれた話の構成だといえますね。
「ようは千歌ちゃんは大好きってことでしょ。二年間を無駄にしたわたしがいうんだから間違いない」
この鞠梨ちゃんの結論づけは、果南ちゃん過ぎすぎる病はいってましたね。
「そんなことないんじゃない」
と他のキャラなら抑えそうな所を、鞠梨だからこそ愛と結びつけてしまう。
「千歌ちゃん、わたしと梨子ちゃんどっちが大切なの? はっきりして」
「千歌ちゃん、わたしのことあんまり好きじゃないよね」
それが陽ちゃんのキュンとする妄想劇につながっているのが最高でもあり、話の流れをさらに加速させている。
いくらでも今回抑えようと思えば抑えられる所を、鞠梨ちゃんの愛情爆発サポートのおかげで違う方向に変えてしまう。
これは強くカップリングを意識したもので、キャラクターとの関わりを見て欲しいという主張です。ただそれだけではありません。
なんせ愛情ですからね。しかも親友との。ベタベタなダイヤルビィちゃんとは違う、ちょっと背伸びした恋にもとれる感情。
今まであえて活躍させてないゆえにできた話の中で、キャラクターの本質をまったく変えずに、別の要素を強めることで、キャラとしての色を濃いものに変える。
全員が全員スポットライトをあびれないけれど、そこには確かな意味があり感情がある。
そこまでしっかりと突き詰められているからこそ、ただのカップリングとしてのイベントになっていない。
愛情要素でキャラとしてたたせようでなく、全体の話と、キャラクターが大切だから、というのがあったのが今回一番素晴らしいと感じた所でした。
恋に悩める嫉妬する深海のマーメイドになった陽ちゃん。
そこに恋敵で友達の梨子ちゃんから電話が。
「無理にあわせちゃだめよ。陽ちゃんには陽ちゃんらしい動きがある」
と、助言を受けます。
嫉妬相手の梨子ちゃん。
と今回はなっていますが、根本的に違うのは新しい風を吹かせられているかという部分です。
陽ちゃんは親友ゆえに寄り添い進んできた。
しかし梨子ちゃんは東京から来たある意味異星人的存在。
そんな彼女がもたらした視点は大きく。それが千歌に大きな影響を与えています。
ピアノコンクールに出ているのも、新しい風を吹かせているからともいえますね。
そして今回、陽ちゃんとの関わりでも陽ちゃんい助言という形で新しい風を吹かせている。
嫉妬してしまう、千歌ちゃんを頑張らせてしまう言葉。
陽ちゃん自身もその光にみせられてしまう。そう考えるとこの時のわだかまりも大きかっただろうなぁ。
「梨子ちゃんといるとうれしそうだし、梨子ちゃんのためにがんばるっていってるし」
千歌ちゃんとの関わりが主張の中心になっていましたが、描かれていない陽ちゃんのあこがれ。
そこを妄想してみるとさらに面白く読み取れる。
忘れてはいけないのは梨子ちゃんが新しい風を吹かせているからということ。嫉妬だけではない、やりとりの深さが素晴らしかったです。
助言を受けたそのやさき、現れた千歌ちゃんとのシーンへ。
「陽ちゃんの誘いことわるのをいつもきにしていた。だからスクールアイドルは陽ちゃんといっしょにやりとげる」
イケメンプレイボーイ並の落とし文句で、ころりといかせる千歌ちゃんは主人公してたなぁ。
そこにはいままでの陽ちゃんの思いがあり、感謝があり。ころといかせるのにもしっかりと親友としての濃密な時間を感じさせてくれたのが良かった。
千歌ちゃんの言葉を聞いて気持ちを抑えられなくなった陽ちゃん。ここからはさらなるニヤニヤシーンの突入で、後ろ向きで顔をみせないようにして、抱きついたりと、百合ハッピーで最高でしたね。
しっかりここまで感情を溜めに、溜めてくれたおかげで、この迫りが熱くて嬉しい。
対比されるのは抱擁をした鞠梨と果南ではありますけど、それとは違い陽ちゃんは主張しすぎず隠し
て悩んでその繰り返したうえでの抱擁。
愛情の違いや、やりとりの違いを明確にし、スポットライトの当たらないキャラも輝きを浴びせてくれた。非常に話の構成が上手く、素晴らしいまとまりかたでした。
クライマックスのライブシーン、ビアノをかなでるふりつけとシュシュで梨子ちゃんとのつながりを見出し、『想いよひとつになれ』の歌詞、特に「なにかをつかむことで、なにかをあきらめない」所が本作との象徴ともいる部分で、最高でした。
『想いよひとつになれ』
梨子ちゃん入れた場合でも、この時は陽ちゃんと千歌ちゃんのフォーメーションは変えないで欲しい。この曲大好きなマンになるくらい好きですね。
最後のライブを含め、全体の構成を考え、サービスシーンを盛り込んだうえで、繊細な陽ちゃんの愛と友情を描きだしてくれた素晴らしい回でした。

 

 

今週のうさぎ!

f:id:usapen3:20160911231948g:plain

うさ定番になってきた、逃げ逃げうさぎ。

この安定感はある意味もう貫禄ありますね。

 

f:id:usapen3:20160911232021g:plain

f:id:usapen3:20160911232036g:plain

うさあああああああああああああああああああ

ぴょんぴょんなびいてうさなびく。

うさアイドルとして活躍するルビィちゃんが素晴らしかった。

リズムと良い揺れ方といい最高ですね。

次回、どんなうさぎをみせてくれるか楽しみですね。